ホームページ作成は、お客様が抱いている仕上がりのイメージを業者との間で共有しておくことが大切です。

そのためには、ホームページ作成時のヒアリング項目を双方が事前に確認することで、打ち合わせや構築作業がスムーズに進行していきます。

今回は、ホームページを制作する際のヒアリング項目について紹介をさせていただきます。

 

ホームページをスマホ対応にするメリットとは?

 

ホームページ制作会社がお客様にヒアリングしたい項目 10選

ホームページ作成をする場合には、様々な内容についてお客様との意思疎通が必要です。

ここでは、お客様との打ち合わせで業者がヒアリングさせてもらう項目について紹介させていただきます。

 

1.サイトを公開する目的

・ホームページをどのような目的で公開するのか。

・ホームページでPRしたい内容はどのようなものか。

・ターゲットにするユーザー層はどのようなものか。(BtoBまたはBtoC)

・どのようなタイプのホームページをイメージしているのか。(企業サイト、サービスサイト、ECサイト、採用サイト、オウンドメディアなど)

・ホームページを公開することで期待していることは何か。

 

2.サイトに掲載したい内容

・ホームページに載せたいコンテンツやテキスト、写真、画像は決まっているのか。

・ホームページに実装したいシステムや機能、サービスはあるのか。(CMS,カート,SNS,動画など)

・ホームページのコンテンツやページ数、テキスト数、ボリュームはどのくらいのものにするのか。

・現状のWEBサイトに無く、新たに制作しなければいけないコンテンツ(テキスト、写真、画像)はあるのか。

・日本語以外の言語に対応しておく必要はあるのか。(自動切り替え、テキストの翻訳)

 

3.サイトのデザインイメージ

・ユーザーに訴求したいデザインのイメージはどのようなものか。

・日頃から意識している競合会社のホームページはあるのか。

・参考にしたい他の会社のホームページはあるのか。(他業界、同業界でも可)

・業者が提示する制作実績から好みのデザインはあるか。

・逆に嫌いなイメージのホームページやデザインはあるのか。

・現在使用している、営業資料やチラシ、パンフレットなどの販促物はあるのか。

・イメージしている色(カラー)の好みはあるのか。

・企業、商品・サービスのコーポレートカラー、イメージカラーはあるのか。

・気に入っているフォントの書体はあるのか。

・テキストの表記で統一の決まり事や記載してはいけないNG項目はあるのか。

・章立ての構成やデザインの装飾にこだわりはあるのか。

 

4.サイトの素材用意の役割分担

・テキストやコンテンツは、お客様・ホームページ制作会社のどちらが用意をするのか。

・写真や画像は、お客様・ホームページ制作会社のどちらが用意をするのか。

・企業、商品・サービスのロゴマーク、バナー画像などの元データは存在するのか。

 

5.サイトのドメイン・サーバー用意の役割分担

・ドメインは、お客様・ホームページ制作会社のどちらが用意をするのか。

・サーバーは、お客様・ホームページ制作会社業者のどちらが用意をするのか。

・お客様が用意の場合は、ドメイン会社、サーバー会社はどこのプロバイダーのものか。

・お客様が用意の場合は、サーバーのスペック容量について把握しているのか。(プラン名や型番)

・お客様が用意の場合は、サーバーへの接続情報について把握しているのか。(FTPやCMS管理画面のパスワード)

 

6.サイトの公開までのスケジュール

・仮サイトやデザイン案の(1回目)公開日はいつまでにするのか。

・仮サイトやデザイン案の(2回目以降)公開日はいつまでにするのか。

・ホームページの本番公開日はいつまでに行うのか。

 

7.サイトの保守・運用

・保守や運用は、お客様・ホームページ制作会社のどちらが担当するのか。

・定期更新をするテキストや写真、画像はあるのか。

・今後、増設する予定のコンテンツやページ、テキスト、写真、画像はあるのか。

・アクセス解析をした後のアナリティクスレポートの提出は必要か。

 

8.サイトの集客

・SEO対策(内部施策・コンテンツSEO・外部施策)はそれぞれ必要なのか。

・SEO以外のWEBマーケティングの導入予定はあるのか。

・WEBサイトとSNSの連携や公式アカウントの開設予定はあるのか。

・アクセス解析(Googleアナリティクス)の登録はどうするのか。(Googleアカウント、メールアドレス、パスワードの取得が必要)

・Google search consoleの登録はどうするのか。(Googleアカウント、メールアドレス、パスワードの取得が必要)

 

9.サイト制作の予算

・ホームページ制作費用の全体予算は決まっているのか。

・費用に対する支払い条件(一括または分割)は決まっているのか。

・保守、運営費用(月額またはスポット)は事前に見込んでいるのか。

 

10.サイト制作の担当者

・お客様の担当窓口はだれになるのか。

・お客様の担当者の上司はだれになるのか。

・お客様の決裁者はだれになるのか。

・ホームページ制作会社の社内体制(ディレクター、営業、デザイナー、プログラマー)はどんなカタチか。

 

おわりに

今回は、株式会社セレクト・ワンも実践しているホームページを制作する際のヒアリング項目について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホームページ作成は、お客様と業者の双方にとって、時間や労務が多大に発生する手間の掛かる作業ばかりです。

 

打ち合わせの際は、あらかじめヒアリングをする項目を決めておけば、やり直しの作業やクレームが発生すること無く、スムーズにWEBサイトの公開まで到達することができます。

今後のホームページ制作は、ここで紹介したヒアリング項目を参考にしていただいて、実際の打ち合わせや構築作業でお役立てください。

 

ホームページの制作で必要な写真の収集方法とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページに設置したいファビコンについて!

  2. ホームページで活用したいアクセス解析ツールについて!

  3. ホームページをリニューアルするタイミングってあるの?

  4. ホームページのリニューアルで得られるメリットとは?

  5. ホームページの制作時には、常時SSL(https)化への対応が必須にな…

  6. ホームページはスマホ専用サイト、それともレスポンシブデザイン?