オススメ情報

SEO内部施策のポイント!特に重要視されるコンテンツ対策とは?

近年のSEO対策は、外部施策(被リンク追加)などの要素の他に、良質なコンテンツを継続し提供していくことが求められるようになりました。

Google検索エンジンが、コンテンツ対策を重視してWEBサイトの評価をし、検索結果の表示順位を決めていることからも、現時点におけるSEO対策では最も重要な施策と言えるでしょう。

また、良質なコンテンツを提供していくことで、外部施策で被リンクを増やすようなことをしなくても、スモールキーワードやミドルキーワードのレベルであれば、十分に検索順位を上昇させることができます。

今回は、SEO内部施策の中でも特に重要視される、コンテンツ対策について紹介をさせていただきます。

 

SEO対策に最適な業界やマーケットとは?

 

上位表示している競合サイトの良い要素を取り入れる

自社が狙っているキーワードを使って検索をした場合に、現時点で上位に表示している競合他社のコンテンツを参考にすることは必要な要素です。

検索結果の表示順位で上位に表示されているということは、Google検索エンジンやユーザーからの評価が高く、それなりの理由がそのWEBサイト自体にあるということです。

また、競合他社のWEBサイトを参考にする場合には、コピペをしたり、単純に同じようなことをそのまま転載するのではなく、タイトルや構成、コンテンツの内容など【上位表示に必要になる参考にしたい要素だけ】を取り入れて、競合サイトを上回るオリジナルのコンテンツを作成して掲載しなければなりません。

 

SEO対策で競合サイトを分析するチェックツールとは?

 

自社サイトに独自性やオリジナリティを出していく

競合他社のWEBサイトに書かれているコンテンツをそのまま転載したり、無断で引用することは、Google検索エンジンから重複・類似コンテンツやミラーサイトとみなされて、インデックスの削除や検索順位を下降させるリスクを伴っています。

Google検索エンジンは、独自性が高くオリジナリティに富んだ、どこにも存在しないコンテンツを数多く保有するWEBサイトを中心に評価をしています。

他のWEBサイトと違い独自性があって、ユーザーが欲する高品質なコンテンツを提供していくことが、上位表示を達成するまでの過程には欠かせません。

 

コンテンツマーケティングに影響する重複、類似コンテンツとは?

 

自社サイトの専門性を向上させる

Google検索エンジンは、その分野で専門性の高いWEBサイトを中心に評価することを公言しています。

WEBサイトのテーマに沿ったコンテンツやWEBページを増やしていくことは、自社サイトの専門性を高めることにつながっていきます。

例えば、このWEBサイトの軸になるテーマが「コンテンツマーケティング」だとすれば、「コンテンツマーケティング 市場規模」「コンテンツマーケティング PDCA」「コンテンツマーケティング 上位表示」「コンテンツマーケティング 企業」「コンテンツマーケティング 効果」「コンテンツマーケティング 始め方」など専門的な内容や解説、事例までを盛り込んだ、テーマと関連性の高いオリジナルコンテンツを作成していくことが必要です。

 

SEOに影響するE-A-Tとは?

 

検索クエリとの整合性を強化する

一般的に、SEO対策で言う検索クエリとは、ユーザーの意図に基づいた検索語句やフレーズのことを言います。

もう少し簡単に説明すると、ユーザーが検索する際に実際に入力するキーワードの事、と言えばおわかりいただけるでしょう。

ユーザーが検索窓に打ち込むキーワード(検索クエリ)と、WEBページのタイトルやコンテンツと整合性の強化をすることがコンテンツ対策につながります。

このように、ユーザーが欲する情報を考慮した、質の高いコンテンツを忠実に提供していくことで、Google検索エンジンからの評価も高まっていきます。

 

検索意図の背景を読み解くKnow・Do・Buy・Go

 

過去に掲載した記事(コンテンツ)をリライトする

過去に掲載した記事(コンテンツ)を書き変えたり、加筆・修正することを一般的にリライトすると言います。

お役立ち情報やビジネスコラム、ブログに一回掲載しても、検索結果で上位に表示されなかったり、当初の検索順位より下降している記事に対して、リライトすることはコンテンツ対策に必要な作業です。

検索順位が上位に表示していないということは、Google検索エンジンやユーザーから評価を受けていない可能性が高く、そのような質の悪い記事(コンテンツ)に対してリライトを繰り返すことで、WEBページや自社サイトの評価が上がっていきます。

 

コンテンツマーケティングで上位表示をねらう記事の書き方とは?

 

ユーザーの利便性を向上させる

WEBサイトの直帰率や離脱率、滞在時間などを改善して、ユーザーの利便性を向上させることもコンテンツ対策には求められています。

WEBページごとに内部リンクや画像、写真、テキスト、章立てなどコンテンツを見直して、それぞれに対して最適化を行うことで、閲覧しているユーザーの行動パターンが変わっていきます。

これらの地道な改善作業を繰り返し実施することで、ユーザーの利便性が向上して、Google検索エンジンからの評価を上げることにつながっていきます。

 

内部リンクの最適化でSEO対策を強化

 

おわりに

今回は、SEO内部施策の中でも特に重要視される、コンテンツ対策について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

Google検索エンジンから評価をされるコンテンツの特徴として、E-A-Tの要素を考慮することが重要と言われています。

E-A-Tとは、Google検索エンジンが「検索品質評価ガイドライン」で使用している造語で、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)のそれぞれの頭文字をとったものを言います。

 

・Expertise(専門性があること)

・Authoritativeness (権威があること)

・TrustWorthiness (信頼できること)

検索品質評価ガイドライン(Search Quality Evaluator Guidelines):英語版

 

Google検索エンジンは、これら3つの内容が含まれているWEBページを高品質なコンテンツと位置付けて、検索順位で上位に表示しやすい指標にしています。

ご紹介させていただいた、1.から6.のSEO対策のどれもが、E-A-Tの要素が入ったコンテンツ対策になっていますので、自社のWEBサイトに照らして確認が必要です。

これからSEO対策を始められる方や、コンテンツマーケティングの導入を検討している方は、この記事を参考にしていただいて、今後のコンテンツ対策の中でお役立てください。

 

SEO対策(コンテンツSEO)とコンテンツマーケティングの違いとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。