Glossary

用語集

HTTPリクエスト

HTTPリクエストとは、ブラウザからWEBサーバーへ要求するGETやPOSTなどによるデータ送信のことを言います。

再審査リクエスト

再審査リクエストとは、GoogleからWEBサイトに手動ペナルティを与えられた場合に、ペナルティを解除するためにGoogleにサイトの再審査をすることです。

SNS

SNSとは、Social Network Service(ソーシャルネットワークサービス)の略称のことです。人と人のつながりを支援するインターネット上のサービスを言います。

プロトコル

プロトコルとは、通信での送受信の手順などを定めた規格のことです。IT業界の用語としてはネットワークプロトコルや通信プロトコルのことを言います。

IP分散

IP分散とは、WEBサイトのIPアドレスを複数用意して、自然な被リンクのように見せるためのSEOの外部施策のことです。

canonicalタグ

canonicalタグとは、WEBページの正規化を行うためのHTMLタグのことです。

アトリビューション

アトリビューション(Attribution)とは、メディアごとの成果への貢献度を測る取り組みのことです。

実際に商品やサービスを購入(コンバージョン)に至るまでの間に、消費者に何らかの影響や動機を与えたいくつか接点がどれだけ成果に貢献していたのかを評価することだと言えます。

コンバージョンに至るまでには、様々な接点が消費者の最終的な意思決定に起因しています。

そのため、これらの一連の動作を一つ一つ分析し、評価していく必要があります。消費者は日々メディアや広告を通じて、多種多様な情報に触れ合っています。

その一つ一つがコンバージョンにどれ程の影響を与えているのか、貢献度を測ります。

 

このように、アトリビューションは消費者がコンバージョンに辿り着くまでのプロセスを重要視しており、貢献度を測る取り組みがマーケティング戦略の最適化につながります。

逆に、アトリビューション分析をしないと、リソースや予算が偏って分配されてしまうという事態が起こる可能性があります。

また、コンバージョンに至るまでの各接点を評価する指標として、5つの基本モデルが存在します。

 

①ラストクリックモデル

②起点モデル

③均等配分モデル

④減衰モデル

⑤接点ベースモデル

 

これらに加えて、MA(marketing automation)ツールを導入すると業務が自動化し、アトリビューションの効果をさらに高めることができます。

 

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインとは、1つのHTMLをCSSで制御してユーザーが閲覧するデバイスの画面サイズに併せてWEBページのレイアウト、デザインを最適化して表示させるウェブデザイン手法のことです。

カスタマーエクスぺリエンス

カスタマーエクスぺリエンスとは、ユーザーがサービスそのものを使用した効果、満足感の価値のことです。

検証モード

検証モードとは、Google chromeの表示エミュレーション機能のことで、パソコン画面で擬似的にスマートフォン画面を表示させてブラウザの確認をすることが出来るサービスを言います。

1/23
お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。