Webページの文字数は、SEOへの影響を考える上でひとつの指標になります。しかし、文字数が多いから検索上位に上がるというのは間違った認識です。

今回は、SEOに効果のある文字数(テキスト量)というテーマで解説を行います。

 

SEO対策(コンテンツSEO)とコンテンツマーケティングの関係性や違いは?

 

文字数の多さとSEOには関係がない

Googleのジョンミュラー氏の公式見解では、「Googleは文字数でランキングに影響を与えることはない」とされています。

重要視されるのはページ全体で、かつユーザーにとって魅力的か、関連性が高いかといった部分が主なポイントとのこと。

つまり、文字数が少ないページであっても、品質が高ければ検索上位へのランクインは十分に可能です。

 

文字数の多いサイトが上位表示される理由は網羅性

しかし実際のところ、文字数の多いページは検索上位に表示される傾向にあります。

これは、ひとつのテーマに沿ってコンテンツを深掘りしながら作成していくと、必然的に専門情報が多く、網羅性の高いコンテンツになるのが理由です。

Googleによる「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」にも、テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する」ことが大切であると明記されています。

ただし、“適切”な量がどれくらいなのかは判断が難しいでしょう。こうした際は、ランキング1位や競合サイトの文字数を参考にするのも有効な手段です。

 

文字数が多いことで得られるSEO上のメリット

文字数の多さは専門性・網羅性を高め、ページの品質向上につながります。加えて、以下のようなSEO上のメリットも得られます。

 

共起語が多くなる

テーマに関する内容を網羅的に作成していくと、共起語が自然と登場します。

Googleは、共起語が多種にわたって含まれているかを評価基準のひとつにしているため、結果として検索上位にあがりやすくなります。

 

様なキーワードでヒットしやすくなる

文字数が多くなれば、その分だけ多様なキーワードが登場するようになります。

結果として、狙っているSEOキーワード以外の検索ワードで検索上位にあがり、流入が増えることも。

直接的なターゲットのアクセスではないものの、PVが増えることは広告効果を高める上で重要です。

 

複合キーワードの掛け合わせが増える

キーワードが増えれば、それだけ複合キーワード(スモールキーワード、ロングテールキーワード)の掛け合わせのパターンが増えます。

たとえば「SEO 文字数」というのがメインのSEOキーワードの場合でも、コンテンツの内容次第では「SEO 文字数 効果」「SEO 共起語 文字数」など、さまざまな掛け合わせができるようになり、幅広い検索ニーズに対応できるようになります。

 

まとめ

SEOにおける理想的な文字数というものはありません。大切なのは、テーマとユーザーに向き合い、良質なコンテンツを作成することです。

文字数はあくまでその結果として考えましょう。

 

SEO対策とリスティング広告の違いとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. インデックス除外でサイト全体のSEOを向上

  2. SEOに効果的なURLの作り方!最適な長さ・文字は?

  3. descriptionとkeywordsはSEO対策に効果がない?

  4. ページ表示速度とSEOへの影響・対策

  5. 内部リンクの最適化でSEO対策を強化

  6. SEOに影響するE-A-Tとは?