SEO対策では、WEBサイトのコンテンツ重視の傾向が増すなかでも、これまで通りで良質な被リンクを用いた外部施策については、重要な対応項目であることに変わりはありません。

従来のSEO外部施策(被リンクの追加)は、警告やペナルティが頻発したネガティブな印象が先行しているため、敬遠するお客様が増えて間違った情報が広がっていきました。

今回は、SEO外部施策のポイント!として、正しい被リンクと間違った被リンクについて紹介をさせていただきます。

 

SEO内部施策のポイント!特に重要視されるコンテンツ対策とは?

 

SEO対策では、なぜ今でも外部施策(被リンクの追加)は有効な手法なのか?

Google検索エンジンが、コンテンツ対策を重視の傾向であることは、これまでの記事のなかでも触れてきましたが、外部施策(被リンクの追加)も検索結果の表示順位を決める要素として重要な指標のひとつです。

同じようなテーマのふたつのWEBサイトで、コンテンツの内容に優越が付かない場合には、どちらを上位に表示させるかの最終判断として、被リンクの数や質で差が付いていきます。

Google検索エンジンは、被リンクの数が多いWEBサイトについて、それだけユーザーからの指示を集めているファンが多いWEBサイトと見なして、検索結果の表示順位でより上位に表示させます。

また、被リンクの数と併せて重要な要素のひとつに被リンクの質があることも抑えておかなければなりません。

Google検索エンジンは、「どのようなテーマでWEBサイト同士が結びついているか」という「テーマの関連性=被リンクの質」にも着目し重要視しています。

関係のないWEBサイトや意味のないページからの被リンクよりも、権威が高い影響力のあるWEBサイトや同業種のサイトからの被リンクがあることで、「よりテーマとの関連性が強く、意味のある被リンク」と判断して、検索結果の表示順位で上位に表示させます。

 

SEO対策では知っておきたい、被リンクがもつメリットとデメリットについて!

被リンクと言う語句は、SEO業界の専門用語で、この被リンクを増やす作業をSEO外部施策と呼んでいます。

被リンクを追加するSEO外部施策は、WEBサイトの表示順位を決めるうえでは重要な要素ですが、すべてが良い事ばかりではありません。間違った外部施策を行うことで、自社のWEBサイトに悪影響を及ぼすこともあります。

SEO対策を行う場合は、被リンクがもつメリットやデメリットについてもあらかじめ把握しておく必要があります。

 

被リンクがもつメリットとはどのようなものか?

・良質な被リンクを増やしていくことで、WEBサイトの評価が上がり上位表示が実現できる。

 

被リンクがもつデメリットとはどのようなものか?

・悪質なサイトからの被リンクは、WEBサイトの評価を下げて表示順位が下降するリスクがある。

 

SEO外部施策で言う、正しい被リンクと間違った被リンクについて!

同業種のWEBサイトからの被リンクを増やすためには、同業の方達にも興味をもってもらえて参考になるような、新しい情報やツールなどのコンテンツを継続的に作成して、自然発生的に被リンクを増やしていく必要があります。

一方、サテライトサイトを多数制作して自作の被リンク対策を実施するなど、過去の外部施策で通用していたやり方は、Google検索エンジンからペナルティの可能性が高く、SEO対策後の効果も見えないため行ってはいけません。

また、被リンクの販売だけをしている悪質なSEO業者も存在しますが、現在効果があると言われている被リンクであったとしても、数年後の保証は販売したSEO業者もすることは出来ません。

このように安易なリンクの購入に頼って、急激に被リンクを増やす間違ったやり方は、採用しないで、地道なSEO外部施策に取り組むことを推奨しています。

 

正しい被リンクの考え方とはどのようなものか?

・同業種のWEBサイトからの被リンクを増やしていく。

・一般的に権威が高い影響力のあるWEBサイトからの被リンクを増やしていく。

・同業種のWEBサイトにとっても参考になるようなコンテンツを作成し、自然発生的に被リンクが増えていく形を構築する。

・ひとつのWEBサイトからの被リンクの数と併せて、リンクを受けているWEBサイトの数(被リンクドメイン数)も考慮して、質の高い被リンクを増やしていく。

 

間違った被リンクの考え方とはどのようなものか?

・他業種や関連性のない質の悪いWEBサイトからの被リンクは貼らない。

・自作の被リンクを貼るような外部施策は、ペナルティのリスクが高いので行わない。

・リンクの購入だけで被リンクを増やすやり方は、Google検索エンジンからのペナルティのリスクが高いので行わない。

・ディレクトリ型検索サイトは、現在サービスが終了しているものが多く、SEO対策後の効果が不明のため登録は行わない。

・プレスリリース配信は、以前は被リンクの獲得も期待出来たが、ほとんどのサービスでnofollowが付与されているため、正規の目的以外の多用な配信は行わない。

 

Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

 

おわりに

今回は、SEO外部施策のポイント!として、正しい被リンクと間違った被リンクについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

SEO外部施策は、それ自体を推奨していないSEO業者やコンサルタントも存在していますが、現在でもSEO対策の要素のひとつとして評価されている有効な手法です。

近年の傾向では、外部施策を行うだけで一時的に表示順位が上昇した事例も多数ありますが、これまでとは違い単純に被リンクを増やしただけで、安定した上位表示を維持し続けることは難しい状況です。

Google検索エンジンやユーザーから評価を得られるコンテンツ対策をSEO外部施策(被リンクの追加)と並行して進めることが、安定した表示順位の維持につながります。

この記事をご覧になった方は、今後のSEO対策の参考にしていただいて、正しい被リンクを使ったSEO外部施策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

SEO対策(外部施策)で重要な被リンクのチェックツールについて!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. SEO対策の費用相場ってあるの?

  2. SEO対策とリスティング広告の違いとは?

  3. スマートフォンのSEO対策やモバイルSEOに必要な要素について!

  4. SEO対策をした後に得られるメリットやデメリットについて!

  5. SEO対策にも効果がある【よくある質問】ページの作成について!

  6. SEO対策(外部施策)で重要な被リンクのチェックツールについて!