marketing

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、有益で説得力のあるコンテンツを制作・配信することによって、ターゲット・オーディエンスを引き寄せ、獲得し、エンゲージメントをつくり出すためのマーケティングおよびビジネス手法を指す。その目的は、収益につながる顧客の行動の促進である」と定義する。と言われています。

つまり、ユーザーに対してコンテンツを継続して提供していくことで、行動へとつなげるマーケティング手法のことをコンテンツマーケティングと言います。
また、ユーザーが知りたい情報を自社のWEBサイトへ蓄積することによって、ユーザーにとって役に立つ、信頼性の高いものにWEBサイトが変わっていきます。

コンテンツマーケティングを
導入・運用するメリットとは?

広告のような掛け捨て型と違ってコンテンツ(記事)自体を資産に変えられる

コンテンツマーケティングは広告にはないWEBサイト内への蓄積効果があり、一度掲載した後もそのコンテンツ(記事)自体の情報価値が失われないかぎり、インターネット上で機能しつづけます。Googleはユーザーニーズに応えていると考えるページを増やし、関連するページが沢山存在すること、更新がされていることによって評価を上げていきます。つまりコ ンテンツ(記事)を増やし続けることによって、ユーザーとの接点が増え、ロングテールキーワードなどでアクセスを集める事ができることもコンテンツマーケティングのメリットです。

その分野の専門家としてユーザーからの信頼度が向上する

コンテンツマーケティングを通じて、その分野の専門家として認識されて、信頼度が向上することです。ユーザーが興味を引き有意義な情報を継続的に提供しつづけることで、専門性のある信頼できる会社として認識されて信用を得ることにも繋がり、ブランディング効果は上がります。特に、ブランド力が弱い、認知度が低いなどの課題がある場合に、この部分でのメリットは大きなものになります。

ユーザーにとって有意義な情報を拡散できる

ユーザーにとって有意義な情報を拡散できることができます。検索エンジンやソーシャルメディアを通じて、コンテンツを探している人が自然にWEBサイトからの情報を見つけてくれるようになります。さらにコンテンツ(記事)を見て好感を持った人は、SNSで勝手に拡散をしてくれるので口コミでの効果も向上します。また、各所に拡散したコンテンツは、長期にわたってWEBサイトにアクセスをもたらしてくれますので、他のネット広告に頼らなくても、自社のWEBサイトに掲載することだけで情報を拡散していけるのは、コンテンツマーケティングの大きなメリットの一つと言えます。

地域制限が無くユーザーを対象にできる

コンテンツマーケティングは特に地域など場所での制限はなく、幅広い地域をターゲットに配信ができます。コンテンツマーケティングを利用し地域名を盛り込んで有効活用することで、地方の企業同士の取引が成功をしたり、首都圏の企業、地方の企業、またはグローバルな企業とさまざまな形での新規の取引をする例も多数出ています。

ターゲットユーザーに正確にリーチができる

コンテンツマーケティングは、あらかじめターゲットを絞ってから運用を開始します。
検索で重要になる軸のキーワードを選定し、そのキーワードにそって魅力的なコンテンツを企画、制作し継続して更新していきます。その結果、制作したコンテンツはネット広告に比べて、高い確率でターゲットユーザーにリーチが出来ます。この点は、コンテンツマーケティングの大きなメリットと言えます。ちなみに一般的なバナー広告の場合でCTR0.1%、CVR1%で計算すると100,000回インプレッションして、やっとコンバージョンが1件ということになります。

コンテンツマーケティングを導入・運用するデメリットとは?

コンテンツ(記事)を継続して配信していく必要がある

コンテンツマーケティングを成功するには、ユーザーに支持される良質なコンテンツを、継続的に配信する必要があります。ターゲットとするユーザーは、どのようなコンテンツを求めているのかを把握し、トレンドにも常に意識をし続ける必要があります。継続していくためには、効率的にコンテンツを生み出し、コンテンツの企画・制作を続けられるような体制作りが必要となりますので、この部分では株式会社セレクト・ワンのような専門の会社が必要不可欠となります。

導入後、成果が出るまで時間が掛かる

コンテンツマーケティングは、商品やサービスに関連する情報を配信し続け、アクセスを増やすことができても、すぐにコンバージョンにつながるとは限りません。また、どのくらいの期間を続ければ、効果が上がるというROI(投資対効果)を予測しにくい面があります。お客様でコンテンツを作成しながら運用する場合の手間や即効性の成果が見えにくいことから、数ヶ月でコンテンツ(記事)の配信を止めてしまうケースもあります。コンテンツ追加によるサイトへのアクセス増は、最低でも3ヶ月から半年以上の継続のあと見えてくることが多いので予めの認識と理解が必要となります。

株式会社セレクト・ワンが提供する
コンテンツマーケティングとは?

ただ文章を増やせばいい訳ではありません

質を考慮せずコンテンツを増やすことだけを重視した場合、検索エンジンはそれを悪意あるスパムと捉え、順位を下げてしまうことがあります。
検索キーワードに関するユーザーにとって価値があるサイトを作成し、順位向上を目指します。

適切な記事作成方法をご提案いたします
貴社のサイトを解析、分析します。
各種タグ、共起語など様々な観点からコンテンツをどのように最適化するべきかを分析します。
分析に基づいたライティングを行います。
※記事の修正、確認に関しましては、貴社内でのご対応をお願いいたします。
キーワード種別とコンテンツ制作

キーワード毎に収集しているBIGデータを解析し、対策キーワードに関連性の高いコンテンツを分析します。キーワードは大きく「トランザクショナルクエリ」「インフォメーショナルクエリ」「ナビゲーショナルクエリ」にわけられ、コンテンツを作成に活用します。

キーワードの選定・施策方針のご提案

キーワード毎に収集しているBIGデータを解析し、対策キーワードに関連性の高いキーワードを分析いたします。
競合サイトでは獲得できているキーワード、貴社が流入獲得に届いていないキーワードを抽出し対策キーワードの選定および、施策方針をご提案させていただきます。

  • 自然検索獲得キーワード
  • 競合獲得キーワード
  • SEO専有サイトの分析
  • 検索露出の調査
  • SERPsキーワードヒット数
  • 大量キーワードの順位取得
  • 上位表示サイトmeta取得
  • サジェストワードの抽出
  • 関連ワード抽出
  • 共起語一覧の抽出
  • 貴社上位キーワード
  • 貴社順位
  • 関連キーワード
  • 上位表示URL
  • 貴社未上位キーワード
  • 要対策キーワード
  • 競合上位キーワード
  • 競合獲得関連ワード
  • 最上位サイト
  • 上位分布率
キーワードの分析・傾向の調査

競合調査により、貴社の課題点となるキーワードを抽出、ターゲットキーワードを策定後は対象のキーワードに対して、クエリの検索傾向を調査することでより、密度の高いコンテンツを制作します。
各検索クエリの前後検索傾向により、ユーザーの満足できるコンテンツを作成いたします。

キーワード例
【ファクタリング】における検索傾向

前後の検索クエリとは別に、検索クエリにおけるデモグラフィックデータの調査が可能です。
キーワードにおける検索者数の多い年代に対してコンテンツを作成することで、より効果の高い施策を実施します。

キーワード例
【ファクタリング】における検索傾向
ペルソナ・カスタマージャーニーの策定

上位表示コンテンツのライティングにあたり、貴社サイト掲載コンテンツに対してターゲットユーザーに最適化なコンテンツとなるようペルソナ設計を元にコンテンツを最適化する事で、より貴社サイトに親和性の高いコンテンツへと昇華します。
一般的な情報コンテンツが貴社サイトユーザーへと刺さるコンテンツとなることで、よりコンテンツ追加のマーケティング効果を高めます。

対象ユーザーの各対象ステージ想定し、コンテンツを制作することでユーザー収集だけでなく、サイト訪問から購入へとつながるコンテンツを制作いたします。SEOだけでなく、獲得を意識した施策となります。

コンテンツ内容のご提案

これまでの分析にて作成するコンテンツの方針が決まり次第、下記の表の形で具体的なコンテンツ案を提出させていただきます。
「一般ユーザーからのアンケート記事」「専属ライターによる記事」「トレンドを押さえたコラム記事」など、ターゲットユーザーの潜在・顕在ニーズに沿った価値の高いオリジナルコンテンツを作成し、納品いたします。

No キーワード コンテンツ案 概要 文字数
1 化粧落とし 選び方 化粧落としの選び方はここをおさえて!お肌にあったクレンジングの選び方 化粧落としの選び方を中心に自分にあったクレンジングの選び方を紹介するコンテンツを作成します。クレンジングの方法だけでなく、貴社商品の強みや正しい使い方を作成することでユーザーにあったコンテンツを作成します。 2,000文字
2 化粧くずれ 対策 化粧くずれを防止するメイクのマル秘テクニック! 化粧くずれがひどく、悩みを抱えているユーザーに対してコンテンツを作成します。商品の訴求ではなく一般的なテクニックの要素を多く作成します。メイク時点の対策と合わせて原因となる汗や乾燥に対しても記載し、保湿をすることでユーザーの課題解決が可能なコンテンツを作成します。 2,000文字
3 メイク落とし スキンケア 化粧くずれの防止は最適なスキンケアから?正しいスキンケアの方法 化粧くずれに対してスキンケアが重要と知っているユーザーに対してより深い内容でのコンテンツを作成します。正しいスキンケアの方法を中心に書く事で、一般的な安いスキンケア化粧品ではなくよりよいもの使う事を示せるようコンテンツの流れを制作し、ユーザーの興味を喚起します。 2,000文字
コンテンツ記事納品の流れ
記事制作
メインタイトルの決定
競合性が低く、且つ、優先度の高いキーワードを導き出し、それに基づいたメインタイトルを決定。
サブタイトルの決定
メインタイトルに含まれた主軸キーワードのニーズ調査上位化されている競合コンテンツを分析し、サブタイトルを決定。

検索から流入を獲得するコンテンツ

対策ワードをメインタイトル、サブタイトルとし、記事を作成する事でコンテンツマーケティングとともに、SEO上の効果が期待できる記事を作成いたします。

記事制作の波及効果

有益なコンテンツ記事は、さまざまなメディアからの共有(シェア)やリンクを受けやすく、強いドメインパワーを商品サイトへ流し込みます。それにより、競争度の高いビッグワードに対しても強いサイト評価を受ける事が可能になります。

コンテンツマーケティング
導入・運用までの流れ

  • FLOW
    弊社
    コンテンツ案を作成いたします。
  • FLOW
    お客様
    お客様にご確認をしていただきます。
  • FLOW
    弊社
    コンテンツのライティング・提出をいたします。
  • FLOW
    お客様
    お客様にご確認、修正の要望を返信していただきます。
  • FLOW
    弊社
    修正したコンテンツを納品いたします。
  • FLOW
    お客様 or 弊社
    本番アップロードを行って、コンテンツマーケティングが開始されます。

コンテンツ例

記事サンプル(美容系記事の場合)

記事コンテンツに対して画像、見出し、記事にて作成することで、そのままの形で貴社サイトに掲載可能なコンテンツを作成しております。
ユーザーに対して読み応えがあり、検索エンジンに評価されるよう記事コンテンツは、最低1,000文字以上(2,000文字から3,000文字)が目安となります。

このページをご覧の方に
おすすめのページ

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。