インターネットやITの普及が進んだ昨今でも、ホームページを制作して公開することに悩んでいる中小企業の経営者や個人事業主の方は、依然として多くおられるようです。

今回は、ホームページを公開することで得られるメリットやデメリットについて、ホームページ制作会社の立場から改めて纏めさせていただきました。

また、ホームページが持つ効果や課題という面からも説明をさせていただきます。

 

ホームページ制作の費用相場ってあるの?

 

ホームページを制作して公開することのメリットや効果をご紹介します!

1.企業や店舗の顔として、安心感や信頼度もアップする。

初めての取引において、皆さんが最初にすることは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用して、相手先の会社名や店舗名を調べることではないでしょうか。

検索結果に会社名や店舗名がキチンと表示がされて、見た目がカッコよくキレイなホームページが公開されていれば、その会社の情報や雰囲気、商品やサービスの内容まで事前に把握することができますので、ユーザーからの安心感や信頼度は格段に上がります。

逆に検索結果に、該当のホームページが見つからなければ、ユーザーの不安は増して、その会社の信頼度は下がってしまいます。

 

2.お問い合わせや反響が増えて、売り上げや利益もアップする。

こちらは、ホームページを公開し運営していく最大の目的とも言えるでしょう。

会社名や店舗名の他に、提供している商品やサービス名で検索結果の上位に表示させることができれば、ユーザーからのお問い合わせや反響、ホームページへの流入も増えて、最終的には売り上げや利益までも増やすことが可能になります。

 

3.最強の営業ツールとして、販促の効果もアップする。

ユーザーが自ら、ホームページを見つけて企業やサービスの内容を気に入ってくれれば、こちらから積極的な営業活動をする必要がなくなります。

また、商品やサービスなど必要な情報やアピールできるコンテンツをホームページに掲載しておけば、チラシや営業資料、パンフレットなどを見せなくても、ホームページの画面を見せながら説明することができます。

ホームページを制作し公開することは、これまで無かった最強の営業ツールとして、販促の効果も向上していきます。

 

4.求人など採用活動の効果もアップする。

ハローワークや求人サイトを利用して採用活動を行う場合にも、ホームページは重要なツールになります。

求人サイト上に記載されている一般的な内容だけでなく、ホームページに掲載されている詳細な求人情報や募集要項も求職者にとっては確認しておくべき大切な項目です。

採用情報のページに人事制度、先輩社員の声、会社の雰囲気、福利厚生、求める人物像など求人サイトには載っていない細かな情報まで掲載しておくことで、採用のミスマッチを削減できます。また、企業から見た本当に採用したい。と思える自社のニーズにマッチした、意欲の高い人材を幅広く集めることも出来ます。

 

5.お役立ち情報やオススメ情報、キャンペーン情報、ビジネスコラムなどの情報の発信で認知度もアップする。

株式会社セレクト・ワンでは、ホームページに掲載するオススメのコンテンツとして、お役立ち情報やオススメ情報、キャンペーン情報、ビジネスコラムなどの運用を推奨しています。

これらを活用し、ユーザーに対してアピールしたい内容やトレンドな情報を定期的に情報の発信をすることで、会社名や商品、サービスの認知度が大幅に上がります。

また、専門性が高くユーザーから見て良質なコンテンツを定期に発信していけば、これまで取引の無かった新規顧客や見込み顧客にまで幅広くアプローチすることができます。

 

ホームページを制作して公開することのデメリットや課題をご紹介します!

1.ホームページの制作費や保守費などの維持管理コストが必ず発生する。

ホームページを運用するうえで皆さんが懸念される一番の内容は、ホームページの制作費や保守費の維持管理コストが発生することではないでしょうか。

ホームページの制作費は、初期段階でイニシャル費用としてそれなりの金額が発生します。

また、ホームページの保守費は、ドメイン維持やサーバー維持、作業の定期更新などランニング費用として、月額で数千円から数万円ぐらいのコストは必ず発生してきます。

 

2.ホームページを継続して運用していくスキルやノウハウが必要になる。

ホームページは、何もしない状態で放置をしておけば良いというものではありません。

ホームページの運用は、終わりのないマラソンのように継続して発生する様々な業務が必要になってきます。

ホームページを運用していくスキルやノウハウが無いと、お問い合わせや反響、売り上げにもつながらない、ただインターネット上に公開している無用なWEBページになってしまいます。

コスト負担との兼ね合いで、社内に運用担当の専門のスタッフを常駐させるのか、専門のマーケティング会社やSEO会社へ依頼をするのか、も含めて、あらかじめ検討しておかなければならない課題です。

 

3.ホームページ制作会社の業者の選定は重要なポイントになる。

最後に課題として挙げておきたいのが、ホームページ制作会社の業者の選定ではないでしょうか。

以前の記事のなかでも触れましたが、最終的にはホームページ制作会社の窓口になる担当営業やデザイナーとの「人的相性」が重要になってきます。

ホームページの制作会社の選定で間違ってしまうと、その後の運用や取引でも大きな負担が発生しますので、特におさえておきたいポイントです。

 

ホームページ制作会社の選定の際におさえておきたいポイントについて!

 

おわりに

今回は、ホームページを制作して公開することで得られるメリットや効果、デメリットや課題について説明をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホームページは、コストの負担や運用面での課題さえ解決できれば、公開後の売り上げや利益の増加など企業にとってのメリットの方が圧倒的に多いことがおわかりいただけたと思います。

皆さんが懸念されることが一番多いコストの面は、自社で制作できる無料のソフトウェアやツールも多数ありますし、制作費用の分割支払いに対応してくれるホームページ制作会社やSEO会社もありますので、複数のパターンで比較して見ることも必要です。

この記事をご覧になった方は、ホームページを制作して公開するメリットやデメリットを十分に理解したうえで、ご自身の今後の取り組みのなかでお役立てください。

 

ホームページの制作でスキルに応じた、ソフトウェアやツールのオススメサービスは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページの直帰率の原因と改善方法について!

  2. ホームページ制作会社の選定の際におさえておきたいポイントについて!

  3. ホームページとWEBサイトの意味や違い、ふたつの使い方について!

  4. ホームページ制作の前に確認しておきたいヒアリング項目とは?

  5. ホームページやコンテンツマーケティングの効率的なネタ探しの方法とは?

  6. ホームページの制作時に確認しておきたい主要ブラウザについて!