コンテンツマーケティングの導入を検討しているけど、自社で運用していくにはコンテンツを作成するノウハウもないし、何から手を付ければ良いのかわからない、というマーケティング担当者の方も多いのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングは、新しいネット集客のカタチとして日本国内でも注目を集めていますが、初心者の方がいきなり運用を開始するには難しいWEBマーケティングの手法です。

また、間違ったライティングでコンテンツを作成し、情報を発信し続けていても、コンテンツマーケティングの効果を発揮することは難しいと言えます。

今回は、コンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼する場合のメリットとデメリットについて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングを自社で運用する場合のメリットとデメリットとは?

 

コンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼する理由とは?

コンテンツマーケティングを自社で運用している方で多いケースが、ビジネスブログを1年以上書いている、コラムやお役立ち情報を3年ぐらい運用している、という既に何らかの情報を発信している場合です。

このような方達の考え方や方向性は間違っていませんが、コンテンツマーケティングを運用していくには、SEOの専門知識やライティング自体のノウハウが必要です。

大切なことは、いかにして潜在ユーザーや見込みユーザーに対して、自社の商品やサービスを見てもらえるか、ということになりますので、ユーザーにとって良質で興味を引くような記事を提供していかなければなりません。

ただ、ブログやコラムを書いて情報を発信していれば良いのではなく、提供するコンテンツは、各種タグ、共起語など様々な観点からSEOの要素が盛り込まれているかどうかということが重要になってきます。

 

コンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼するメリットとは?

次に、株式会社セレクト・ワンが考えるコンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼するいくつかのメリットを挙げてみたいと思います。

 

1.自社の日常の業務に支障をきたさない。

2.ライティングの専門スタッフを社内に常駐させる必要がない。

3.記事を作成する労力や時間を大幅に軽減することができる。

4.一度に多くの記事を依頼して作成することができる。

5.専門スタッフを置くより、人件費が軽減できる。

6.記事の打ち合わせと確認をすることで、第三者の視点で見ることができ社内スキルが上がる。

7.現在、上位に表示されている競合サイトを分析して、SEOを考慮したコンテンツを作成してもらえる。

8.テーマやコンテンツの限界(ネタ枯れ)がなくなる。

9.ユーザーが興味を引くトレンドな記事を調べてライティングしてもらえる。

10.専門家がライティングした良質な記事は、ユーザーの期待値が上がる。

11.ユーザーの期待値が上がることにより、従来になかった顧客層が増える。

12.継続して運用できるので、コンテンツマーケティングの成果が期待できる。

 

コンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼するデメリットとは?

逆に、株式会社セレクト・ワンが考えるコンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼するデメリットについても挙げてみたいと思います。

 

1.マーケティング会社を見極めて選定することが難しい。

2.マーケティング会社と上手くコミュニケーションを図らなければならない。

3.マーケティング会社の特徴や個性を把握しなければならない。

4.社員のマーケティング(ライティング、ノウハウなど)スキルやナレッジが向上しない。

5.月額や年額でそれなりのコストが発生する。

 

コンテンツマーケティングでは必見!マーケティング会社を選定する際に確認しておきたいポイント

コンテンツマーケティングを導入する場合の課題として、どうやって専門のマーケティング会社を選定すれば良いのか、ということが重要になってきます。

ここでは、専門のマーケティング会社を選定する際に、お客様の目線から確認しておきたいポイントについてもいくつか挙げてみたいと思います。

 

1.マーケティング会社のホームページの中にコンテンツマーケティングの内容がキチンと説明されているか。

2.マーケティング会社が自社でコンテンツマーケティングやオウンドメディアを運用しているか。

例:お役立ち情報、オススメ情報、コラム、ビジネスブログ、ビジネスニュースなど

3.マーケティング会社が得意とする業種、業界、ユーザー層などの強みはどうか。

4.全業種、全業界、ニッチな専門分野などにもライティングの対応が可能かどうか。

5.ライターの数は、どのくらいの人数をかかえているか。

6.SEOを考慮し、要素を取り入れた記事をライティングできるか。

7.現状のGoogle検索エンジンのアルゴリズム(最新のSEO対策)を分析してライティングできるか。

8.競合他社や競合サイトの分析や解析をきちんとできるか。

9.一度に複数の記事をライティングできるか。(ひと月当たりのMAXで納品できる記事の数)

10.記事の文字数や本数によって金額やプランは、どのように設定されているか。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼する場合のメリットとデメリットについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

また、専門のマーケティング会社を選定する際に、お客様の目線から確認しておきたいポイントについてもおわかりいただけたことと思います。

コンテンツマーケティングを導入しようとしても、コンテンツの作成に対するノウハウが無いとすぐに始めることは難しいですが、専門のマーケティング会社へ依頼することで、日常の業務に支障をきたすことなくスムーズに運用していくことができます。

コンテンツマーケティングの運用は、専門のマーケティング会社にすべてをお任せするということもひとつの方法ですが、その場合のメリットやデメリットも理解したうえで依頼することをオススメしています。

コンテンツマーケティングの導入を検討されている方は、この記事を参考にしていただいて、貴社のマーケティング活動にお役立てください。

 

コンテンツマーケティングで上位表示するための記事の書き方は?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングとネイティブ広告の違いについて!

  2. コンテンツマーケティングの運用でも使える、マーケティング戦略4P,4C…

  3. コンテンツマーケティングの運用にも影響があるデータとは?

  4. コンテンツマーケティングの運用にはなぜKPIの設定が必要なのか?

  5. コンテンツマーケティングの運用に必要なマーケターとは?

  6. コンテンツマーケティングの運用で必要なマーケティングファネルについて!…