オススメ情報

コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントとは?

コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントとは?

ネット広告やSEO対策に取り組む多くの企業が、コンテンツ(記事)の作成方法で悩みを抱えているようです。

特に、コンテンツマーケティングは、企業が発信したい情報とユーザーの知りたい情報をコンテンツで補完することで、エンゲージメントを高めていく手法のため、コンテンツの存在自体が重要になってきます。

また、コンテンツの作成においては、たた漠然と記事をライティングするだけでは、コンテンツマーケティングの効果を最大化することはできません。

今回は、コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントについて、株式会社セレクト・ワンが推奨する3点で解説させていただきます。

 

WEBサイトのコンテンツを多くのユーザーに閲覧してもらうには?

 

コンテンツとは?

コンテンツ(contents)とは、一般的に日本語で直訳すると内容や中身という意味のことです。

情報や通信技術の発達に伴って、1990年代の後半頃から多く使用されるようになった用語でもあります。

ITやWEBの業界で利用されているコンテンツとは、画像やテキスト、動画、音声、データなど様々な内容をとりまとめて「情報の中身」「情報のそのもの」を指しています。

この情報を充実させることで、沢山のユーザーをWEBサイトに誘導したり、ブランディングの構築に貢献させたりといった効果を発揮します。

また、WEBマーケティングでよく言われるコンテンツには代表的な3種類があり、その用途によって定義は区別されています。

 

WEBコンテンツ

インターネット上で公開されているコンテンツのこと

例:ブログ、ECサイト、ニュースサイト、辞書サイト、まとめサイト、ウェビナー、動画サイト(YouTube)、ホワイトペパーなど

 

モバイルコンテンツ

スマートフォンやタブレット端末、携帯電話から利用できるコンテンツのこと

例:SNS(Twitter,Facebook,TikTok)スマホゲーム、写真加工アプリ、乗り換えアプリ、地図アプリなど

 

※上記は、スマホや携帯電話から使えるWEBコンテンツの一部とも言えます。

 

デジタルコンテンツ

紙媒体や音楽などの作品をデータ化したコンテンツのこと

例:書籍、音楽、放送、映画、テレビ番組、アニメ、ゲーム、キャラクターなど

 

キラーコンテンツ

そんなコンテンツですが、ITやWEBの業界では、商品やサービスの訴求に役立って、コンバージョンに影響を与える人気コンテンツを「キラーコンテンツ」と呼んでいます。

コンテンツマーケティングで言うキラーコンテンツとは、コンテンツの魅力や、発信力で商品、サービスを販売して、売り上げや利益などの成果に直結する質の高いコンテンツを意味します。

 

コンテンツマーケティングの戦略は?

 

ターゲットにする顧客層を明確にしておく【POINT1】

 

コンテンツマーケティングを運用していくためには、顧客層を明確にしておくことが大切です。

潜在ユーザーと顕在ユーザーを明確にしたうえで、過去に購入していただいた既存ユーザーや、今後の取り引きにつながる見込みユーザーまで、すべての顧客における購買過程を明確にして、購入者側と販売者側の状況を把握しておくことが必要です。

 

購入者側と販売者側の状況を把握する

購入者側:未だ商品やサービスなどの詳しい情報は何も知らない。

販売者側:未知数の潜在ユーザーに対して、自社の商品やサービスに興味を持ってほしい。

購入者側:欲しい商品やサービスに少しの興味がある。

販売者側:潜在ユーザーを顕在ユーザーにしたい。

購入者側:欲しい商品やサービスをインターネットで検索して探し始める。

販売者側:見込みユーザーになりつつある。

購入者側:欲しい商品やサービスを数あるWEBサイトの中から選定する。

販売者側:将来のユーザーになりうる可能性がある。

購入者側:数ある候補の中から選定した商品やサービスを購入する。

販売者側:実際にユーザーになる。

 

コンテンツマーケティングにふさわしいターゲット層とは?

 

顧客層にマッチしたコンテンツ(記事)を準備する【POINT2】

ふたつ目のポイントとして、顧客層に合わせたコンテンツ(記事)を準備することが大切です。

ここでは、コンテンツを作成する前に確認する内容について紹介させていただきます。

 

ユーザーのニーズを意識しているか?

・ユーザーが欲しがるような商品やサービスのコンテンツになっているか。

・商品やサービスに対して、販売者が一方的に説明するコンテンツになっていないか。

・ユーザーに対して、売り込みや売り急ぎが強く、販売者側からの目線や傾向になっていないか。

 

コンテンツの構成は適切な内容か?

・ユーザーのニーズを的確にとらえた、コンテンツの内容になっているか。

・ユーザーが本当に知りたい詳しい情報が、コンテンツの内容として記載されているか。

・ユーザビリティを的確にとらえた、コンテンツの構成になっているか。

 

時期やタイミングは適切か?

・ユーザーが購入したい時期やタイミングを的確にとらえているか。

・ユーザーがスムーズに商品やサービスの情報を収集することができるか。

・ユーザーが自分自身のタイミングで情報を収集することができるか。

 

コンテンツを作成する際は、ユーザーのニ-ズや全体の構成、時期やタイミングなどを確認することによって、その後のライティングの作業はスムーズに進行していきます。

 

コンテンツマーケティングを導入するにはどうすれば良いのか?

 

顧客層にマッチしたコンテンツ(記事)に分類する【POINT3】

 

3つ目のポイントとして、顧客層にマッチした商品やサービス、コンテンツ(記事)の分類が大切です。

また、ユーザーに対して企業からの一方的な情報提供は、むしろ逆効果になってしまいます。

コンテンツマーケティングを運用する際は、ユーザーのターゲットに合致したコンテンツごとに分類しなければなりません。

 

一般的な分類項目

性別、年齢、居住地、年収、職業、趣味、特技、生活スタイルなどが一般的な分類項目になります。

特殊性があって専門的な商品やサービスは、より詳細に項目を分類することが必要です。

 

ユーザーと商品、サービスとの関連性

商品やサービスがコンテンツの内容と合致しているかどうか、合致しているのであれば商品、サービスとの関連性は高まります。

 

フロ―性、ストック性の性質

商品やサービスが、リリースされた時点で見ることに価値があるコンテンツは、フロ―性が高く、また、リリース後やその数年後に見ても変わらない価値があるコンテンツは、ストック性が高くなる傾向があります。

 

フロー性の高いコンテンツの事例

現在、世間で話題になっているトレンドなコンテンツ(記事)

・Yahoo!やLINEなどのニュースサイト

・新聞

・週刊誌、月刊誌 など

 

ストック性の高いコンテンツの事例

将来的に時間が経過した場合でも、価値が損なわれないコンテンツ(記事)

・ウィキペディアのような辞書サイト

・健康に役立つWEBサイトの情報

・料理サイトのレシピ情報 など

 

コンテンツマーケティングで上位表示をねらう記事の書き方とは?

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントについて、株式会社セレクト・ワンが推奨する3点で紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングは、商品やサービスに合致した顧客(潜在ユーザー、顕在ユーザー、見込みユーザー)を獲得することにより、最終的にはファン化することで効果が波及し浸透していくマーケティング手法です。

また、顧客層を明確にしながら、それにマッチしたコンテンツを準備、分類、作成をして【良質なコンテンツを提供し続けることが、コンテンツマーケティングの効果を最大化すること】につながっていきます。

ネット広告やコンテンツSEOに取り組む企業の方は、この記事で紹介したコンテンツの作成方法を参考にしていただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用の中でお役立てください。

 

コンテンツマーケティングが日本で流行したのはなぜか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。