コンテンツマーケティングは、継続して労務が発生する大変な作業ですが、単純に記事を書いてコンテンツを作るだけではなく、マーケティングとして効果を発揮できなければ意味がありません。ここでは、コンテンツを作る際に気をつけなければならないことを、私の経験から3点に絞って説明していきたいと思います。

その1 ユーザー層を明確にしておく。

先ず、コンテンツマーケティングではユーザー層を明確にしておくことが重要です。潜在、顕在ユーザーを明確にしておき、過去に購入した既存、顕在ユーザー、潜在、見込みすべてのユーザーにおける購買過程を明確にして、購入側と販売側の両面で状況を把握しておくことが大切です。

 

〇購入側と販売側の状況は?

購入側:商品など何も知らない。

販売側:未知数の潜在ユーザーに対し自社商品に興味を持ってほしい。

購入側:欲しい商品に少し興味がある。

販売側:潜在ユーザーを顕在ユーザーにしたい。

購入側:欲しい商品をネット検索で探し始める。

販売側:見込みユーザーになりつつある。

購入側:欲しい商品を選定する。

販売側:将来ユーザーになりうる。

購入側:欲しい商品を購入する。

販売側:ユーザー(既存ユーザー)となる。

その2 ユーザー層にマッチしたコンテンツを準備する。

次のポイントは、ユーザー層に合わせたコンテンツを準備することが重要です。実際のコンテンツを作成する前に準備、確認する内容について説明します。

 

〇顧客を意識しているか?

・ユーザーが欲しがる商品、サービスなどのコンテンツになっているか。

・単純な商品、サービスの一方的な説明になっていないか。

・売り込み、売り急ぎの傾向になっていないか。

 

〇コンテンツの構成は適切か?

・ユーザーのニーズを的確にとらえているか。

・ユーザーが知りたい情報がコンテンツ内にあるか。

・ユーザビリティを的確にとらえているか。

 

〇時期やタイミングは適切か?

・ユーザーが購入する時期、タイミングを的確にとらえているか。

・ユーザーがスムーズに商品情報を収集できるか。

・ユーザーが自分のタイミングで情報を収集できるか。

 

コンテンツを作成する段階で、上記内容を理解した上で作業に着手すればスムーズに進みます。

その3 ユーザー層にマッチしたコンテンツに分類する。

次のポイントは、ユーザーと商品・サービス、コンテンツの分類は、マーケティングにとって重要な項目です。ユーザーに対して一方的な情報提供は逆効果であり、ユーザーのターゲットに合致したコンテンツに分類することが最も重要になります。

 

〇一般的な分類項目は?

性別、年齢、居住地、年収等が一般的な分類項目になります。

特殊、専門的な商品・サービスなどは、より詳細に項目を分類することが必要です。

 

〇ユーザーと商品・サービスの関連性は?

商品・サービスがコンテンツ内容と合致しているかどうか、合致していれば商品との関連性は高まります。

 

〇フロ―性、ストック性の性質は?

商品・サービスが発信された時に見ることに価値があるコンテンツはフロ―性が高く、また発信後に見ることに価値があるコンテンツはストック性が高くなります。

まとめ

3つのポイントを基に説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

大切なことは、ユーザー層を明確にし、それにマッチしたコンテンツを準備、分類、作成しユーザーへ最良のコンテンツを提供し続けることがコンテンツマーケティングの効果を発揮することに繋がります。それにより未知数のユーザー(潜在、見込みユーザー)を獲得することができ、売上向上にも繋がって結果として既存ユーザーのリピートにも効果が波及します。

皆さんも3つのポイントを基にコンテンツを作成し、根気強く継続してみて下さい。必ずや成果が生まれてくるでしょう。

関連記事

  1. コンテンツマーケティングで言うコンテンツページとは?

  2. コンテンツマーケティングを実施する上でのPDCAとは?

  3. コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法?

  4. コンテンツマーケティングの即効性について!

  5. コンテンツマーケティングになぜKPIが必要なのか?

  6. 初めてコンテンツマーケティングを導入するには!