コンテンツマーケティングの運用では、コンテンツ(記事)の作成が継続して労務が発生する大変な作業ですが、たた漠然と記事を書いているだけでは、WEBマーケティングとしての効果を最大化することはできません。

今回は、コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)を作成する際に気を付けなければならないポイントを、株式会社セレクト・ワンが推奨している3点に絞って紹介をさせていただきます。

 

ホームページに公開したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?

 

POINT1・・・ターゲットにするユーザー層を明確にしておく。

まず、コンテンツマーケティングを運用していくためには、ユーザー層を明確にしておくことが大切です。

潜在ユーザーと顕在ユーザーを明確にしたうえで、過去に購入していただいた既存ユーザーや、今後の取り引きにつながる可能性がある見込みユーザーまで、すべてのユーザーにおける購買過程を明確にして、購入者側と販売者側の両方の状況を把握しておくことが必要です。

 

【購入者側と販売者側の状況を把握する!】

購入者側:未だ商品やサービスなどの詳しい情報は何も知らない。

販売者側:未知数の潜在ユーザーに対して、自社の商品やサービスに興味を持ってほしい。

購入者側:欲しい商品やサービスに少しの興味がある。

販売者側:潜在ユーザーを顕在ユーザーにしたい。

購入者側:欲しい商品やサービスをインターネットで検索して探し始める。

販売者側:見込みユーザーになりつつある。

購入者側:欲しい商品やサービスを数ある候補の中から選定する。

販売者側:将来のユーザー(新規ユーザー)になりうる可能性がある。

購入者側:数ある候補のなかから選定した商品やサービスを購入する。

販売者側:ユーザー(既存ユーザー)になる。

 

POINT2・・・ユーザー層にマッチしたコンテンツ(記事)を準備する。

ふたつ目のポイントとして、ユーザー層に合わせたコンテンツ(記事)を準備することが大切です。

実際にコンテンツ(記事)を作成する前に準備をして、確認する内容について紹介をさせていただきます。

 

【ユーザーのニーズを意識しているか?】

・ユーザーが欲しがるような商品やサービスのコンテンツ(記事)になっているか。

・商品やサービスに対して、販売者が一方的に説明するコンテンツ(記事)になっていないか。

・ユーザーに対して、売り込みや売り急ぎが強く、販売者目線のコンテンツ(記事)の傾向になっていないか。

 

【コンテンツ(記事)の構成は適切な内容か?】

・ユーザーのニーズを的確にとらえた、コンテンツ(記事)の内容になっているか。

・ユーザーが本当に知りたい詳しい情報が、コンテンツ(記事)のなかに記載されているか。

・ユーザビリティを的確にとらえた内容で、コンテンツ(記事)の構成がされているか。

 

【時期やタイミングは適切か?】

・ユーザーが購入する時期やタイミングを的確にとらえているか。

・ユーザーがスムーズに商品やサービスの情報を収集することができるか。

・ユーザーが自分のタイミングで情報を収集することができるか。

 

コンテンツ(記事)を準備する場合は、ユーザーのニ-ズ、コンテンツ(記事)の構成、時期やタイミングなどを確認したうえで作業に着手すれば、その後のコンテンツ(記事)の作成で戸惑うことがなくスムーズに作業が進行していきます。

 

POINT3・・・ユーザー層にマッチしたコンテンツ(記事)に分類する。

次のポイントとして、ユーザーと商品やサービス、コンテンツ(記事)の分類は、コンテンツマーケティングにとって重要な要素になります。

ユーザーに対して、こちらからの一方的な情報の提供は逆効果になります。

コンテンツマーケティングの運用では、ユーザーのターゲットに合致したコンテンツ(記事)に分類することが必要です。

 

【一般的な分類項目は?】

性別、年齢、居住地、年収、職業、趣味、特技、生活スタイルなどが一般的な分類項目になります。

特殊性があって専門的な商品やサービスは、より詳細に項目を分類することが必要です。

 

【ユーザーと商品やサービスの関連性は?】

商品やサービスがコンテンツ(記事)の内容と合致しているかどうか、合致しているのであれば商品やサービスとの関連性は高まります。

 

【フロ―性、ストック性の性質は?】

商品やサービスが、リリースされた時点で見ることに価値があるコンテンツ(記事)は、フロ―性が高く、また、リリース後やその数年後に見ても変わらない価値があるコンテンツ(記事)は、ストック性が高くなる傾向があります。

 

◇フロー性の高いコンテンツの例

現在、世間で話題になっているトレンドなコンテンツとは!

・Yahoo!などのニュースサイト

・新聞

・週刊誌、月刊誌 など

 

◇ストック性の高いコンテンツの例

時間が経過した場合でも価値が損なわれないコンテンツとは!

・ウィキペディア

・健康に役立つオススメ情報

・料理サイトのレシピ情報 など

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)を作成する際に気を付けなければならないポイントを、株式会社セレクト・ワンが推奨している3点に絞って紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

大切なことは、ユーザー層を明確にして、それにマッチしたコンテンツ(記事)を準備、分類、作成をして、【良質なコンテンツを提供し続けることがコンテンツマーケティングの効果を発揮するために重要なこと】だとおわかりいただけたと思います。

コンテンツマーケティングは、これらを繰り返して運用していくことで、商品やサービスに合致したユーザー(潜在ユーザー、顕在ユーザー、見込みユーザー)を獲得することができ、最終的には既存ユーザーをリピーター化するまで効果が波及していきます。

この記事をご覧になった方は、3つのポイントをもとにコンテンツ(記事)を作成していただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用で実践してみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングがなぜ日本で流行してきたのか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用でオススメしたいプラットフォームとは?

  2. コンテンツマーケティングの運用で上位表示に必要なキーワードを教えてくれ…

  3. コンテンツマーケティングを導入する前にやらなければならないこと!

  4. コンテンツマーケティングの運用にはKPIと同様にKGIの設定が重要!

  5. コンテンツマーケティングの運用で上位表示をさせるための記事の書き方は?…

  6. WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?