コンテンツマーケティングを運用していくうえで、更新、継続をしていかなければならないことは、SEO対策やWEBマーケティングに携わる方であれば十分におわかりのことかと思います。

 

・更新、継続をしなければならないコンテンツや記事を作成することができない。

・専門のマーケティング会社に依頼をすると高額なコストが発生してしまう。

・マーケティングの担当者が退職してしまったので、更新、継続の対応をするスタッフがいない。

・日々の業務が忙しくて更新、継続の作業に時間を割くことができない。

・初めのうちは定期的に更新、継続をしていたが、自社のWEBサイトからの集客効果がわからないので途中でやめてしまった。

・更新、継続をしていくためのタイトルやコンテンツが思いつかず、ネタ自体が枯れてしまった。

 

これらの理由で、更新、継続をしないまま放置状態のWEBサイトを見かけることがよくあります。

今回は、コンテンツマーケティングを運用するうえで重要な更新、継続をすることのメリットについて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用で言われる、良質なコンテンツとは?

 

コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)の更新をしていくことで得られるメリットとは?

ここでは、コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)を頻繁に更新していくことで得られる3つのメリットを紹介させていただきます。

 

1.潜在ユーザーの発掘につながる。

常に新しい鮮度の高いコンテンツ(記事)を定期に提供することで、ユーザーを満足させて今までは発掘することができなかった、潜在ユーザーの発掘につながります。

 

2.潜在ユーザーを顕在ユーザーに変えることにつながる。

ターゲットを明確にしたうえで、ユーザー好みのコンテンツ(記事)を継続し提供していくことで、獲得した潜在ユーザーを顕在ユーザーへ変えることにつながります。

 

3.購買ユーザーやリピートユーザーを増やすことにつながる

直近の話題やトレンドな情報など、競合他社との差別化を図ることで、購買ユーザーやリピートユーザーを増やすことにつながります。

 

【更新の意味を解説します!】

更新とは、常に新しいものに切り替えていくことで、WEBサイトのような分野では、記事やニュース、コラムなどを、常に新しい情報として公開、更新することを指しています。

また、コンテンツマーケティングの運用では、ユーザーに対していつも新しい情報を提供していることとも言えます。

 

コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)の作成を継続していくことで得られるメリットとは?

ここでは、コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)の作成を継続していくことで得られる7つのメリットを紹介させていただきます。

 

1.WEBサイト内にコンテンツ(記事)が蓄積される。

従来のネット広告のようなコストの掛け捨てでは無く、自社のWEBサイト内にコンテンツ(記事)が蓄積されて、近い将来の資産に変えることができます。

 

2.ユーザーからの信頼が生まれる。

その分野に詳しいプロの専門家として、ユーザーからの信頼度が向上します。

 

3.ターゲットにしたユーザーに対してコンテンツ(記事)の拡散ができる。

ターゲットにしたユーザーにとって、有意義なコンテンツ(記事)を広く拡散できます。

 

4.幅広く多数のユーザーを対象にできる。

地域の制限や年齢の制限が無く、幅広いユーザーを対象にアプローチすることができます。

 

5.ターゲットユーザーを対象にできる。

ターゲットにしたユーザーに対して、正確にアプローチすることができます。

 

6.Google検索エンジンからの評価が高まる。

Google検索エンジンからの評価が高まることで、検索結果の順位で上位に表示されやすくなります。

 

7.WEBサイトのセッション数やページビュービュー数が増える。

検索結果の順位で上位に表示されることで、WEBサイトのセッション数やページビュー数が増えて、パンフレットやカタログ請求、お問い合わせなどのコンバージョンにつながります。

 

【継続の意味を解説します!】

継続とは、以前からのものを続けて行うことの意味で、IT業界のような分野では、システムの継続性、迅速な問題解決に向けた仕組みを指しています。

また、コンテンツマーケティングの運用では、コンテンツ(記事)の更新を継続していくこととも言えます。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングを運用するうえで重要な更新、継続をすることのメリットについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)の更新、継続は、時間や労務、コストが伴うどれも大変な作業と言えます。

しかし、コンテンツ(記事)の更新、継続を繰り返し実践していくことで、多くのメリットが得られることもおわかりいただけたと思います。

コンテンツマーケティングを導入した当初は、専門のマーケティング会社へ依頼するのもひとつの選択肢ですし、社内の体制が整ってきたら自社のスタッフに切り替えて運用していくこともひとつのやり方です。

それぞれのお客様の状況に合った、無理のない運用の体制を構築しながら、コンテンツ(記事)の更新、継続をしていくことが、株式会社セレクト・ワンが推奨しているやり方です。

この記事をご覧になった方は、コンテンツマーケティングを運用するうえで重要な更新、継続のメリットを理解したうえで、今後の取り組みのなかでお役立てください。

 

コンテンツマーケティングの即効性について!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用にはKPIと同様にKGIの設定が重要!

  2. コンテンツマーケティングの運用で効果を出せるタイトルの付け方とは?

  3. ECサイトにコンテンツマーケティングを活用するためには?

  4. ホームページに公開したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?

  5. コンテンツマーケティングで重要な重複、類似コンテンツのチェックツールに…

  6. コンテンツマーケティングの運用に適している企業やサービスについて!