オススメ情報

コンテンツマーケティングで上位表示をねらう記事の書き方とは?

コンテンツマーケティングで上位表示をねらう記事の書き方とは?

検索順位を上げるためには、良質なコンテンツ(記事)の作り込みを行って、ユーザーを満足させることが必要だと言われていますが、その施策をするだけで上位表示が可能なのでしょうか?

弊社の顧客の中には、長年ビジネスコラムを書き続けている企業の方で、上位表示に成功していない事例やWEB集客がうまくいっていないケースも数多く見られます。

コンテンツマーケティングは、一般的なコンテンツを作成して、ユーザーが喜ぶ情報を提供しても、検索順位を上げることとは別のテーマです。

ここで紹介させていただくことは、ユーザーが望む高品質なコンテンツ(記事)を作成することだけではなく、Google検索エンジンに評価してもらえる上位表示をねらうコンテンツについての解説です。

今回は、コンテンツマーケティングで、SEO対策を考慮したコンテンツの作成方法について紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの効果を上げるタイトルの付け方とは?

 

コンテンツマーケティングはどんな手法か?

コンテンツマーケティングは、ただ書いているビジネスコラムや企業のWEB担当者が運用しているネット広告などとは考え方や手法が違います。

コンテンツマーケティングの運用では、関連するキーワードやタグの情報、共起語などコンテンツSEOの要素を盛り込んで、検索キーワードに適した、誰にでもわかるような見やすい文章を書くことが必要です。

また、記事自体がユーザーを満足させるコンテンツであったとしても、検索キーワードに適していなければ、コンテンツマーケティングとして効果を発揮することはできません。

検索キーワードに対する答えをわかりやすく、ユーザーとGoogle検索エンジンが満足する形でコンテンツ(記事)を提供していくことが、コンテンツマーケティングの本質と言えます。

 

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

 

プロのライターに依頼した場合にSEOの効果はあるのか?

企業のWEB担当者がプロのライターに記事を依頼して、納品されたコンテンツの内容に満足していたにも関わらず、検索結果では上位に表示されないということも耳にします。

ここでは、編集者やライターの方達の能力やスキルを否定している訳ではありません。

プロのライターは、ライティングをすることに関しては専門家と言えますが、コンテンツマーケティングやSEOについては専門家でないため、検索順位を上げるための知識やノウハウは持っていません。

検索キーワードに適した文章で、人が読んでわかりやすい人気の記事であったとしても、Google検索エンジンから評価されないコンテンツ(記事)では、ねらうキーワードの検索順位を上げることはできないということです。

ここからは、株式会社セレクト・ワンが推奨している「コンテンツマーケティングで上位表示をねらう記事の書き方」について紹介させていただきます。

 

コンテンツマーケティングは専門の企業へ依頼するべきか?

 

上位表示に強いコンテンツ(記事)を作成する方法

 

1.Googleキーワードプランナーなどのツールを使って、対象になるキーワード候補を抽出して、コンテンツSEOで軸になるメインキーワードの選定をする。

 

2.そのキーワードの現時点での検索結果で、10位以内(1ページ内)に上がっている競合サイトの分析をして、コンテンツの内容やタグの情報など上位表示に必要な要素を確認する。

※競合サイトの内容を確認することは、コンテンツマーケティングで必要なことですが、重複コンテンツやコピペの対象になるような、コンテンツの転載をすることは絶対にやってはいけません。

 

3.作り込みをするコンテンツの構想を練りながら、軸になるキーワードに関連するキーワード(ミドル、スモールなどのテールキーワード)も併せて選定する。

 

4.記事のタイトル部分には、必ず軸になるメインキーワードを盛り込んで書く。

 

5.h2,h3タグ部分は、共起語を活用して見出しをわかりやすく書く。

 

6.ユーザーの立場になって、知りたい情報や興味がありそうな内容を盛り込んでわかりやすく書く。

 

7.軸になるメインキーワードや関連するキーワード(ミドル、スモールなどのテールキーワード)も出現するように配慮しながら書き進める。

 

8.文字数は、最低でも2,000文字以上の内容でユーザーが十分に満足するかを考慮する。

※競合サイトが強い場合やビックキーワードを選定している場合には、3,000文字以上が必要になる場合もあります。

 

9.文字数の意識と合わせて、実際に検索をする人がどのキーワードを使って何を求めているのかを考えながら書き進める。

 

10.タイトルタグやh1、h2、h3など良質なコンテンツの中身をGoogle検索エンジンに優しいコードで伝えるように書く。

 

11.これまで書いてきた内容がキーワードに対して明確な関連性があるか、広告のような売り込みになっていないか、の最終確認をして全体の修正を行う。

 

12.書き終わったコンテンツの内容に対して、コピペチェックツールなどを使って類似や重複が無いか、オリジナル性を確認する。

 

コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントとは?

 

公開したコンテンツが上位表示されない場合には?

前項の手順に沿ってコンテンツ(記事)を作成しても、上位表示が達成されない場合があります。

コンテンツマーケティングを運用する際には、このような問題は頻繁に起こりますが、解決法について知らない方も多いようです。

ここでは、公開したコンテンツが上位表示されない場合の解決法について紹介させていただきます。

ポイントは、現時点で上位表示ができている競合サイトの分析、調査をすることにあります。

上位表示されている競合サイトのコンテンツは、Google検索エンジンからもユーザーからも評価を受けているからその順位をキープしています。

自社サイトに不足している内容を知るには、十分な情報や要因があると仮定して、競合サイトの優れた点を吸収しながらコンテンツを見直していきましょう。

 

 

競合サイトの分析、調査項目

タイトルの確認

軸になるキーワードとコンテンツ(記事)の内容はマッチしているか?

文字数はどのくらいあるか?

魅力的で訴求力が強い内容か?

 

目次の確認

関連キーワードや共起語と目次の内容はマッチしているか?

魅力的で訴求力が強い内容か?

 

コンテンツの確認

ユーザーが興味を引くような内容か?

記事の内容はEATを考慮しているか?

記事の独自性は確保されているか?

検索キーワードが反映された内容か?

誰が見てもわかりやすい構成か?

 

画像の確認

コンテンツ(記事)との関連性はあるか?

目次との関連性はあるか?

 

キーワードの確認

現在、獲得しているキーワードはどのようなものか?

 

検索順位の確認

そのキーワードの検索順位は何位に表示されているか?

 

流入数の確認

検索キーワードの流入数はどのくらいあるか?

 

検索回数の確認

検索キーワードのボリュームはどのくらいあるか?

 

文字数の確認

どのくらいのテキストボリュームがあるか?

 

関連キーワードや共起語の確認

出現回数や出現頻度はどのくらいあるか?

 

競合サイトのコンテンツ(記事)はなぜ上位表示が達成できているのか、自社サイトとの違いはどこにあるのか、これらの問題を把握してリライトを繰り返すことで、コンテンツの質が向上して上位表示が実現されます。

 

コンテンツマーケティングの戦略は?

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングで、SEO対策を考慮するコンテンツ(記事)の作成方法について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングの基本は、ユーザーが満足するオリジナルなコンテンツを提供することも大切ですが、Google検索エンジンから評価を受けることで、そのサイトが上位に表示されることも重要です。

この記事をご覧になった方は、株式会社セレクト・ワンも実践しているオススメの方法を参考にしていただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用でお役立てください。

 

コンテンツマーケティングを導入するにはどうすれば良いのか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。