コンテンツマーケティングの運用で効果を上げて、目標を達成するために欠かせないKPI(ゴールまでの中間指標)については、以前の記事のなかで紹介をさせていただきました。

それでは、KPIの設定と同様にKGIによる目標設定も重要なことは、皆さんはご存知でしょうか。

コンテンツマーケティングを運用して、目標を達成するうえでKGIの設定は欠かせない重要な要素です。

今回は、コンテンツマーケティングの運用には、なぜKGIの設定が必要なのか?について紹介をさせていただきます。

 

KGIとはどのようなものか?また、KGIの必要性についてご紹介します。

KGIとは、(Key Goal Indicator)の略称のことで、日本語では【重要目標達成指標】の意味です。

もう少し、KGIを詳しく説明させていただくと、企業が戦略的な目標を掲げて、その目標を定量的に評価するための【重要目標達成指標】のことで、目標が達成されているかを推し量るのがKGIと言えます。

KGIは、コンテンツマーケティングの目標(売上)や目的を計画して、その達成度合いを量るために設定を行います。

KGIの数値が、当初に計画した数値と合致していれば、コンテンツマーケティングの目標(売上)が達成されたと判断します。

また、目標(売上)を設定する際は、過去の数値と比較対照をして、購買数や成約数、売上高や利益率などの設定を行います。

コンテンツマーケティングを運用するうえで、最終目標(売上)を達成するためには、このKGIの設定こそが必要不可欠と言えます。

 

【KGIとKPIの違いは?】

KGIは、ビジネスのゴールである最終目標(売上)を定量的に示した指標そのものであり、これに対しKPIは、KGI達成までの各過程を評価する中間指標であることが違いです。

KPIは、【過程】に対し、KGIは、あくまでも【結果】の指標となっています。

 

コンテンツマーケティングの運用には、なぜKPIの設定が必要なのか?

 

コンテンツマーケティングの運用では必見!KGIの活用とメリットについて

ここでは、コンテンツマーケティングの運用に必要な、KGIの活用とそのメリットについて紹介をさせていただきます。

コンテンツマーケティングを運用するうえで、良質なコンテンツを作成して、頻度よく定期に更新しているだけでは、目標(売上)を達成することはできません。

KGIの活用では、過去の数値をもとに的確で現実的な最終目標(売上)を立てて、定めた目標の数値を達成していくことが求められます。

 

【KGIを活用した例】

・商品やサービスを検討しているユーザーからのお問い合わせ件数が、前年対比で〇〇件増加

・商品やサービスを知ったユーザーからの資料請求件数が、前年対比で〇〇件増加

・商品やサービスを気に入ったユーザーからの予約件数が、前年対比で〇〇件増加

・コンテンツマーケティングを導入した後のお問い合わせ件数が、前年対比で〇〇パーセント増加

・コンテンツマーケティングを導入した後の売上、利益が、前年対比で〇〇パーセント増加

 

【KGIを設定した例】

・前年度 上期の売上は5,000万円 下期の売上は5,000万円 全期トータルで1億円

・今年度 最終の売上目標を全期トータルで30%増と仮定した場合

 

過去や前年度の購買数、成約数や売上高、利益率などの数値、現状の市場動向、取引先の現状況、新規開拓の見込みなど、様々な要素を踏まえて明確な数値を算出します。

一般的な目標数値の目安としては、10%増から30%増が妥当な予算になります。

 

◇売上予測の数値◇

・+10%・・・・・売上 1億1,000万円 全期トータル

・+15%・・・・・売上 1億1,500万円 全期トータル

・+20%・・・・・売上 1億2,000万円 全期トータル

・+25%・・・・・売上 1億2,500万円 全期トータル

・+30%・・・・・売上 1億3,000万円 全期トータル(売上目標)

 

KGIは、一つひとつの商品やサービス、個々のレベルで考えるのではなく、企業全体の戦略的な目標(売上)設定です。

上記のように、前期の売上高がインターネットメディア事業の部門で1億とした場合に、今期は1.3億まで伸ばしていきたい、という目標を掲げます。このことが、KGIを設定することになります。

 

【KGI活用のポイント】

・的確で現実的な最終目標(売上)の設定が必須になる。

・過去の総合的な数値を比較対照して、適正な目標数値を算出する。

・KPIの過程において、常時PDCAを活用して改善点を探し出す。

・KPIの経過を常時数値化して、過程ごとに把握する。

・KPIの数値を常時見直すことで、最終目標(売上)の達成に近づける。

 

【KGIのメリット】

・目標数値(売上)に対して、購買数や成約数の明確化が図れる。

・目標達成(売上)の意識が高まり、スタッフのモチベーションが上がる。

・上記によって、プロジェクトや部署間のモチベーションが高まる。

・プロジェクトやスタッフ、部署間の意思の統一がされる。

・作成したコンテンツに対して、課題を見つけることができる。

・評価の基準を統一できることで、結果に対して公平な判断ができる。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの運用には、なぜKGIの設定が必要なのか?について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

KGIは、KPIと同様にコンテンツマーケティングで目標(売上)を達成するためには欠かせない重要な要素のひとつです。

KGIは、商品やサービスの単純な売上レベルだけで考えるものではなく、企業全体の戦略的な目標(売上)設定を掲げます。

そして、PDCAサイクルをまわしながら、個々の過程での問題点を洗い出して、改善を繰り返すことで目標(売上)を達成します。

これからコンテンツマーケティングの導入を検討している方、既に運用をしているけどうまくいっていない方など、もう一度KGIの確認をして目標設定を見直してみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングを運用する場合に活用したいPDCAとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)を作成する際のポイ…

  2. コンテンツマーケティングの運用で言われる、良質なコンテンツとは?

  3. コンテンツマーケティングの運用で効果を上げるためのポイントとは?

  4. コンテンツマーケティングがなぜ日本で流行してきたのか?

  5. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  6. コンテンツマーケティングの運用で効果を出せるタイトルの付け方とは?