オススメ情報

コンテンツマーケティングは自社で運用するべきか?

コンテンツマーケティングは自社で運用するべきか?

コンテンツマーケティングは、新しいWEBマーケティングの手法として、近年になって日本国内でも注目を集めてきました。

しかし、コンテンツSEOの専門知識やWEB広告のノウハウが無い初心者の方が運用していくには様々な課題があるようです。

前回の記事では、コンテンツマーケティングは専門の企業へ依頼するべきか?について紹介をさせていただきました。

今回は、反対にコンテンツマーケティングを自社で運用する場合のメリットとデメリットについて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングを失敗させない5つのポイントとは?

 

専門の企業に依頼せず、自社で運用する場合のメリット

 

ここでは、弊社の事例から考えるコンテンツマーケティングを専門の企業に依頼せず、自社で運用する場合のメリットを紹介させていただきます。

 

1.専門のマーケティング会社へ支払う外部委託費用(外注費のコスト)が発生しない。

自社で運用する最大のメリットがマーケティングの費用が掛らないということです。

発信したい情報に対する知識とライティングのスキルがあれば、自社や個人のやる気だけでマーケティング活動が成立します。

 

2.専門のマーケティング会社と記事やコンテンツの企画、添削、修正などでやり取りをする必要がない。

記事案や実際の記事の添削など、こちらが思った通りの内容に仕上がっていない場合には、複数回の差し戻しが発生します。

それらのやり取りが無いだけでも十分な労務と工数の削減になります。

 

3.自社内のスタッフ同士で、お互いのコミュニケーションや情報の共有が図れる。

自社が提供する商品やサービスの認知度や理解度が向上して、本業の業務でもその経験を生かすことができます。

 

4.自社内のスタッフ同士で、お互いの記事内容を確認して簡単(迅速)に修正することができる。

リーダーが編集からアップロードの権限まで持っていれば、リライトしたものを直ぐに本番反映することができます。

専門の企業に依頼した場合は、思いついたら「直ぐに」というわけにはいきません。

 

5.自社内で継続してライティングをしていくことで、スタッフ各自の記事やコンテンツの作成スキルが向上する。

スタッフのスキルが向上したことによって、将来的に専門の業者に依頼をしなくても、全ての業務を自社でクローズできるようになります。

 

6.運用に関わる様々な情報を共有することで、スタッフ各自のマーケティングスキルが向上する。

個人のスキルが向上したことで、足の速いITやWEB業界の中で競合他社との差別化が図れて優位性を保てます。

 

コンテンツマーケティングに必要なマーケターとは?

 

専門の企業に頼らないで、自社で運用する場合のデメリット

次は、メリットの逆でコンテンツマーケティングを専門の企業に頼らないで、自社で運用する場合のデメリットについて紹介させていただきます。

 

1.ユーザーが興味を引くようなクオリティの高い記事のライティングは、社内に専任のスタッフが必要になる。

ユーザーにとって有益なE-A-Tを考慮した専門性、信頼性、権威性が高い記事を執筆する場合は、ライティングの難易度が高く通常業務との掛け持ちが難しくなります。

特にYMYLのジャンルに該当するような企業の方は、専任でスタッフを確保することが必要です。

 

2.社内に専任のスタッフを置かない場合は、記事やコンテンツを作成する労務の負担が増えて通常の業務に支障が出てくる。

ライティングに注力し過ぎることで、本来の業務が滞ってしまったり、過度の残業をすることになってしまったり、と何かとスタッフにしわ寄せが出てきます。

 

3.沢山の記事や文字数のライティングやコンテンツの作成に対応ができない。

1記事あたり○○文字、ひと月あたり○○本などの目標や制限をつけることで、ライティングの難易度が更に高まります。

また、執筆するのが難しいテーマを選択する場合は、インプットや情報収集にも時間が掛かり素人ではライティングができないことも出てきます。

 

4.SEO対策の要素やノウハウを取り入れた、検索結果の上位表示に向けた記事やコンテンツの作成ができない。

共起語や関連キーワードの抽出、競合サイトの上位記事の把握など、SEO対策を意識したライティングは一般の方に解らないことが数多くあります。

SEOやコンテンツマーケティングそのもののノウハウを取得して、コンテンツSEOの理解を深めることが必要です。

 

5.ユーザーが興味を抱く記事やテーマの選定に限界がでてくる。(同じような記事が増えてネタ枯れがおきる。)

コンテンツマーケティングを継続する弊害として、どこかの時点でネタ枯れがおきて頭打ちの状況が起こります。

重複コンテンツや類似コンテンツにならない様にチェックツールを活用しながら競合サイトの分析を行って、幅広く情報収集に努めなければなりません。

 

6.継続して記事をライティングできないことで、コンテンツマーケティングの効果を発揮できず運用に行き詰まる。

確固たる収益を得る前に、運営スタッフの心が折れて挫折することがあります。

KPIKGIの設定を行って、PDCAサイクルを廻しながら粘り強く運用することが重要です。

 

7.ユーザーが興味を引くクオリティの高い記事は、スタッフ各自のスキルやライティングによってバラツキが出る。

ライティング業務を当番制で運用する場合に、スタッフ間でスキルの差が判明してしまいます。

スキルの低いスタッフのフォローをしながら、全体の底上げをしていく必要があります。

 

8.SEO対策の最新トレンド情報やWEB広告の流行している情報など、業界の動向を把握することができない。

自社で運用する弊害のひとつに、情報不足に陥りやすいといった最大のデメリットがあります。

E-A-TやYMYLなど、Googleから新しい評価基準ができた場合の情報やアルゴリズムの変動、アップデートの内容を知ることができなくなります。

その場合は、専門の企業が開催するセミナーや講習会に参加をして、常に新鮮な情報が入るスキームを構築する必要があります。

 

コンテンツマーケティングの効率的なネタ探しの方法とは?

 

自社で運用する場合に抑えておきたいポイント!

 

ここでは、コンテンツマーケティングを自社で運用する場合に、抑えておきたいポイントについて紹介させていただきます。

 

1.コンテンツマーケティングのセミナーや講習会等を利用して最新の情報を収集する。

2.コンテンツマーケティング専門の企業が運営するサイトから最新の情報やノウハウを収集する。

3.コンテンツマーケティングを実際に運用している、顧客のサイトから情報を収集する。

4.コンテンツマーケティングの導入事例や顧客の声を中心に情報やノウハウを収集する。

5.オウンドメディアインバウンドマーケティングデジタルマーケティング、WEB広告の手法など、コンテンツマーケティングに関連のある書籍を収集する。

6.コンテンツマーケティングで必要になる、共起語や関連キーワード、最適な文字数を教えてくれる専用のサイトを活用する。

 

コンテンツマーケティングに必要な共起語の存在とは?

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングを自社で運用する場合のメリットとデメリットについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングは、コンテンツSEOの専門知識やライティングのノウハウが必要になりますので、初心者の方が単純にブログを書くような感覚で取り組むのとは趣旨が違います。

また、コンテンツマーケティングで、記事やコンテンツを継続し作成していくためには、多くの労務と時間が発生することで、日常の業務にまで支障をきたすことも出てきます。

そこで、株式会社セレクト・ワンが多くの顧客に提案している、無理のない運用の方法を紹介させていただきます。

 

コンテンツマーケティングを成功に導く始め方とは?

 

自社で対応する無理のない運用方法

コンテンツマーケティングの初期段階として、導入開始からの1年間は、弊社のような専門の企業を活用して、自社内に記事やコンテンツ作成のスキルやノウハウを溜めていきます。

1年の間で、自社で対応していけるノウハウや体制が構築できていれば、その後は専門のマーケティング企業に依頼をするのではなく、自社で運用していくことに切り替えていくのがオススメの方法です。

この記事をご覧になった方は、今後のマーケティング活動の参考にしていただいて、双方のメリットやデメリットを理解したうえで、コンテンツマーケティングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

WEBサイトのコンテンツを多くのユーザーに閲覧してもらうには?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。