SEO業者は「どこの会社も同じように見えて違いがよくわからない。」というユーザーからの声を耳にします。

また、インターネットで調べても「前の業者は成果を出せなかった。」「こんな会社に依頼をして失敗した。」「何となくうまくいかなそうだから、やっぱりSEOはやめておこう。」など、一部の会社に対するネガティブな書き込みも散見されます。

 

SEO対策は、お客様ご自身のビジョンや方向性を明確にしないで、業者の選定を誤ることで失敗につながることがよくあります。

今回は、SEO業者の選定の際におさえておきたいポイントについて紹介をさせていただきます。

 

SEO対策に失敗する会社の原因や傾向とは?

 

SEO業者との打ち合わせでヒヤリングする内容

SEO業者を選定する場合には、どのような内容を質問すれば良いのか、お客様が打ち合わせで確認しておかなければならない項目を挙げさせていただきます。

 

・業種、地域など、他社で成功したキーワード(ビック、ミドル、スモール)の実績を提示してもらう。

・専門の会社として、過去にどのくらいの期間で、どのくらいの実績があるかを聞かせてもらう。

・SEO対策をした後の結果と、期間、成果を測定する方法について聞かせてもらう。

・成功事例(現在の対応している案件)をWEBサイトの検索順位で実際に確認をさせてもらう。

・最新のSEO対策の技術や知識と最重要の施策項目になる修正個所について聞かせてもらう。

・コンテンツを作成した事例や外部リンクの専用サイトについて実際に確認をさせてもらう。

・WEBサイトへの変更箇所をどのように施策したのか、具体例について聞かせてもらう。

・業者自体のWEBサイトが、どのようなキーワードで上位に表示されているかを聞かせてもらう。

・Google検索エンジンのウェブマスター向けガイドラインに従って施策しているかを聞かせてもらう。

・定期に報告してくれる検索順位のレポートやアナリティクスレポート、外部リンクレポートの内容について見せてもらう。

 

気を付けなければいけないSEO業者

次に、SEO業者との打ち合わせでヒヤリングした内容をもとに、実際の選定作業に取り掛かります。

打ち合わせをしていく中で、下記の項目でひとつでも該当した業者は、気を付けなければいけない会社と言えます。

 

・SEO業界ならではの専門用語や難しい業界用語を多用しながら説明をしてくる。

・選定したキーワードの検索順位が必ず上位に表示されると保証をしている。

・過去の情報や実績を開示して説明をしてくれない。

・担当営業やコンサルタントの知識が乏しく、スキルレベルが低い。

・最新のSEO対策について知識が無く、詳しい説明をすることが出来ない。

・SEOやネット広告、WEBマーケティング以外の他のサービスをメインに提供している。

・根拠はないが何となく、業者のSEOコンサルタントと相性が良くないと感じる。

 

SEO業者によって契約形態が複数ある

SEO業者によっては、サービス提供の契約形態が複数あることもあらかじめ知っておかなければなりません。

弊社では、お客様のご予算や社内体制、目標達成の時期などと併せて契約形態を決めることを推奨しています。

 

・コンサルティング型

・月額固定型

・成果(成功)報酬型 ※20位以内、10位以内、5位以内など

・作業代行型

 

検索順位を上げた実績は豊富にあるか?

SEOは、企業のサポート体制や業者の事業規模ではなく、最終的には過去の実績がすべてです。

実際に依頼をする前に、検索順位を上げたサイトの実績を複数見せてもらうことで、おおよその判断材料になります。

過去の実績の中から、お客様が納得できる結果が見られる業者は、本当に依頼すべき会社と言えます。

 

SEOを専門のサービスとして提供しているか?

SEOは、日々のGoogle検索エンジンの目まぐるしいアップデートによって、日進月歩のスキルやノウハウが必要になります。

サイト制作を本業とした、デザインに強い制作会社や営業に特化した販売代理店を否定しませんが、一昔前の技術や知見は直近のアルゴリズムにほとんど通用しません。

最新のノウハウを持ったSEOを本業のサービスとしている専門の業者は、依頼すべき会社と言えます。

 

自分と担当者の相性は良いか?

最後はテクニカルな内容とは別に、お客様と担当者(SEOコンサルタント)の相性についても業者の選定では重要な要素です。

お客様の期待値を調整しながら「顧客から求められるもの」に誠実に対応して、信頼関係を構築することが何よりも重要ではないでしょうか。

ユーザーから見て「安心して任せられる」と気持ちの部分で感じたコンサルタントがいるSEO業者は、依頼すべき会社と言えます。

 

おわりに

今回は、SEO業者の選定の際におさえておきたいポイントについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

その中でも、株式会社セレクト・ワンが考える、特におさえておきたい重要なポイントは後半の4,5,6の3つです。

 

POINT1:SEO業者との打ち合わせでヒヤリングする内容

POINT2:気を付けなければいけないSEO業者

POINT3:SEO業者によって契約形態が複数ある

POINT4:検索順位を上げた実績は豊富にあるか?

POINT5:SEOを専門のサービスとして提供しているか?

POINT6:自分と担当者の相性は良いか?

 

これら4,5,6を自社の状況にあてはめて事前に確認しておくことで、スムーズにSEO業者の選定ができることでしょう。

また、変化の速いSEOは、お客様に時間と気持ちに余力があれば、ご自身も最新の業界情報を収集して、正しい知識を身に着けておくことも必要です。

 

SEOは、WEBサイトの検索順位を上げるために大切な施策ですが、業者にすべてを丸投げでまかせきりの状態では、自社内のノウハウも蓄積できませんし、ビジョンを明確にして運用しなければ失敗につながっていきます。

この記事をご覧になった方は、今後の参考にしていただいて、成果の出せるSEO対策につなげてみてはいかがでしょうか。

 

SEO対策の費用相場ってあるの?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. お問い合わせフォームからユーザーの離脱を防ぐEFO対策とは?

  2. 【お客様の声】はSEO対策に有効なコンテンツか?

  3. SEO対策をしていたのに突然順位が下がってしまった・・・原因は?

  4. SEO対策をした後に効果が現れるまでの時間(期間)とは?

  5. 最新のSEO内部施策について(3)

  6. 2018年の最後に知っておきたいSEO対策とは?