SEO対策をするなかで、WEBの担当者やマーケティングに携わる方であれば【ロングテールSEO】という言葉について、聞くことは多いのではないでしょうか。

ロングテールSEOとは、ロングテールキーワードで検索するユーザーの意図を理解して、検索数は少ないけど、質の高いアクセスが集まるキーワードを幅広く施策するSEOのことです。

ロングテールSEOは、多くのセッション数やページビュー数、コンバージョン数の獲得ができて、安定的な検索順位が確保できるSEO対策とも言えるでしょう。

 

もう少し簡単に説明すると、【ニッチで競合の少ないキーワードでSEO対策をすること】と言えば、一般の方にもわかりやすいでしょうか。

SEOに詳しくない方が考えることは、検索の数も多く有名なビッグキーワードを対象にしやすい傾向です。

しかし、ビッグキーワードは、狙ったキーワードが上位表示された場合には、集客や流入の効果も絶大ですが、そこにたどり着くまでの道のりは厳しいものがあります。

 

SEO対策におけるペンギンアップデートとは?

 

ビッグキーワードのSEO対策が厳しいと言われる理由とは?

ビックキーワードは、上位に表示されるまでの時間(期間)が掛かることやSEO業者に外注した場合のコストが高いことなど、SEO対策をするうえで厳しい理由はたくさんあります。また、一番のリスクになるのは下記の4,5,6の3項目のところです。

特に、ビックキーワードのみが上位に表示されている状態というのは、そのキーワードに予測不能なことが起きた時には、順位が下がって集客することができなくなってしまうということを意味しています。

 

SEOの知識が浅い方は、とにかくビッグキーワードを選定の対象にしがちで、その他のミドルやスモールキーワードをおろそかにしてしまいます。

Google検索エンジンのアルゴリズムが変更しアップデートされるといった、こちらではどうしようもできない外的要因に対して、ビッグキーワードだけを対象にしている状態というのは、WEBマーケティングの観点からは、リスクが高く望ましいSEO対策とは言えない状況です。

 

【ビッグキーワードはSEOの難易度が高い】

1.検索順位が上昇するまでの時間(期間)が大幅に掛かる。

2.サイト自体の構成や規模による傾向が強いので、上位に表示される保証はない。

3.SEO業者に外注した場合のコストが割高になる。

4.業種、業界によっては、時期(季節)によりキーワードの検索される需要が減ってアクセス数が少なくなる。

5.Google検索エンジンがアルゴリズムを変更した場合に検索順位が下降するリスクがある。

6.トップページなどひとつのWEBページに依存するので、特定したコンテンツの検索順位だけが下がる可能性がある。

 

アルゴリズムの変動や急なアップデートの変化に強いのはロングテールSEOか?

前項で説明したような、ビッグキーワードが抱えるリスクを回避するには、ロングテールキーワードを選定して安定したアクセス数を獲得するロングテールSEOが効果的です。

ロングテールSEOで狙っていくキーワードは、他のサイトとの競合性が低く、SEO対策の難易度が低いキーワードが対象になるので、短い時間(期間)で上位に表示させることができます。

また、ロングテールキーワードの特徴として、検索するユーザーの目的が明確になっているため、最終的にコンバージョンへつながりやすいのが特徴です。

 

多くのキーワードで検索順位を上げることで、ビックキーワードの検索需要が変わって少なくなったり、アルゴリズムの変更や急なアップデートがあった場合でも、他の多くのキーワードがアクセス数を補う傾向になるため、集客のダウンになるリスクを回避できます。

結果として、ロングテールSEOは、外的要因など急なアルゴリズムの変化にも強く、安定的なアクセス数を獲得できるということで、欠かすことができないSEO対策になります。

一部のビックキーワードからのアクセス数よりも、アクセス数の少ないキーワードを数多く積み重ねた方が全体の検索の数で上回ることも、ロングテールSEOの大きな特徴と言えます。

 

ロングテールSEOのメリットとデメリットとは?

ロングテールSEOを施策する場合は、関連するキーワードにあったコンテンツを新しいWEBページに数多く作成していきます。

それぞれのページごとに、狙ったキーワードを盛り込んでコンテンツを作り続けるため、WEBページの数は増えてサイト全体のボリュームが増加することになります。

ここからは、ロングテールSEOのメリットとデメリットについて、いくつかのポイントを紹介させてもらいます。

 

【ロングテールSEOのメリット】

1.アクセスのほとんどはロングテールキーワードから生まれる。

2.最終的に高いコンバージョン率が出せる。

3.他のサイトと競合になることが少ないので、検索順位を上げやすい。

4.各ページごとの集客になるため、急なアルゴリズムの変化による順位の変動が少ない。

 

【ロングテールSEOのデメリット】

1.長年継続していると似たようなコンテンツが多くなりがちになる。

2.コンテンツを作成するアイデアが続かず、次第に情報のネタ枯れになってくる。

3.ビッグワードでは、検索順位を上げにくい。

4.全体のWEBページの数が多くなるので、サイト内の情報の管理が大変になる。

 

ロングテールSEOの対策方法とは?

STEP1:ユーザーの検索ニーズを分析し、把握する。

Google検索エンジンのキーワードプランナーや無料のキーワードチェックツールを使って、どんなキーワードで検索がされているのか現状を分析し、把握します。

例として「コンテンツマーケティング」で検索すると「コンテンツマーケティングとは」「コンテンツマーケティング 事例」「コンテンツマーケティング 種類」「コンテンツマーケティング SEO違い」といった、コンテンツマーケティングに関連した複数のキーワードで検索されていることがわかります。

株式会社セレクト・ワンでも、その他の候補から「コンテンツマーケティング 導入」のキーワードを対象にして、タイトルと記事内に盛り込んだコンテンツを公開しています。

 

STEP2:狙ったキーワードを盛り込んでコンテンツを作成する。

ロングテールSEOは、対象にしたキーワードを盛り込んでコンテンツを作成していきます。

この施策は、最近になってよく言われる【ユーザーが欲する良質なコンテンツを作成する】作業になります。

コンテンツを作成する時は、titleタグやh1タグなどに、対象にしたキーワードが含まれるように作成していきます。

このあたりの詳細は、以前のオススメ情報のなかで書かせてもらった「コンテンツマーケティングで上位表示をねらう記事の書き方とは?」に詳細が説明してあります。

 

STEP3:とにかく継続の繰り返しをする。

ユーザーの検索ニーズを分析して、良質なコンテンツの作成を繰り返す、この作業をとにかく継続していきます。

コンテンツを作成するときのアイデアは、コンテンツマーケティングを運用していくうえで枯れてくることもありますが、できるだけ多くの情報を収集して、色んなタイトルを付けた関連するテーマで、WEBページを増やしていくことが重要です。

コンテンツを作成しながらWEBページを増やしていくことで、ページのボリュームができて、サイト全体の規模も大きく育っていきます。

結果として、当初に設定したロングテールキーワードで検索順位を上げることができれば、外的要因にも強く安定的なSEO対策につながっていきます。

 

おわりに

今回は、アルゴリズムの変動に強い、ロングテールを狙うSEO対策について説明をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ロングテールSEOで重要なことは、ユーザーにとって読みやすく自然なカタチでコンテンツを増やしていくということです。

対象になるキーワードを詰め込みすぎることで、おかしな文章や構成になっていれば、サイトの離脱率や直帰率は上がって、ユーザーからの反響や支持も得られません。

 

まずは、ユーザーの立場を考えながら、Google検索エンジンからも評価を得られるように心がけて運用していくことが必要です。

ロングテールSEOは、自社のサイトに対して、継続且つ安定的にアクセスを集めて効果が出せるオススメの手法です。

このページをご覧になった方は、大きな費用を掛けなくてもすぐに始めることができる、ロングテールSEOに取り組んで見てはいかがでしょうか。

 

SEOでの検索意図は悩みの明確化と先読みが重要

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. SEO業者の選定でおさえておきたいポイントとは?

  2. SEO対策をした後に得られるメリットやデメリットについて!

  3. SEO対策をしていたのに突然順位が下がってしまった・・・原因は?

  4. SEO対策で競合のWEBサイトを分析するチェックツールとは?

  5. SEO対策でキーワードの選定やアクセス解析に必要なツールとは?

  6. SEO対策とリスティング広告の違いとは?