前回の記事は、シリーズ(1)として、コンテンツマーケティングの効果に影響する重複、類似コンテンツについて紹介をさせていただきました。

重複、類似コンテンツの存在は、ユーザーやGoogle検索エンジン、WEBサイト管理者の3者にとって、デメリットしか存在しないことをおわかりいただけたと思います。

今回は、シリーズ(2)として、コンテンツマーケティングの運用で重要な重複、類似コンテンツを、どのような方法でチェックすればいいのか?株式会社セレクト・ワンがオススメするチェックツールを5種類ほど紹介させていただきます。

 

コンテンツマーケティングの効果に影響する重複、類似コンテンツについて!(1)

 

コンテンツマーケティングの運用では必見!重複、類似コンテンツのチェックツールをご紹介します。

ここでは、コンテンツマーケティングの運用で重要な重複、類似コンテンツのチェックツールについて、弊社が厳選した5種類のサービスで、費用、機能、特徴とオススメ度を交えながら紹介をさせていただきます。

※チェックツールのオススメ度については、あくまでも株式会社セレクト・ワン独自の見解です。

 

1.こぴらん

費用

・無料

 

機能

【回数制限】

・チェックできる回数に制限はなし。

 

【文字数制限】

・1回のチェックは25文字以上で、4,000文字以下の制限になる。

 

特徴

・使用する上でソフトのインストール、IDやPASSWORDは必要なく、コピぺすれば簡単に使える。

・文字数の数量、テキストの類似数が表示され、コピペの判定を数値で確認できる。

・Google,Yahoo!の検索結果へのリンクも表示可能になっている。

・オススメ度 B

 

2.Copy Content Detector

費用

・無料

 

機能

【回数制限】

・チェックできる回数に制限はなし。

 

【文字数制限】

・1回のチェックは25文字以上で、4,000文字以下の制限になる。

 

特徴

・面倒な操作は不要で、コピぺすれば簡単に使える。

・ファイルをアップロードすることで、一括解析ができる。

・コピーの可能性のあるページURL、テキスト、文章、キャプチャが表示される。

・CSVアップロード、ダウンロード機能が装備されている。

・オススメ度 A

 

3.Copydetect

費用

【無料と有料の2種類 有料プラン名】

・100ポイント 10万文字まで 月額3,200円

・300ポイント 30万文字まで 月額9,600円

・500ポイント 50万文字まで 月額14,000円

 

機能

【回数制限】

・無料 1日1記事に限る。

・有料 チェックできる回数に制限はなし。

 

【文字数制限】

・無料 1回のチェックは1,000文字までに限る。

・有料 1回のチェックは4,000文字までに限る。

 

特徴

・文章の重複、類似度を一覧表示できる。

・文章の内部まで細かく分析し、リライトの内容も検知できる。

・コピペの箇所が一目でわかる。

・少ない文字数のコピペもソート機能で確認することができる。

・オススメ度 B

 

4.影武者

費用

【無料と有料の2種類 有料プラン名】

・プラン100 1,000文字×100 回/月 月額4,000円

・プラン500 1,000文字×500 回/月 月額15,000円

・プラン2000 1,000文字×2,000 回/月 月額50,000円

 

機能

【回数制限】

・無料 1,000文字/月 10回までに限る

・有料 1,000文字/月 各プランに依る。

 

【文字数制限】

・無料 1,000文字/月 10回までに限る

・有料 1,000文字/月 各プランに依る。

 

特徴

・コピーチェックしたデータ、履歴を保存できる。

・ファイルをアッロードすることで、一括解析が可能。

・解析データをCSVでダウンロードができる。

・オススメ度 C

 

5.コピペリン

費用

・有料 年額 6,000円

 

機能

【回数制限】

・チェックできる回数に制限はなし。

 

【文字数制限】

・1回のチェックでの文字数制限はなし。

 

特徴

・解析したデータファイルをExcelでダウンロードができる。

・コンテンツ同士を比較できる。

・ファイルデータを一括アップロードができる。

・オススメ度 A

 

おわりに

今回は、シリーズ(2)として、コンテンツマーケティングの運用で重要な重複、類似コンテンツを、どのような方法でチェックすればいいのか?株式会社セレクト・ワンがオススメするチェックツールを5種類ほど紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ご紹介させていただいた、すべてのチェックツールは、ユーザビリティも高く機能面でも優れていますが、無料のチェックツールのなかでは、コピペするだけでだれでも簡単に使えるCopy Content Detectorをオススメします。

また、有料のチェックツールのなかでは、料金的にとても安価で機能、特徴面でも充実しているコピペリンをオススメしています。

コンテンツマーケティングを運用していくうえでは、重複、類似コンテンツにならないように細心の注意を払って、ユーザーが欲する良質なコンテンツを作成していくことが求められます。

そして、コンテンツを作成したあと、WEBサイトに公開する前には、必ずチェックツールを活用して重複、類似の確認をすることが必要です。

これからコンテンツマーケティングの導入を検討されている方、すでにコンテンツマーケティングを運用しているけど重複、類似コンテンツのチェックをしていない方は、この記事を参考にしていただいて、今後の自社の取り組みのなかでお役立てください。

 

SEO対策で重要な表示順位のチェックツールについて!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを導入する前にやらなければならないこと!

  2. コンテンツマーケティングに関係する市場規模と今後の課題について!

  3. コンテンツマーケティングの運用で上位表示をさせるための記事の書き方は?…

  4. コンテンツマーケティングの運用でも使える、マーケティング戦略4P,4C…

  5. コンテンツマーケティングの即効性について!

  6. コンテンツマーケティングを運用する上で重要な更新・継続について!