最近の急速なスマートフォンの普及からホームページの制作時は、スマートフォン対応を考慮することが重要となってきました。特にその必要性が高くなったのは【モバイルフレンドリー】の導入でホームページがスマートフォン対応になっているかいないかで、検索結果の表示順位にまで影響を与えることになりました。

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーとは、2015年4月21日に 検索エンジンのGoogle が、全世界で実装した モバイルを基準としたアルゴリズムのことです。もう少し簡単に説明すると、ホームページをスマートフォン対応しているかどうかをGoogleが判定する基準のこと、とも言えます。

これらの要素を踏まえて、ホームページをスマートフォンのように小さい画面で綺麗に見られるようにしたのが【スマートフォン専用サイト】【レスポンシブデザイン】になります。
ここではスマートフォン対応にしなければいけない理由や2つのどちらを選択してホームページを制作した方が良いのかをメリットやデメリットを私なりの見解を示しながら説明したいと思います。

ホームページをスマートフォン対応にしなければいけない理由とは?

・時代背景によるスマートフォンの急速なユーザーへの普及率向上。
・パソコンと比較して画面が小さいので、写真や文字が小さく表示されて見えずらい為。
・パソコン画面の場合は、リンクやバナーなど拡大をしないとクリックがしにくい為。
・従来のパソコンと比べてスマートフォンの表示は、通信速度が遅くページ表示が遅い。

スマートフォン専用サイトのメリットとデメリットとは?

【メリット】
•スマートフォンのみ、パソコンのみと個別に自由な制作をすることができる。
•スマートフォンとパソコンの両方でレイアウトやデザインに融通を利かすことができる。
•ホームページの表示速度を向上することができる。

【デメリット】
•スマートフォンとパソコンが別URLになるので、分散しSEO効果は低くなる。
•スマートフォンとパソコンが両方で別々にコンテンツを用意する必要がある。
•スマートフォンとパソコンがコンテンツで重複や類似になりやすい傾向になる。
•スマートフォンとパソコンがソースコードが違うので、修正や更新作業が負担になる。
•スマートフォンとパソコンが別URLになるので、管理や拡散が不都合になる。
•スマートフォンとパソコンが別サイトになるので、制作費用が約2倍程度掛かる。

レスポンシブデザインのメリットとデメリットとは?

【メリット】
・様々な画面サイズに表示が可能なので、新たに登場するデバイスにも対応できる。
・スマートフォンとパソコンのURLが同一になるのでSEO効果が高くなる。
・スマートフォンとパソコンのコンテンツが同一なので修正や更新作業が1ファイルにできる。
・スマートフォンとパソコンのURLが同一になるのでページのシェアやリンクがし易くなる。
・スマートフォンとパソコンのデザインを統一にできる為、ブランディング効果が高くなる。
・スマートフォンとパソコンが1サイト分として制作出来る為、制作費用の削減が図れる。

【デメリット】
・スマートフォンの表示速度が重くなることがある。
・表示サイズによっては、デザインレイアウトが崩れてしまうことがある。
・CSSのデザインが複雑なので、記述のスキルが必要になる。
・デザインごと、デバイスごとにコンテンツを作る必要性がある。
・デザインごと、デバイスごとに構築の難易度が高くなる。
・古いIEに対応していないので、非表示になることがある。

まとめ

【スマホ専用サイト】【レスポンシブデザイン】の双方にメリットとデメリットがありますが、これからのホームページ制作の主流は、断然にレスポンシブデザインと言われています。

レスポンシブデザインの方がSEO対策や重複コンテンツ解消に有利に働くということや、これまで説明をしてきた様々なメリットもあってGoogleがレスポンシブデザインでのホームページ制作を推奨しています。

Googleがレスポンシブデザインを推奨している理由

スマホ専用サイトが良いか、レスポンシブデザインが良いか、は構築するホームページのデザインや画像、コスト、運用面などお客様の要望によっても変わってきますので、どちらのパターンの制作にも対応できるようにしておくことは必要です。

レスポンシブデザインのメリットやデメリットをよく理解した上でホームページの制作に着手されることをオススメします!

関連記事

  1. ホームページの表示速度の測定・改善方法について!

  2. ホームページ制作会社を選定する時の注意点について!

  3. ホームページの制作時に用意をする素材について(初心者向け)

  4. ホームページ制作後の保守費用の料金相場について!

  5. ホームページを制作して公開するメリットとデメリットは?

  6. ホームページの直帰率の原因・改善方法について!