コンテンツマーケティングを運用するうえで、コンテンツの質や量が重要なことは、これまでの記事のなかでも紹介をさせていただきました。

一方、それとは別に重複、類似コンテンツの存在が、コンテンツマーケティングの効果にまで悪影響を及ぼすことについて、皆さんはご存知でしょうか。

今回は、コンテンツマーケティングの効果に影響する重複、類似コンテンツについて、2回のシリーズで紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用で重要なコンテンツの質と量について!

 

コンテンツマーケティングの運用では必見!重複、類似コンテンツとはどのようなものか?

一般的に重複、類似コンテンツとは、自社または自身が制作した、WEBサイトのタイトルやコンテンツの内容が他社のWEBサイトのコンテンツと似ている状態を指しています。

WEBマーケティングの業界では、このような状態をコピーコンテンツやミラーコンテンツとも呼んでいます。

また、コピペしたものや他社または他人が制作したものを無断で使用している場合も、Google検索エンジンなどから重複、類似コンテンツやコピー、ミラーコンテンツと見なされる場合があります。

重複、類似コンテンツは、コンテンツ内のテキストや画像、写真の引用、語句の並べ替え以上に大幅に転用してしまうと、Google検索エンジンからペナルティを課せられて、検索結果の表示順位から消されてしまうリスクを伴っています。

 

また、自社(自身)で制作したコンテンツの内容の一部分だけを変えて、複数のWEBページを安易に自動生成しているような場合も、重複、類似コンテンツと見なされるケースが出てきます。

私たちは、日常的によく使う文言や語句、言い回しなど、自分でも気がつかないうちに重複して使っていることがあります。

WEBサイトに掲載する場合には、このような重複、類似コンテンツにならないように気をつけて取り組まなければなりません。

 

ここでは、コンテンツマーケティングの効果にまで悪影響を及ぼす、重複、類似コンテンツに該当する事例とデメリットを交えながら説明をさせていただきます。

 

【重複、類似コンテンツに該当するケースについて!】

・タイトル名だけを変えて、コンテンツの内容はそのまま同じ状態である。

タイトル名を少し変更しただけで、コンテンツの中身はほとんど同じ内容をそのまま別のWEBページで引用している。

 

・自社や他社が制作したコンテンツの内容のごく一部分だけを変えている。

部分的に文言や語句、言い回しだけを変えているだけで、ほとんど同じコンテンツの内容をそのまま別のWEBページで引用している。

 

・メーカーから提供されたカタログ、取扱説明書、仕様書をそのまま使用している。

商品やサービスの紹介で、メーカーが使用しているものや支給された資料を同じ内容でそのまま転載している。

 

・他のWEBサイトからの画像や写真を勝手に使用している。

他のWEBサイトの画像や写真を許可も得ず無断で使用して、フリ―画像か著作権がある画像なのかを事前に確認していない。

 

【WEBサイトへ重複、類似コンテンツを掲載するデメリットとは?】

ユーザーから見た場合のデメリット◇

・ユーザーからの信頼を損なう。

別のWEBサイトからの引用や前回見たコンテンツの内容と重複、類似だとわかった時点でユーザーとの信頼関係が崩れる。

 

・次回以降はWEBサイトに訪問してくれない。

ユーザーとの信頼関係が一回でも崩れてしまうと、そのWEBサイトには二度と訪問してくれなくなる。

 

◇Google検索エンジンから見た場合のデメリット◇

・SEO対策を実施しても効果を発揮できない。

重複、類似コンテンツは、Google検索エンジンがまったく評価を与えないため、対策キーワードの検索結果で上位に表示されない。

 

・コンテンツマーケティングの効果を発揮できない。

SEO対策をしたキーワードが上位に表示されないため、WEBサイトへの流入や閲覧、コンバージョンにもつながらず、コンテンツマーケティングを導入した意味がない。

 

◇WEBサイト管理者から見た場合のデメリット◇

・普段使用している文言が重複、類似に該当していると気がついていない。

日常で何気なく使用している文言や語句、言い回しで、意識をせず頻繁に繰り返していることがある。

 

・コンテンツの一部だけを変更して重複、類似に該当していると気がついていない。

部分的に文言や語句、言い回しを少しだけ変えて、自己の勝手な判断で重複、類似にならないと思い込んでいる。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの効果に影響する重複、類似コンテンツについて、2回のシリーズの1回目として紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

日常的に使用している文言や語句、言い回しなどは、自分でも気がつかないうちに使っていたり、コンテンツを部分的に修正して、多くの内容をそのまま引用してしまっていることがあります。

重複、類似コンテンツを、そのままWEBサイトへ掲載するメリットは、なにひとつ存在しませんし、ユーザーやGoogle検索エンジン、WEBサイト管理者の3者から見た場合にもデメリットしかありません。

コンテンツマーケティングを運用していくうえでは、重複、類似コンテンツに該当しないように十分に注意をして、自社(自身)で作り込みをしたオリジナルのコンテンツを掲載していく必要があります。

この記事をご覧になった方は、デメリットだらけの重複、類似コンテンツを作成することなく、今後のコンテンツマーケティングの運用に取り組んで見てください。

次回の記事では、この(1)のシリーズの続きで、重複、類似コンテンツを確認するためのチェックツールをご紹介させていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用に必要なコンテンツページとセリングページについて!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを初めて導入するにはどうすれば良いのか?

  2. コンテンツマーケティングの運用で相性の良いWEBプロモーションとは?

  3. コンテンツマーケティングの運用に必要なコンテンツページとセリングページ…

  4. コンテンツマーケティングの運用には、なぜKPIの設定が必要なのか?

  5. コンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼する場合のメリ…

  6. ホームページに公開したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?