SEO対策は、内部施策と外部施策を実施した後に、どれくらいの期間(時間)で効果が表れてくるのか?という質問が、お客様から聞かれる一番多い内容です。

SEO対策後の効果が表れるまでの期間(時間)は、上位を狙っているキーワードや対象になるWEBサイト、競合になるWEBサイトの状況によっても変わってきますので、一概にはお答えできないのが現実です。

SEO対策の基本は、Google検索エンジンがクローラーを巡回させて、WEBサイトを認識しインデックスがされることによって評価が上がり効果が表れてきます。

今回は、SEO対策後の効果が遅いケースと早いケースの両方で、SEO初心者の方向けに考えられる事例を交えて紹介をさせていただきます。

 

ロングテールSEOはアルゴリズムの変化に強いSEO対策なのか?

 

SEO対策では必見!SEO対策後になかなか検索順位が上がってこないケースをご紹介

まず、SEO対策後になかなか検索順位が上がらないケースについて2つほど事例を紹介します。

 

【間違ったキーワードの選定をしている。】

1番多いケースは、競合の多い(強い)ビッグキーワードを選定して、SEO対策を行っている場合です。

SEO対策は、競合のWEBサイトよりもGoogle検索エンジンに評価されなければ、当然のことですが、検索結果の順位にも反映されてきませんし、そのWEBサイトよりも上位に表示されることもありません。

検索結果の表示順位が、1か月以上経っても100位圏外(10ページ以下)となっている場合は、WEBサイトに対して難易度が高すぎるキーワードを選定していることが考えられます。

特にドメイン年齢が新しいWEBサイトや、サイトボリュームが小さくページ数が少ないWEBサイト、公開して間もないWEBサイトの場合は、ビックキーワード単体の選定ではなく、掛け合わせの複合キーワードを選定して、SEO対策を始めると良いでしょう。

このSEO対策は、以前にも書かせていただきましたが、【ロングテールSEO】というアルゴリズムの変動にも強い施策になりますので、通常のSEO対策の他に取り入れたいオススメの手法と言えます。

また、競合が多い(強い)という意味では、ウィキペディアやまとめサイト、大手のポータルサイト、官公庁などお役所系のWEBサイトが検索結果の表示上位に多く占めている状況もこのケースと言えるでしょう。

 

【Google検索エンジンにインデックスされていない。】

次に多いケースとして考えられるのが、Google検索エンジンのクローラーに巡回してもらえず、WEBサイトがインデックスされていない場合です。

検索結果で表示順位に反映されるまでの期間(時間)は、クローラーがWEBサイトを巡回してくる頻度(回数)が大きく影響しています。

Google検索エンジンのクローラーは、早い時で数日、遅い場合には1か月以上も巡回してこないこともありますので、その場合はこちらからGoogle検索エンジンに対してインデックスの促進を行わなければなりません。

 

【よく使われているインデックスの促進を行う方法を紹介します。】

・WEBサイトの更新や投稿を頻繁に行う。

・Google search console内のURLの検査の機能で、インデックス登録のリクエストを行う。

・Google検索エンジンにXMLサイトマップ送信を行う。

・登録サイト(検索エンジンなど)へPing送信を行う。

・WEBサイト内のリンク構造をシンプルに変更する。

・PubSubHubbub/WebSubを利用する。

 

SEO対策では必見!SEO対策後に早めに検索順位が上がってくるケースをご紹介

これ以降は、SEO対策後に早めに検索順位が上がってくるケースについて2つほど事例を紹介します。

 

【自社の身の丈に合ったキーワードの選定をしている。】

SEO対策で比較的短い期間(時間)で効果が出る場合は、競合性が低く(弱い)いわゆる難易度が低い複合キーワードを選定している場合です。

競合するWEBサイトが少なく、ニッチなジャンルでキーワードの選定が出来ていれば、早い時は最短で数日から1週間程度で上位に表示させることができます。

初めからビックワードを狙って、いたずらに時間が経っていくのを見ているだけでなく、効率的にスモールキーワードやミドルキーワードなどの複合キーワードを選定し、組み合わせてSEO対策ができていれば、上位表示までの期間(時間)を大幅に短縮することができます。

 

【最新のSEO対策に対応ができている。】

次に考えられるのが、直近のアルゴリズムに基づいた内部施策(コンテンツの最適化)や外部施策(良質な被リンクの追加)に対応できているという場合です。

Google検索エンジンのアルゴリズムは、1年間を通しても複数回の大きなアップデートを繰り返していますので、常にその動向を把握して、【最新のSEO対策】に対応できているということも当然のことながら重要な要素です。

 

おわりに

今回は、SEO対策後の効果が遅いケースと早いケースの両方で、SEO初心者の方向けに考えられる事例を交えて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

SEO対策の目的は、WEBサイトを検索結果の順位で上位に表示させることと共に、コンバージョンや売上、利益までを最大化させることです。

SEO対策後、なかなか検索順位が上昇する見込みがない場合は、インデックスの促進など自社で対応できることをすぐに実施して、それでも改善の見込みがない場合は、現在のSEO対策自体を見直す必要があります。

また、背伸びをしてビッグキーワード単体で上位表示を狙っていた場合も、複合キーワードの組み合わせに選定を見直したうえで、新たなSEO対策を導入したり、地道にコンテンツを作成しながらWEBサイト自体の評価を上げていくことも求められます。

SEO対策後で、上位に表示されるまでの期間(時間)は、狙っているキーワードの難易度や対象になるWEBサイト、競合になるWEBサイトの強弱など外部の要因も絡んで不確定要素が多い事項です。

今後のSEO対策は、これらのすべてを理解したうえで、現時点にできる最新のSEO対策に対応する取り組みを行ってください。

 

お客様にとって良いSEO業者とは、どのような会社のことを言うのか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. SEO対策にも影響がある、モバイルファーストインデックスとは?

  2. 最新のSEO内部施策について(3)

  3. SEO対策をする場合に成果を出せるキーワード選定のコツについて!

  4. 最新のSEO内部施策について(2)

  5. SEO対策をした後に得られるメリットやデメリットについて!

  6. SEO対策(コンテンツSEO)とコンテンツマーケティングの関係性や違い…