SEO対策において、検索意図を考えることは非常に重要です。しかし、ユーザーが何を求めていて、どんなコンテンツなら満足してくれるのかは分かりにくいもの。

そこで今回は、検索キーワードから検索意図を読み解く方法を考えます。

 

ページ表示速度とSEOへの影響・対策

 

検索意図とは?

検索意図とは、検索ユーザーが何を知りたくて、どんな悩みを解決したくて、そのキーワードを検索したのかを示す言葉です。

英語ではインテント(intent:意図)とも呼ばれます。検索意図には4つのシチュエーションに分けられ、どこに分類されるかを考えることが大切です。

 

・Know:「知りたい」という意図。大部分の検索はこれ。

・Go:「行きたい」という意図。指名検索とも呼ばれる。

・Do:「行動したい」という意図。KnowよりもCV率が高い。

・Buy:「買いたい」という意図。CVにも近いので要対策。

 

より詳しい説明は、「検索意図の背景を読み解くKnow・Do・Buy・Go」でご覧ください。

検索意図の捉え方

それでは、具体的に検索意図の捉え方について解説していきましょう。ここでは「北海道 7月 気温」という検索キーワードを例に考えていきます。

シンプルに考えれば、上記の疑問(キーワード)の答えは「平均気温は21℃」です。しかし、それだけでは完全に検索意図を満たせているとは言えません。

 

北海道の7月の平均気温を調べる人の多くは、現地民ではないでしょう。つまり、他県から旅行に来る人が一定数いると予想されます。すると、その検索意図は「7月の北海道に行くときは、どんな服装がいいだろうか?」「何を持っていけばいいか?」になります。

このように、キーワードから疑問・悩みを探し、その上でユーザーが何を求めているのかを予測することが、検索意図を考えることにつながります。

 

検索意図の明確化と先読み

SEOコンテンツを作成する際には、前項でご紹介した「検索意図の明確化」が必要です。ここがぼやけていると、どのような内容・テーマにするかがぼやけてしまいます。

一方、検索意図の明確化ができていれば、コンテンツ制作はぐっと楽になります。あとはユーザーが求めている情報・解決策を深掘りし、分かりやすく解説するだけで高品質なページに仕上がります。

悩みの先読みで検索意図をさらに満たす

競合ページがすでに検索意図を満たすコンテンツを提供しているのであれば、オリジナリティを出すためにプラスαを考えなくてはなりません。この際に役立つのが“悩みの先読み”です。

 

たとえば「北海道 7月 気温」キーワードだと、気温や服装・持ち物の案内はマストでしょう。それに加えて、夏季の北海道だからこそ訪れるべきスポットをまとめてみます。また、周辺スポットにあるおすすめのレストランなどもまとめましょう。

こうすることで「7月の北海道を旅行する際、どこに行けばいいだろう?」という悩みを先読みし、その答えを示したことになります。

 

まとめ

検索意図を満たしたページはGoogleに高く評価され、SEOにも良い影響が出るでしょう。高品質なページはユーザーを満足させることで実現します。

そして、ユーザーの満足は適格な検索意図の把握によってもたらされます。SEOコンテンツを制作する際は、上記を覚えておきましょう。

 

SEOに影響するE-A-Tとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. インデックス除外でサイト全体のSEOを向上

  2. SEO対策とは?プロが教える上位表示テクニック【初級編〜上級編】

  3. 内部リンクの最適化でSEO対策を強化

  4. SEO対策とは?その本質と基本的な方法

  5. SEOに効果のある文字数(テキスト量)は?

  6. 検索意図の背景を読み解くKnow・Do・Buy・Go