コンテンツマーケティングの導入を検討する場合に、マーケティングは失敗しないか、継続して運用をしていけるのか、狙った通りの効果を出せるのか、など不安に感じることは多いのではないでしょうか。

今回は、コンテンツマーケティングの運用で失敗しないための5つのポイントについて、株式会社セレクト・ワンの実績と経験をもとに紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用で効果を上げるためのポイントとは?

 

コンテンツマーケティングの運用では必見!失敗しないための5つのポイントをご紹介します。

1.コンテンツマーケティングの目標を設定する。

コンテンツマーケティングを運用するうえでは、明確に目標を設定しなければ失敗につながってしまいます。

どのような目標を設定すれば良いのか?ここでは、具体的な項目を挙げて説明をさせていただきます。

 

・商品やサービスの認知度の向上

自社が提供している商品やサービスの知名度を向上させることで、販売増を目指します。

 

・企業やサービスのイメージ向上

企業やサービスのイメージを向上させることで、ブランディング効果を図ります。

 

・潜在顧客の発掘

潜在顧客の発掘により、新規顧客の獲得を図ります。

 

・顕在顧客の獲得

顕在顧客の獲得により、リピーターの増加を図ります。

 

・売上、利益などの業績向上

潜在顧客から顕在顧客につなげることで、売上、利益などの業績向上を目指します。

 

2.コンテンツマーケティングのターゲットユーザーを設定する。

コンテンツマーケティングを運用するうえでは、ターゲットにするユーザー像を明確に設定することが重要です。

どのようにしてターゲットユーザーを設定すれば良いのか?ここでは、具体的な項目を挙げて説明をさせていただきます。

 

・年齢(年代)

年齢(年代)の違いにより、趣味嗜好が異なり、提供する商品やサービスが変わってきます。

 

・性別(男、女)

こちらも年齢(年代)と同様に、性別(男、女)の違いにより、趣味嗜好が異なり、提供する商品やサービスが変わってきます。

 

・職業

会社経営、自営業、サラリーマン・OL・派遣社員、アルバイト、学生では、生活習慣や時間配分が異なり、パソコン、タブレット、スマートフォンなどの利用端末や使用する場所、時間帯などが変わってきます。

 

3.作成するコンテンツの内容を設定する。

ユーザー目線で、良質なコンテンツを作成しながら、継続して提供していける内容を設定していかなければなりません。

どのようにコンテンツの内容を設定すれば良いのか?ここでは、具体的な項目を挙げて説明をさせていただきます。

 

・ユーザーが探している情報をすぐに提示する。

ユーザーが本当に知りたい情報を迅速に提示することで、ユーザーを逃さないことにつながります。

 

・既存のコンテンツと異なる内容にする。

競合他社のWEBサイトに書かれているような情報や似かよった内容は、コンテンツとして価値がありません。

自社独自のオリジナルコンテンツであり、他社との違いがわかる内容で、一つひとつにコンセプトを持たせることが必要です。

 

・ユーザーが情報を探しやすい構成になっている。

ユーザーがすぐに情報を探せるような構成やデザインの見やすさを考慮し、WEBサイトの構築をしていかなければなりません。

ユーザーから見て使い勝手が良く、視覚的にも見やすいWEBサイトの構築を目指します。

 

・業界用語や専門用語は出来るだけ使用しない。

ユーザー目線を考慮すると、業界用語や専門用語の使用は出来るだけ避けることが必要です。

WEBサイトに掲載されている情報がわかりにくい場合には、ユーザーの再訪問は見込めません。

どんなユーザーが閲覧した場合でもわかりやすく、誰が見ても理解できる内容にします。

 

・ページへの関連するリンクが貼られている。

ユーザー目線を考慮すると、より詳しい情報を提供するために関連リンクを貼ることは重要です。自社のWEBサイト内へのリンクだけでなく、他社のWEBサイトで情報源となるコンテンツがある場合は、そこへのリンクを貼ることも推奨しています。

 

4.コンテンツマーケティングの運用体制を設定する。

質の高いコンテンツを継続的に提供することは簡単なことではありません。

大切なことは、コンテンツマーケティングを自社の通常業務に組み入れて継続性を持たせることです。

コンテンツマーケティングの導入初期の段階は、専門のマーケティング会社へ依頼をして、運用体制を構築しそこからノウハウを学んでいくこともひとつの方法です。

 

・専門のマーケティング会社へ依頼する。

コンテンツマーケティングの導入初期の段階は、専門のマーケティング会社へ依頼をして、ノウハウを学びながら同時に社内の運用体制を整えていきます。

 

・WEB研修やセミナー、講座を利用する。

ノウハウを学んだあとは、WEB研修やセミナー、講座を利用して各自のスキルアップを図り、プロジェクトに携わるスタッフ全員の底上げをします。

 

5.コンテンツマーケティングの成果を設定する。

コンテンツマーケティングは、成果を明確に設定することで、顧客の獲得を図り、売上や利益の増加を目指します。

どのように成果を設定すれば良いのか?ここでは、具体的な項目を挙げて説明をさせていただきます。

 

・PDCAサイクルを利用する。

計画・実行・評価・改善を繰り返し実践しながら、改善策を立案します。

 

・効果測定を利用する。

Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを活用して、データを常時、測定、確認をしながらWEBサイト内部の状況を常に把握しておきます。

 

・改善を迅速に行う。

アクセス解析のデータをもとに、改善しなければならない内容は迅速に対応します。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングを失敗しないための5つのポイントについて、株式会社セレクト・ワンの実績と経験をもとに紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングは、ユーザーが欲する良質なコンテンツさえ作成することができれば、そのことが戦略的なマーケティング活動となって、自社の売上や利益の向上につながる、やりがいのあるWEBマーケティングと言えます。

また、コンテンツマーケティングを運用していくうえでは、5つのポイントのどれもが、常に意識をしておかなければならない重要な内容ですので、この機会に確認することをオススメします。

コンテンツマーケティングの導入を検討されている方は、この記事を参考にしていただいて自社のマーケティング活動の取り組みのなかでお役立てください。

 

コンテンツマーケティングの運用で言われる、良質なコンテンツとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用でオススメしたいプラットフォームとは?

  2. コンテンツマーケティングの運用で効果を出せるタイトルの付け方とは?

  3. コンテンツマーケティングを運用する場合に活用したいPDCAとは?

  4. コンテンツマーケティングの運用で相性の良いWEBプロモーションとは?

  5. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  6. コンテンツマーケティングを運用していく上で重要なポイントとは?