コンテンツマーケティングは、潜在ユーザーに関連がある有益なコンテンツを提供することで、新規ユーザーを惹き付け、最終的には商品・サービスを購入してもらう画期的なマーケティング手法です。

しかし、コンテンツマーケティングの運用は、次の記事にするネタが枯れてしてしまうことが、ネット広告やSEO対策に関わる多くの方の共通事項になっています。

 

また、弊社の顧客の中でも、記事になるネタを探しながら書き続けることに悩みを抱えている方が数多くおられます。

今回は、コンテンツマーケティングの効率的なネタ探しの方法を2パターンで紹介させていただきます。

 

コンテンツマーケティングで上位表示をねらう記事の書き方とは?

 

リアリティがあるネタ探しの方法 4選

1.顧客から実際に受けたお問い合わせを確認する

顧客から実際に受けたお問い合わせや質問の中からネタを見つけることは、自然なカタチでリアリティがあるやり方です。

お客様の生の声を、そのままコンテンツとして取り上げることで、内容に説得力があって質の高い記事としてライティングすることが可能になります。

また、日頃からネタ帳を作って、お問い合わせや質問、気になった情報をストックしておくことで、より効率的にコンテンツへ反映することができます。

 

2.自分も知りたい業界情報・新サービスを確認する

この方法も記事として、良いものが書けることが多いネタ探しのやり方と言えるでしょう。

自分自身が日常で疑問に思っていることや知りたい情報は、同じように考えているユーザーも世の中に沢山いることが考えられます。

また、自分も知りたい耳寄りな話しや新しいサービスの情報は、サイトを開設した後に反響が出やすいコンテンツとして反映することができます。

 

3.実際にお客様へ導入した事例・実績を確認する

他の企業が公開している成功事例や導入実績の紹介は、自社の参考にしたい方も多く、ユーザーから支持の高いコンテンツと言えるでしょう。

また、成功事例や導入実績は、別の案件がストックされるたびに、効率の良いコンテンツとして継続性を得ながら積み上げていけるメリットがあります。

 

4.サイトまで辿り着いた検索クエリを確認する

検索クエリは、ユーザーが検索する際に入力する語句やフレーズなので、よりユーザーが持っている本質とニーズが反映されるものです。

ネタ探しで困っている場合には、ユーザーのニーズが高い検索クエリが、記事を書き始めるうえで大きなヒントになってくれます。

また、検索クエリの存在は、そのまま記事の中にも盛り込みやすく、サイトを開設した後の反響も高いコンテンツとして反映することができます。

 

困った時に頼るネタ探しの方法 3選

1.サジェスト機能で出てきた関連キーワードを確認する

コンテンツマーケティングの運用は、関連キーワードや共起語を含んだ記事の作成が特に効果を発揮します。

検索窓のサジェスト機能で表示された関連キーワードは、まさにオススメのネタ探しの方法になります。

また、関連キーワードは、検索結果の複数語で表示される場合も多く、その数の分だけ記事を書くことで、コンテンツやWEBページの数を効率的に稼いでいくことができます。

 

2.ニュースサイト、プレスリリースサイトなど流行りの情報を確認する

本当に書くネタがなく、良いアイデアが思いつかない場合には、この方法に頼ることを推奨しています。

お気に入りのサイトから膨大な情報を検索したり、閲覧したりする中で、ネタ探しのヒントになるものに辿り着くことがあります。

ネットサーフィンをするための時間は掛かるかもしれませんが、メインになるサイトのユーザー登録をして、定期に情報を閲覧する習慣をつけておくことで、ネタを探す手間を削減することができます。

良いアイデアが浮かばなく、ネタ探しに困っている場合には、取り入れると良い方法になるでしょう。

 

3.競合企業のサイトが発信している情報を参考にする

こちらのやり方は、書くネタが枯れてしまった場合には有効な方法と言えますが、参考にすることだけを前提にして、競合企業のサイトと内容が似すぎてしまったり、そのまま引用、転載をするようなことは絶対にやってはいけません。

コンテンツマーケティングの運用では、オリジナリティに溢れた、何処にもない有益な情報を提供することが重要です。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの効率的なネタ探しの方法について、WEB広告やコンテンツSEOに携わる方向けに紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ここで紹介させていただいたやり方は、実践を重ねて収集作業に慣れてくるまでは、どれも難しい内容かもしれません。

しかし【リアリティがあるネタ探しの方法】については、すぐに情報をコンテンツ化して、WEBサイトに反映できる比較的簡単な方法です。

 

また、見つかったネタがユーザーにとってどのような役に立つのか?という観点で俯瞰して見ることは、有益なコンテンツを提供するうえで抑えておかなければならないポイントになります。

弊社が推奨するネタ探しの方法が、皆さんのサイトやコンテンツマーケティングの運用で参考にしていただければうれしい限りです。

 

WEBサイトのコンテンツを多くのユーザーに閲覧してもらうには?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  2. コンテンツマーケティングに影響する重複、類似コンテンツとは?

  3. コンテンツマーケティングに適している企業やサービスとは?

  4. コンテンツマーケティングで使えるマーケティング戦略4P,4Cとは?

  5. コンテンツマーケティングの効果を上げるタイトルの付け方とは?

  6. コンテンツマーケティングにふさわしいターゲット層とは?