コンテンツマーケティングは、日本国内でも2015年頃から浸透してきていると言われている、新しいWEBマーケティングの手法ですが、名前は聞いたことがあるけど、詳しい内容や運用の方法についてはわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、このコンテンツマーケティングについて、初心者の方向けに紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングが日本で流行したのはなぜか?

 

コンテンツマーケティングの定義

まず、はじめに、コンテンツマーケティングの定義について紹介をさせていただきます。

 

「有益で説得力のあるコンテンツを制作・配信することによって、ターゲット・オーディエンスを引き寄せ、獲得し、エンゲージメントをつくり出すためのマーケティングおよびビジネス手法を指す。その目的は、収益につながる顧客の行動の促進である」と定義する。

 

コンテンツマーケティングをもう少し簡単に要約すると・・・

 

これまでの一般的なメディアのカタチは?

他社が所有するメディアへ広告費を支払うメディア → ペイドメディア

 

これからの新しいメディアのカタチは?

自社が所有して、定期に情報の発信をするメディア → オウンドメディア

 

コンテンツマーケティングとは、自前のメディア(オウンドメディア)を所有して、情報の発信を継続することで、ユーザーとの良好な関係をつくりながら、収益につながる行動をユーザーの方から起こしてもらう手法の事と言えばおわかりいただけるでしょう。

 

新しいネット集客の手法として、なぜ必要とされているのか?

Google検索エンジンが、良質なコンテンツ(記事)を重視する傾向に変わった。

Google検索エンジンは、検索結果で表示順位を決める場合に、200以上あるアルゴリズムの中で、従来のSEO外部施策(被リンクの数)重視の傾向から、SEO内部施策(コンテンツ対策)重視の傾向をとることが強くなりました。

このことは、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)の中でもコンテンツの重要性について解説している、Google検索エンジンの公式の見解です。

 

マスメディア向けの広告効果が全般的に下がってきた。

スマートフォンの普及が急速に進んだことで、これまでと比べてユーザーが取得できる情報の量は格段に増えてきました。

その中で、ユーザーが取得する情報を取捨選択する(必要なものだけを選択する)傾向が強くなり、これまでのマスメディア向けの広告効果が全般的に下がっています。

マスメディアに変わり、新しいマーケティング効果を高める方法として、セグメントしたユーザーに適切なコンテンツ(記事)や情報を提供することができる、コンテンツマーケティングが必要になってきたと言えます。

 

コンテンツマーケティングは、ネット広告より安いコストで導入できる。

コンテンツマーケティングは、その他のネット広告と違って顧客自身が低コストで開始することができます。

自社が持っているノウハウをユーザーが欲しているニーズとマッチをさせて、情報の発信を定期的に行っていくだけであれば、人件費以外の大きなコストは広告などと違って発生しません。

従来のネット広告からの集客で限界を感じている企業は、自社のメディアを構築し運用していくことの方が、中長期的な視野で見た場合にも、費用対効果の面で望ましいと考える様になりました。

 

コンテンツマーケティングを導入・運用する手順【解説】

1.まず、目指す事項を明確にして目標の設定を行います。

コンテンツマーケティングを導入する場合には、最終的に目指す目標を明確にしておくことから始めます。

目標設定の例)お問い合わせ、資料請求、会員登録、予約、商品購入、ユーザーとの継続的なつながり、などetc

 

2.次に、目標が決まったらペルソナの設定を行います。

ゴールの次に、ターゲットとなるペルソナ(ユーザー像)を明確にしておくことが必要です。

ペルソナ設定の例)年齢、性別、地域、仕事、学歴、収入、趣味、価値観、配偶者、恋人、生活スタイル、などetc

 

3.ペルソナの設定ができたら、SEOを考慮してコンテンツの設計に入ります。

ペルソナの設定ができたら、コンテンツの内容と記事の方向性を詰めて、全体のスケジュールを作成していきます。

この時点で、SEOの要素(コンテンツSEO)を考慮することが必要です。

軸になるキーワードワードの選定や現在上位に表示されている競合サイトの分析を行い、上位表示が見込めるキーワードを盛り込みながらコンテンツ(記事)の作成を行っていきます。

 

4.コンテンツマーケティングの運用は、継続とPDCAが特に重要です。

コンテンツの設計に沿って、実際のコンテンツマーケティングの運用を行っていきます。

コンテンツマーケティングは、継続的にコンテンツ(記事)を作成できる体制の構築やPDCAサイクルを廻しながら、改善と実行を繰り返していくことが重要です。

 

おわりに

今回は、日本国内でも浸透してきていると言われるコンテンツマーケティングについて、弊社の事例を元に紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングの結一の弱点は、実際の効果を感じるまでには、一定の期間(時間)が掛かかりマーケティングとして即効性が無い点です。

 

また、コンテンツマーケティングの強みは、その他のネット広告やWEBマーケティングと違って、一度情報の発信をしたコンテンツ(記事)は、資産としてインターネット上に残り続けるということです。

インターネット上に残ったコンテンツ(記事)が、ユーザーが欲する有益な情報であれば、半永久的にユーザーを引き付けて、自社のWEBサイトへ集客をもたらしてくれます。

また、その繰り返しを実践することで、対象のWEBサイトは検索結果の上位表示が継続されます。

このようにロングテールのキーワードからWEBサイトへの流入を増やせるということも、コンテンツマーケティングの大きなメリットと言えるでしょう。

 

コンテンツマーケティングの運用は、根気強くPDCAサイクルを廻して、継続していける体制を構築できるかがサイト運営者には求められます。

コンテンツマーケティングの導入を検討している方やサイト運営者の方は、この記事を参考にしていただいて、今後の取り組みの中でお役立てください。

 

コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングのクロスメディア戦略とは?

  2. コンテンツマーケティングの効果を上げるタイトルの付け方とは?

  3. コンテンツマーケティングにクリエイティブは必要か?

  4. コンテンツマーケティングにふさわしいターゲット層とは?

  5. コンテンツマーケティングの効率的なネタ探しの方法とは?

  6. コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションは連携できるか…