皆さん、ビジネス用語として使われることも多いPDCAと言う手法はどのようなものかご存知でしょうか。

PDCAのことは、多くの方が漠然と活用していたり、なんとなく言葉だけを理解されていることが多いかと思います。

今回は、PDCAのメリットやデメリット、コンテンツマーケティングを運用する場合に活用したいPDCAとは、の観点から紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)を作成する際のポイントについて!

 

PDCAとはどのようなものか?

ここでは、PDCAとはどのようなものかについて説明をさせていただきます。

PDCAとは、さまざまな業界や事業分野において活用されていて、事業活動が効率よく推進していくための手法のひとつです。また、PDCAは別名として、PDCAサイクルとも呼ばれています。

PDCAの文字の意味は、Pは、Plan(計画)、Dは、Do(実行)、Cは、Check(評価)、Aは、Action(改善)の4つの頭文字をとって、それぞれを意味しています。

PDCAは、4つの項目に対し順次的確に実行していくことによって、より円滑に効率よく事業活動が行われていきます。

それぞれの言葉だけを見ると、おおよその役割やイメージはつきますが、ここではPDCAの特性とも言えるメリットやデメリットについて紹介をさせていただきます。

 

PDCAを運用することで得られるメリットとはどのようなものか?

まず、はじめにPDCAサイクルを運用することで得られるメリットについていくつかを挙げてみたいと思います。

 

1.作業が自動化できて、業務の効率化が図れる。

2.社内の業務の一元化が図れる。

3.他の業務にスタッフを移行できる。

4.自社の実施すべきことが明確になる。

5.各段階で何が必要か把握できる。

6.各段階で自社の問題点や弱点が把握できる。

7.Check段階において問題が発生した場合には、迅速に改善対応ができる。

8.問題や様々な事項が複数と共有できる。

 

PDCAを運用することで発生するデメリットとはどのようなものか?

次に、PDCAサイクルを運用することで発生するデメリットについてもいくつかを挙げてみます。

 

1.社内の業務の切り替えが発生する。

2.過去の業務を見直すため、未来と過去の区別が煩雑になる。

3.途中の経過を盲信してしまうと成果が発揮できなくなる。

4.社内のスキームを統一化しなければならない。

5.社内スタッフの意識を高めなければならない。

6.社内スキームを切り替えるのに時間がかかる。

 

コンテンツマーケティングの運用では必見!コンテンツマーケティングとPDCAの関係について

次に、コンテンツマーケティングとPDCAの関係についても紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングを運用する場合には、PDCAのサイクルを上手に活用し取り入れることが重要です。

Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の項目ごとに、コンテンツマーケティングで該当する内容をあてはめて、計画、実行、評価、改善と順番の通りに進めていきます。

その後、コンテンツマーケティングを長期で運用していくなかで、問題が発生したり、成果が発揮できなかったりした場合には、このPDCAサイクルの手法に沿って課題を抽出していきます。

あらたに課題が見つかった場合には、ターゲットユーザーの設定変更やコンテンツの見直しをしたり、WEBサイトの最適化を実施して、ユーザビリティを考慮しながら総合的に改善の対策を講じていきます。

コンテンツマーケティング

 

【コンテンツマーケティングのPDCAの内容についてご紹介】

1.Plan(計画)・・・ペルソナの設定 

コンテンツマーケティングを計画する場合には、ペルソナの設定を行います。

はじめに、ターゲットとなるユーザー像を設定します。

性別、年齢、学歴、仕事、所得、家族構成、地域、趣味、特技など、できるだけ詳細なペルソナ像であればあるほど、コンテンツの立案やデザイン案などの計画が立てやすくなります。

コンテンツマーケティングを運用していくうえで、ペルソナを設定するということは、最初に行う重要な内容と言えます。

 

2.Do(実行)・・・デザインやコンテンツを構築

ペルソナの設定が済んだ後は、コンテンツマーケティングの運用を開始します。

ペルソナの設定が完了し、デザインやコンテンツの作成が完了したら、ターゲットユーザーに対して設定した条件やルールに沿って、コンテンツマーケティングの運用を開始していきます。

 

3.Check(評価)・・・KPIの設定

コンテンツマーケティング運用後の評価にKPIの設定を行います。

コンテンツマーケティングだけでなく、すべてのマーケティングにおいて重要となるのは、KPIの設定です。

KPIの設定は、コンテンツマーケティングの目的や目標によっても変わってきます。

コンテンツマーケティングを運用する前のセッション数やページビュー数、資料請求のダウンロード回数、メールでのお問い合わせ回数などの解析データとコンテンツマーケティング運用後の解析データを比較対照します。

 

4.Action(改善)・・・改善策の設定

コンテンツマーケティング運用後の改善策を立案します。

コンテンツマーケティングを運用後には、これまでに収集した様々なデータを基に改善策を立てていきます。

コンテンツが充実しているか、デザインカラーやフォントデザインは適切か、ユーザーニーズを充分に満たしているか、など全体的な見直しをかけていきます。

また、お問い合わせ導線(TEL,FAXやメール,LINE,チャット)は、的確に設置されているか、カタログダウンロードの操作方法などは、わかりやすく設置されているか、直帰率や離脱率が高いWEBページはどこにあるか、などあらゆる角度から見直しを行って改善策を立てていきます。

 

おわりに

今回は、PDCAのメリットやデメリット、コンテンツマーケティングを運用する場合に活用したいPDCAとは、の観点から紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

PDCAには多くのメリットがありますが、株式会社セレクト・ワンが考える最大のメリットは、自社が行っている事業活動の目標や目的がより明確になることだと思います。

PDCAの手法は、さまざまな業界や事業分野で幅広く活用されており、高い成果を上げていることから、コンテンツマーケティングにおいても取り入れるべき手法と言えるでしょう。

コンテンツマーケティングを運用する場合のPDCAは、項目ごとに当てはめて見るとわかりやすく、課題の抽出から改善策の立案までスムーズに行うことができます。

これからコンテンツマーケティングの導入を検討している方、すでにコンテンツマーケティングの運用はしているけど成果が発揮できていない方など、もう一度このPDCAサイクルを活用して、コンテンツマーケティングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングを運用する上で重要な共起語について!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

  2. コンテンツマーケティングの効果測定の基準項目について!

  3. コンテンツマーケティングを自社で運用する場合のメリットとデメリットとは…

  4. コンテンツマーケティングの運用には、なぜKPIの設定が必要なのか?

  5. コンテンツマーケティングを初めて導入するにはどうすれば良いのか?

  6. コンテンツマーケティングの運用でも使える、マーケティング戦略4P,4C…