コンテンツマーケティングとデータの関係性がどのようなものか、皆さんはご存知でしょうか。

SEO対策やWEB広告に携わる方であれば、日常のマーケティング業務のなかでデータを効果的に活用されていることかと思います。

今回は、コンテンツマーケティングに影響があるデータ項目や活用方法、データによる企業とユーザーのメリットについて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングを成功に導くポイントとは?

 

コンテンツマーケティングのデータ項目とは?

コンテンツマーケティングでデータの存在は、ユーザーに対して有益な情報を発信するためのもので、ふたつの関係は切っても切り離せないものです。

ここでは、株式会社セレクト・ワンも実際に測定し分析で活用している、データ項目について紹介させていただきます。

 

1.サイト内のコンテンツ(記事)は最適化されているか? ⇒ 月間のアクセス数の推移を確認する。

 

2.自社が提供している商品・サービスが的確かどうか? ⇒ 月間の販売実績数の推移を確認する。

 

3.流行りの情報やユーザーのニーズを満たしているか? ⇒ 過去、現在の月間の導入実績数と比較対照する。

 

4.資料やカタログ、冊子のクリエイティブやデザインはどうか? ⇒ 月間の資料送付数の推移を確認する。

 

5.お問い合わせ導線は解り易く最適化されているか? ⇒ 月間のお問い合わせを受けた実績数の推移を確認する。

 

6.サイトのアクセス解析は行っているか? ⇒ 月間のセッション数、ページビュー数、コンバーション数の推移を確認する。

 

7.競合企業のサイト分析は行っているか? ⇒ 競合企業のサイトを分析、検証して変更点を確認する。

 

コンテンツマーケティングのデータ活用方法とは?

コンテンツマーケティングのデータ活用方法は、上記で紹介したデータ項目を元にPDCAサイクルの手法を活用して、計画を立案することから始めます。

実際に、1.サイト内のコンテンツ(記事)は最適化されているか? ⇒ 月間のアクセス数の推移を確認する。をPDCAサイクルに落とし込んでみます。

 

PDCAサイクル【例】

・P:Plan(計画を立てる) ⇒ 現状値:アクセス数10,000ページビューを2倍に相当する、目標値:アクセス数20,000ページビューになるように、3か月後の目標数値として設定します。

 

・D:Do(実行する) ⇒ 現在、専門のSEO業者に依頼しているSEO対策の外注費用を20万円から2倍の40万円に増額します。

また、予算を2倍に増額したことに伴って、SEO対策の対象にするキーワードの数も2倍に増やしながら、内部施策(コンテンツ追加)と外部施策(被リンクの追加)の手法を使ってサイトの強化をしていきます。

 

・C:Check(評価する) ⇒ 3か月の間、Googleアナリティクスを活用して、アクセス解析を実施してきましたが、計画を下回る15,000ページビュー(1.5倍)の数値となってしまいました。

当初の計画通りに目標が達成できなかった原因は、内部施策(コンテンツ追加)と外部施策(被リンクの追加)を実施した、SEO対策に即効性が無く、3か月という短い期間で上位表示の達成やアクセス増に至らなかったことが考えられます。

しかし、これから上位に表示されるキーワードが出てくれば、数か月後のアクセス増が見込まれます。

 

・A:Action(改善する) ⇒  アクセス数が当初の計画の通りまで伸びなかったため、新たにリスティング広告を追加の施策として導入し、現行のSEO対策と併用しながら運用することにします。

 

データから企業とユーザーが享受するメリットとは?

コンテンツマーケティングで重要なデータは、正確に収集して活用することで、企業とユーザーの双方に多くのメリットをもたらしてくれます。

ここでは、データから企業とユーザーが享受するメリットについて紹介させていただきます。

 

企業が受けるメリット

・ピンポイントな情報をユーザー向けに発信できる。

・ユーザーが欲しいと思える情報を定期的に発信できる。

・ターゲットにするユーザーをピンポイントで把握できる。

・見込み顧客や購入顧客を増やすことができる。

・既存顧客をリピーターにつなげることができる。

・ユーザー好みの情報を発信すればSNSで拡散してくれる。

・コンテンツマーケティングの成果に貢献できる。

 

ユーザーが受けるメリット

・必要な情報を自由に収集したり、閲覧することができる。

・欲しい情報をSNSやメールで定期的に配信してくれる。

・情報収集をする時間を軽減できる。

・有意義な欲しい情報が豊富である。

・多くの情報の中から自由に選ぶことができる。

・自分が欲しい商品・サービスを的確に購入できる。

・商品・サービスを購入した場合により早く手元に届く。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングに影響があるデータ項目や活用方法、データによる企業とユーザーのメリットについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングのデータは、PDCAサイクルに落とし込んで、実行、評価をしながら迅速な改善とその後の計画立案が求められます。

 

ここでの対応が遅れてしまうと、コンテンツマーケティングの運用まで影響を及ぼしますので、データの測定、分析やその後の活用は重要なポイントになります。

この記事をご覧になった方は、データの活用方法を理解したうえで、最適なコンテンツマーケティングを目指してみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングで活用するPDCAサイクルとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを更新・継続するメリットとは?

  2. コンテンツマーケティングは専門の企業へ依頼するべきか?

  3. コンテンツマーケティングにクリエイティブは必要か?

  4. コンテンツマーケティングに必要なマーケターとは?

  5. コンテンツマーケティングに欠かせないクロスメディアマーケティングとは?…

  6. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?