オススメ情報

コンテンツマーケティングを成功に導く始め方とは?

近年、WEBマーケティングの手法のひとつとして、コンテンツマーケティングを導入する企業が増えました。

しかし、導入を検討してはいるものの、どうやって始めて良いか解らず、お困りの企業も多いようです。

そこで、今回は「コンテンツマーケティングを成功に導く始め方について」周辺知識も交えながら説明をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングを導入する前にやるべきことは?

 

コンテンツマーケティングとは?

以下では、コンテンツマーケティングの始め方に関して解説する前に、定義を明らかにします。

 

コンテンツマーケティングとは、「有益かつ価値あるコンテンツを継続して提供することで、ターゲットとするユーザーの興味を引き付け、集客から購買を経てファン化へとつなげるマーケティング手法」のことです。

まず、集客につなげるためには、ターゲットとするユーザーに会社や商品、サービスを認知してもらわなければなりません。

次に、企業ブログなどでコンテンツに興味や関心を持ってもらい、見込み客の購買意欲をかきたてます。

そして、比較検討を行った後に見込み客は、商品やサービスを購入するようになります。

この一連の流れは、WEBサイトの運営者と顧客の間に構築された信頼関係の上に成り立っており、一度購入に至ったファンは優良顧客として、その後も取引関係を続けようとします。

 

コンテンツマーケティングにはどんなメリットがあるのか?

 

コンテンツマーケティングを始める前の準備

自社サイトなどのオウンドメディアを立ち上げる

オウンドメディアには、「自社の宣伝に広告費がかからない」「長期的に更新を続けているとコンテンツ(記事)が資産になる」などの特徴があり、コンテンツマーケティングとの相性が良い利点があります。

コンテンツマーケティングで集客するためには、質の高いコンテンツを継続して供給することが求められます。その際、ユーザーに向けてコンテンツを発信する場が必要です。

オウンドメディアはその役割を担い、コンテンツマーケティングを始めるにあたって欠かせない媒体です。従って、オウンドメディアはコンテンツマーケティングを運用していく上でのプラットフォームとも言えます。

 

コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いとは?

 

サイトにCMSを導入する 

CMS(Contents Management System=コンテンツマネジメントシステム)とは、保存されたデータベースの一元管理により、幾つかのWEBサイトを自動的に作成するシステムのことです。

HTMLを始めとするプログラミングのスキルが無くても、WEBサイトの更新・管理が可能な点において優れています。

そのため、CMSを導入しているWEBサイトは、テキストデータを編集するだけで、サイトの更新を容易にすることが出来ます。

実際、マーケティングツールとしての有用性の高さに魅力を感じ、WordPressなどのCMSをWEBサイトの構築に役立てる人が多く見られます。

このように、WEBサイトの運用を効率化させるCMSは、コンテンツマーケティングを始めるために不可欠なツールだと言えます。

 

ホームページの制作でWordPressを使うメリットとは?

 

リソースを確保する

人的資源が豊富であると、コンテンツ制作は効率良く進められます。

コンテンツの作成には、プロデューサー、ディレクター、デザイナー、エンジニア、ライター、エディター、マーケター、アナリスト、SEO対策の担当者など専門領域に特化した人材が携わっています。

各々が自身の職務を全うし、役割を担うことで、ユーザーにとって良質なコンテンツが生み出されます。

 

コンテンツマーケティングに必要なマーケターとは?

 

コンテンツマーケティングの始め方

コンテンツマーケティングは、以下のような流れで始めます。

 

目標を決定する

最初の目標決定は、コンテンツを閲覧してもらいたい見込み客に対する今後のアプローチの仕方を左右します。慎重に行いましょう。

 

ペルソナを設定する

ペルソナとは、「多様な構成要素からなる詳細な顧客像」のことで、ターゲットよりも具体的にユーザー像を示すことが出来ます。

例)年齢、性別、職業、年収、趣味、特技、価値観、居住地、生い立ち、家族構成 など

このように、ペルソナを設定することで、WEBサイトの運営者はユーザー目線に立つことが出来ます。

また、企業においては、社内のスタッフ同士にに共通認識が生まれて、取るべき戦略が明確になります。

 

サイトを見つけてもらうための共起語を決める

次に、設定したペルソナがどういった情報を求めるのか、検索エンジンでどのように検索するのか模索します。

WEBサイトを構成する根幹ともいえる共起語(特定の関連キーワード)は、コンテンツ作成の起点であり、文章中に意味が通じるように散りばめていきます。その理由は、Google検索エンジンがキーワードを盛り込んだだけの無益なコンテンツを検索上位に表示しようとしないためです。

 

コンテンツマーケティングに必要な共起語の存在とは?

 

コンテンツを設計する(記事を書く)

準備段階で練り上げた構成をもとに、実際に記事を書いていきます。ここで、注意すべきことがあります。

それは、「すぐに記事の作成に取り掛かってはならない」ということです。良質なコンテンツを生み出すための下準備を行いましょう。

また、集客につなげることができるのは、ユーザーにとって価値のある質の高いコンテンツを提供するサイトであるため、ただ記事を作成すれば良いというものではありません。

目標の決定→ペルソナの設定→共起語の選定という順序で段階を踏む必要があります。このように、コンテンツ制作をする際には、あらかじめユーザーがとる行動を予測して、分析することが重要です。

 

コンテンツマーケティングを導入するにはどうすれば良いのか?

 

コンテンツマーケティングの効果を高める方法

コンテンツマーケティングの始め方が明らかになった所で、せっかく発信したコンテンツをより多くのユーザーに閲覧してもらい、「集客から購買を経てファン化」へとつなげたいとお考えかと思われます。

そこで、マーケティングの効果を高めるために行うべきことを解き明かしていきます。

 

コンテンツマーケティングの効果を上げるためのポイントとは?

 

PDCAサイクルを回す

PDCAサイクルとは、・Plan・Do・Check・Actionの頭文字を取ったもので、継続的な改善方法を意味します。

 

・Plan(計画)

オウンドメディアを立ち上げる。CMSを導入する。目標を決定する。ペルソナを設定する。共起語を選定する。

コンテンツ(記事)の作成に入る前に、これらの要素は欠かせません。

 

・Do(実行)

Pで選定した共起語に沿って、ブログ記事を作成する。

ターゲットとするユーザーが求める良質なコンテンツを完成させます。

 

・Check(評価)

KPI(Key Performance Indicator=重要業績評価指標)で定期的に効果測定を行う。

良質なコンテンツを追求するには、Dでの施策を顧みる必要があります。

 

・Action(改善)

Cにより明らかになった改善点を修正する。

すでに公開済みのブログ記事を書き直していきます。

 

以上のように、コンテンツマーケティングを運用する際は、同時にPDCAサイクルを回すことで、コンテンツをより価値の高いものに近づけることが出来ます。

 

SEO内部施策を講じる

どれだけ良質な記事を中長期的に発信していても、ターゲットとするユーザーにコンテンツを見つけてもらえない状態では、コンテンツマーケティングの効果を得られません。

そこで、WEBサイトを最適化すれば、ブログ記事が検索上位に表示されるようになります。

SEO内部施策には、ユーザーのサイトへの流入を促す働きがあります。これは見込み客にコンテンツに対する興味関心を抱かせるために有効な手段です。

 

トリプルメディア(3つのメディア)を使いこなす

メディアは、テレビやラジオを始めとするマスメディアなどのペイドメディア(paid media)、SNSなどのアーンドメディア(earned media)、自社サイトなどのオウンドメディア(owned media)の3つに分類されます。

このうち、WEBサイトの運営者が集客に用いるのは、コンテンツが作成・配信されるオウンドメディアですが、その他のメディアにも広告効果があります。そのため、企業は3つのメディアをうまく使いこなし、集客力を高めることが出来ます。

このように、トリプルメディアの活用により、コンテンツを同時進行でプロモーションすることで、単独で活用するよりも多くの情報が拡散されて相乗効果が得られます。

 

コンテンツマーケティングで活用するPDCAサイクルとは?

 

おわりに

今回は、「コンテンツマーケティングを成功に導く始め方について」解説をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングを始める上で最も重要なことは、「見込み客が望む有益なコンテンツを提供し続けること」です。

提供するプラットフォームはオウンドメディアを中心に、ペイドメディアやアーンドメディアも同時に活用すると、多方面でコンテンツの注目度が上がり、集客力が高まります。

企業は、ユーザーに自社の商品やサービスに対する興味や関心を持ってもらうことで、初めて顧客接点を獲得します。顧客との接点が無いと、その後の購買からファン化へつなげることが出来ません。よって、「見込み客へのアプローチはコンテンツマーケティングの第一歩」とも言えます。

 

また、コンテンツ制作をする際、すぐにブログ記事の作成に取り掛かってはいけません。

何の構想を立てずにコンテンツを作成することは、PDCAサイクルのPの部分を抜かして、いきなりDに入ってしまうようなものであり、これでは十分なマーケティングの効果は期待出来ません。

まずは、準備段階として「コンテンツを作成する環境を整える」ことから始めるようにしましょう。ペルソナの設定はこの一例です。

そして、これと同じ程度で重要な要素は、「コンテンツ制作後に行うC(評価)」です。なぜなら、コンテンツは一度作成して終わりではないためです。

時代が変化するスピードが速い現代において、より多くの見込み客の目に触れるコンテンツを作り上げるためには、ペルソナがその時々で求めるニーズに対応していかなければなりません。

したがって、コンテンツマーケティングを成功に導くためには、日々移り行く市場の動向やトレンド情報に敏感になり、常にコンテンツに磨きをかけ続ける必要があります。

この記事をご覧になって興味を持たれた方は、コンテンツマーケティングを始めてみてはいかがでしょうか?

 

コンテンツマーケティングは専門の企業へ依頼するべきか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。