マーケティングやECのビジネス用語として使われている、BtoC(B2C)とBtoB(B2B)の取引形態は、コンテンツマーケティングのターゲット層として、どちらの方がふさわしいのか?といった質問を聞かれることがあります。

コンテンツマーケティングは、ユーザーに質の高い情報をコンテンツ(記事)化し提供することで、新規顧客を惹き付け、最終的には商品・サービスを購入してもらうためのマーケティング手法です。

お客様の中には、自社が扱っている事業内容がBtoB(B2B)向けのサービスがメインで、何となくコンテンツマーケティングとの親和性が低いのではないか?と間違った認識を持った方がいるようです。

今回は、BtoC(B2C)とBtoB(B2B)について、コンテンツマーケティングのターゲット層の観点から説明をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングで使えるマーケティング戦略4P,4Cとは?

 

BtoCとは?BtoBとは?

BtoC(B2C)とは、Business to Consumerの略称です。

一般的に企業:Business、一般消費者:Consumerを指して、企業と消費者を対象に展開するビジネス形態のことを言います。

また、企業がダイレクトに一般消費者とビジネス上の取引を行う方法を指しています。

 

BtoC

 

BtoB(B2B)とは、Business to Business の略称です。

一般的に企業:Business、企業:Businessを指して、企業と企業を対象に展開するビジネス形態のことを言います。

また、企業と企業同士の企業間取引を行う方法を指しています。

 

BtoB

 

企業からまた一つ企業を経由して、一般消費者に商品・サービスが渡るような取引の形態は、BtoBtoCと呼ばれます。

BtoCやBtoB, BtoBtoCなどのビジネス用語は、マーケティングやEC、SEOの分野でも使用される言葉として広く知られています。

 

コンテンツマーケティングにはどんなメリットがあるのか?

 

BtoCとBtoBの違い

ここでは、BtoC(B2C)とBtoB(B2B)の違いについて、複数の事例を挙げながら説明させていただきます。

 

BtoC(B2C)の場合

ユーザーの対象

各個人が対象になります。

対象が各個人になってかなりの規模になるため、市場規模が大きくなります。

 

価格(単価)

平均的に低価格帯で安価です。

商品は多数で種類によっても異なりますが、平均的に低価格で購入できます。

 

料金の決裁者

各個人が消費者になって、契約をして購入した各個人が料金の決裁者になります。

 

購入までの時間や時期

平均的に短いです。

安価なもので、特に日用品的なものはすぐに購入されます。

 

商品・サービスの説明

基本的にネットでの情報提供や紹介によります。

店頭販売もありますが、インターネット(ネットショッピングやWEB広告)の普及により、ネットでの案内が多数です。

 

支払いの時期

先払いになります。(納品の前に支払う)

 

商品・サービスの納品時期

支払い確認後、商品を発送します。

 

コンテンツマーケティングを成功に導く始め方とは?

 

BtoB(B2B)の場合

ユーザーの対象

各法人企業が対象になります。

対象が各企業になるため、提供する商品・サービスにより各業界に分かれます。

 

価格(単価)

平均的に高価格帯になります。

商品は、各業界ごとに分かれて種類によっても異なりますが、平均的に高価格帯になります。

 

料金の決裁者

各企業になって、契約をして購入した各企業が料金の決裁者になります。

 

購入までの時間や時期

各業界ごとによって異なりますが、平均的に少し時間を用します。

 

商品・サービスの説明

顧客への訪問、ネット、メール、電話、FAX、WEB広告での情報提供や紹介によります。

基本的には、訪問対面や問い合わせなどは、メール、電話が中心になります。

 

支払いの時期

納品の後に支払いのため、多く場合で後払いになります。

また、企業が定めた締め日に応じての支払いとなります。

 

商品・サービスの納品時期

支払い前に商品の発送(納品)が行われます。

 

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

 

BtoCとBtoBの特徴、取引きの流れ

BtoC(B2C)とBtoB(B2B)の内容は、企業が取り扱う商品・サービスの種類によっても一概には言えません。

ここでは、BtoCとBtoBの特徴や取引きが開始してから終了するまでの流れについて説明させていただきます。

 

BtoC(B2C)の場合

BtoCの特徴について

BtoCの特徴は、基本的に各個人(消費者)が企業の取引対象となり、消費者間取引になります。

企業の業界としては、車、不動産、金融、小売雑貨商品(消費財)などが主なものです。

また、取引は、マーケティング(市場調査)から始まって商品(納品)、サービス提供の流れで終わります。一連の流れを次に示します。

 

BtoCの取引きが開始してから終了するまで

マーケティング(市場調査) ⇒ アプローチ(対面販売・ネットショップ販売) ⇒ コンタクト ⇒ 電話問い合わせ、メール問い合わせ(カタログ、冊子、資料請求など) ⇒ 申し込み、予約 ⇒ 支払い(入金確認後) ⇒ 契約、成約 ⇒ 商品(納品)、サービス提供 の流れとなります。

 

コンテンツマーケティングで必要なマーケティングファネルとは?

 

BtoB(B2B)の場合

BtoBの特徴について

BtoBの特徴は、基本的に対法人企業が取引対象となり、企業間取引になります。

企業の業界としては、原材料、部品、素材、人材、広告、IT、サービスなどが主なものです。

また、取引は、マーケティング(市場調査)から始まって支払い(入金確認)の流れで終わります。一連の流れを次に示します。

 

BtoBの取引きが開始してから終了するまで

マーケティング(市場調査) ⇒ 顧客リスト作成 ⇒ アプローチ(電話・メールDM・FAXDM・セミナー開催・WEB広告など) ⇒ アポイントメント ⇒ 訪問営業(商品・サービス説明) ⇒提案(商談・複数回) ⇒ 契約(申し込み) ⇒ 商品(納品)、サービスの提供 ⇒ 支払い(入金確認) の流れとなります。

 

コンテンツマーケティングのクロスメディア戦略とは?

 

おわりに

今回は、BtoC(B2C)とBtoB(B2B)について、コンテンツマーケティングのターゲット層の観点から説明をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

BtoCとBtoBには、それぞれに特徴があって、コンテンツマーケティングの効果を最大化させるうえで、市場規模が大きくネットとの親和性が高いBtoCの方がターゲット層として合っていると言えるでしょう。

しかし、WEBサイトの最適化(SEO内部施策やコンテンツSEO)をした後のネット集客という観点では、BtoCとBtoBを問わず、自社のサイトで集客を望む企業や個人すべての方がコンテンツマーケティングのターゲット層になる、と言えるのではないでしょうか。

この記事をご覧になった方は、BtoC(B2C)とBtoB(B2B)それぞれの特徴を理解したうえで、今後のコンテンツマーケティングの運用の中でお役立てください。

 

コンテンツマーケティングに適している企業やサービスとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを導入する前にやるべきことは?

  2. コンテンツマーケティングに適したプラットフォームとは?

  3. コンテンツマーケティングは、KPIと同様にKGIの設定が必要なのか?

  4. コンテンツマーケティングで必要なマーケティングファネルとは?

  5. コンテンツマーケティングを成功に導くポイントとは?

  6. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?