WEB広告やSEO対策に携わる企業の方であれば【マーケター】という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、コンテンツマーケティングを運用していくうえで欠かせない【マーケター】の存在に焦点をあてて、その意味や役割、必要な資質について紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングは専門の企業へ依頼するべきか?

 

マーケターはマーケティング戦略立案者のこと

マーケターの意味と役割とは?

一般的にマーケターとは、マーケティングにおけるマーケティング理論や調査に専門的な知識を持つマーケティング戦略立案者のことを言います。

また、市場で売買する人、市場調査で商品開発や販売促進を行う人、の意味も含んでいます。

マーケターの役割は、端的にユーザーへ情報を提供するだけでなく、良質で有益性のある鮮度の高い商品・サービスの情報を提供することにあります。

そのためには、マーケティングそのものを理解していなければ、マーケターの役割や業務を果たすことはできません。

ここでは、皆さんも日常で何気なく使っている、マーケティングの意味をもう一度確認しておきましょう。

 

マーケティングとは?

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動である。

と、公益社団法人日本マーケティング協会が定義をして位置付けています。(引用)

もう少し簡単にマーケティングを要約すると【ユーザーや顧客に商品・サービスを売り込むための戦略全般のことで、営業活動をせずに商品・サービスが売れる仕組みを提供すること】と言えばわかりやすいでしょうか。

 

マーケターに求められるスキルや能力 4選

ここでは、コンテンツマーケティングで必要なマーケターに求められるスキルや能力について、4つの観点から紹介させていただきます。

 

1.固定観念を持たず常に顧客視点で考えられる

マーケターの業務は、偏った固定観念を持つこと無く、自然体でマーケティング活動を実践していかなければなりません。

コンテンツマーケティングで固定観念を持つことは、コンテンツ(記事)に偏りが生じて、ユーザーに対して強制的に商品・サービスを買わせようとする傾向になりがちです。

マーケターは、ユーザーが商品・サービスの購入を比較検討している場合に、スムーズに購買までつながるような顧客視点を持って考えられるスキルが求められます。

 

2.ユーザーのニーズを把握できるリサーチ力がある

マーケターの業務は、ユーザーのニーズを把握するために幅広い視野を持って、様々な観点から物事をリサーチしなければなりません。

コンテンツマーケティングで、ユーザーが求めている商品・サービスを提供するためには、ユーザーのニーズを把握できるリサーチ能力が必要不可欠です。

顧客が求めている商品・サービスのニーズを把握することで、購入を比較検討しているユーザーがごく自然な流れで購買へつながっていきます。

 

3.顧客視点とユーザーニーズを考慮した記事の作成能力がある

ユーザーが好む良質なコンテンツ(記事)の作成能力がなければ、時間や労務、コストを掛けてコンテンツSEOやリスティング広告で集客をしても、ユーザーは離脱や直帰をしてしまいます。

顧客視点とユーザーニーズの両方の要素を考慮しながら、良質なコンテンツ(記事)を作成することが出来れば、顧客満足度の高い商品・サービスの提供が可能になります。

 

4.運用で見えてきた課題やデータを分析する能力がある

コンテンツマーケティングは、当初の計画通りに進捗しないことも多く、アクセス解析を行ってデータを収集しただけでは、WEBサイトの内部にある課題を解決することはできません。

また、顧客視点とユーザーのニーズを正確に把握するためには、収集したデータを様々な角度から分析することが必要です。

データの分析ができず、見つかったWEBサイトの課題を解決するための、次の改善策を打てないことは、コンテンツマーケティングを運用するうえで致命傷になります。

マーケターの業務は、コンテンツマーケティングを実践する中で見えてきた、多くの課題やデータを分析できる能力が求められます。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングを運用していくうえで欠かせない【マーケター】の存在について、弊社の事例を元に紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングの効果を最大化させるためには、高いスキルを持ったマーケターの存在が重要になることをおわかりいただけたと思います。

 

コンテンツマーケティングは、ユーザーにとって有益なコンテンツ(記事)を配信することで、見込みユーザーを購買ユーザーへ誘導して、最終的にファン化させる難易度の高いマーケティング手法です。

この手法をスムーズに実践するためにはマーケターの存在は核であり、マーケターのスキルや能力次第でプロジェクトの成否が左右されると言っても過言ではありません。

 

また、マーケターは偏った固定観念にしばられることなく、顧客視点でユーザーのニーズをとらえ、的確なデータの分析を行って、ユーザーが本当に欲しているコンテンツ(記事)を提供するための方法を示さなければなりません。

WEB広告やSEO対策に携わる企業の方は【マーケター】としてのスキルを磨いていただいて、今後のコンテンツマーケティングの活動に取り組んで見てはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングは自社で運用するべきか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを導入する前にやるべきことは?

  2. コンテンツマーケティングで活用するPDCAサイクルとは?

  3. コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いとは?

  4. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  5. コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの関係とは?

  6. コンテンツSEOに必要なキーワードを教えてくれるツールとは?