オススメ情報

コンテンツマーケティングの戦略は?

コンテンツマーケティングの戦略は?

この記事をご覧のみなさんは、コンテンツマーケティングとは?どの様なものかご存知でしょうか。

コンテンツマーケティングは、従来のインターネット広告に代わる集客対策として、近年ますます注目度を高めています。

既に、コンテンツマーケティングを運用しているのにもかかわらず、思うような成果が上がらないことでお困りの方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで、今回は「コンテンツマーケティングの戦略は?」と題して、コンテンツマーケティングの定義を説明した上で周辺知識についてご紹介いたします。

その際、コンテンツマーケティングにおける戦略立ての重要性や戦略設計の手順、効果を引き出すコツも交えて解説させていただきます。

 

コンテンツマーケティングとは?基礎をおさらい

 

コンテンツマーケティングとは?

 

コンテンツマーケティングとは「良質なコンテンツをターゲットユーザーに提供し続けることで、自社の認知度を高め、最終的に見込み顧客の獲得、さらにはコンバージョンへとつなげるマーケティング手法のこと」です。

コンテンツマーケティングは、従来のプッシュ型の広告手法に代わる新たなマーケティング手法として注目度が高く、実際に企業のマーケティング戦略として使われることもあります。

 

企業は、オウンドメディアにおいて自社の商品やサービスに関する情報発信を行い、段階的に見込み顧客との信頼関係を構築していきます。これが将来的にビジネスチャンスとなります。

そもそもコンテンツとは、日本語で「情報の中身・内容」を意味します。

インターネットでは、特にホームページ内の文章や画像、動画、音声、その他ではDVD、CD-ROMに含まれる情報の内容のことを指します。

 

そんなコンテンツの主な種類は以下の通りです。

・ブログ記事

SNS

・資料配布

・レビュー

・オウンドメディア

・メールマガジン

・図

・写真

・YouTube

・ウェビナー

・ホワイトペーパー

・プレスリリース

・アプリケーション   etc

 

このようにコンテンツマーケティングにおけるコンテンツの種類は多岐にわたります。

 

そんなコンテンツマーケティングには幾つかメリットがあります。以下の通りです。

・コストが低く、始めやすい。

・資産としての蓄積効果がある。

・見込み顧客を優良顧客に育てられる。

・自社ブランディングの確立ができる。

 

一方で、幾つか注意点もあります。以下の通りです。

・時間がかかる。

・すぐに効果が出ない。

・継続する必要がある。

・中長期的に運用していく必要がある。

 

このようにコンテンツマーケティングは、ターゲットユーザーにとって有益で説得力のあるコンテンツを継続して制作・配信し続けることにより、見込み顧客の興味関心を引き寄せ、集客から購買を経てファン化へとつなげるマーケティング手法だと言えます。

したがって、コンバージョンおよび収益につながる顧客の行動を促進するために活用されます。

しかし、効果が出始めるまでは根気よく、ユーザーが満足するコンテンツを提供し続けていくことが求められます。

その際、PDCAサイクルやトリプルメディア(ペイドメディア・アーンドメディア・オウンドメディア)も同時に上手く使いこなすことで、集客効果をさらに高めることができます。

 

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

 

コンテンツマーケティングにおける戦略立ての重要性

 

コンテンツマーケティングの定義が明らかになったところで、続いてはコンテンツマーケティングにおける戦略立ての重要性に関して見ていきましょう。

コンテンツマーケティングにおいて、戦略立ての重要性は高いです。

なぜなら「戦略立てをしないと、自社コンセプトやブランドイメージがブレてしまうから」です。

そもそも戦略とは、「ビジネスシーンにおいて目的を達成するための計画や策略、方略のこと」です。

自社の商品やサービスに関する情報をメディア上で発信することで、顧客が購買行動を取るように仕向けるマーケティング手法も、戦略(ストラテジー)の一種だと言えます。

このように多くの企業は、効率よく成果を上げるために戦略を練ります。

 

例えば、営業や販売、経営を始めとするあらゆる場面でストラテジーは役立ちます。

そのため、すぐに課題に取り掛かるよりも一度立ち止まって戦略を図り、積極的に活用するようにしましょう。

なお、ストラテジーと似たような概念としてタクティクス(tactics)が知られていますが、両者には微妙な意味の違いがあります。それは「期間の長さ」です。

ストラテジーがじっくりと時間をかけて大規模な戦略を練るイメージであるのに対して、タクティクスは短い期間で成果を上げるための戦略というイメージがあります。

さらにストラテジーは、長期的かつマクロな視点で目的達成のために図る戦略という意味があります。

一方タクティクスには、戦術や戦法という意味があり、短期的かつミクロな視点で物事を捉えるというニュアンスを持っています。

 

このようにターゲットユーザーが曖昧だと、いつまで経ってもサイトの方向性が定まらず、方針が見えてきません。

コンテンツマーケティングで集客するにあたって、今後どの層に向けて情報発信をしていきたいかを自社で明確化させるようにしましょう。

 

コンテンツマーケティングを成功に導くポイントとは?

 

戦略設計の手順

 

戦略設計の手順は5つのステップを踏む必要があります。以下の通りです。

 

既存のコンテンツを分析する

効果測定を通じて、自社サイトの現状を把握しましょう。

 

目的を明確化させる

何のためにコンテンツマーケティングを運用するのか明確にしておきましょう。

 

ターゲット層を決定する

自社の商品やサービスがどんな検索ユーザーに受け入れられるかを把握しておきましょう。

 

コンテンツの種類を決める

コンテンツの種類は多岐にわたります。自社に合ったコンテンツを発信するようにしましょう。

 

制作に向けた計画を立てる

何の計画も立てず制作に取り掛かっても、思うような成果は得られません。

コンテンツの制作に取り掛かる前に綿密なプランを立てましょう。

 

コンテンツマーケティングは、なぜKPIの設定が必要なのか?

 

コンテンツマーケティングの効果を引き出すコツ

 

コンテンツマーケティングの効果を引き出すコツは大きく3つあります。

 

コンテンツマップを作成する

検索ユーザーが見込み顧客となり、最終的にコンバージョンに至るまでにどんなルートを辿ってきたのかを可視化できます。

 

ターゲットに合わせてコンテンツを発信する

検索ユーザーが一番に必要としている情報を提供する必要があります。そのため、常にサイトを閲覧してくれるユーザーの立場に立つことが求められます。

 

コンテンツ同士をSNS連携させる

自社に関する情報を多方面に拡散することができます。

 

コンテンツマーケティングの効果を上げるためのポイントとは?

 

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングと戦略についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングを運用する際には、ただコンテンツを作成するのではなく「ユーザーにとって有益で価値あるコンテンツを提供し続けること」が大切です。

また、コンテンツマーケティングを運用することで期待できる効果は幾つかあります。以下の通りです。

 

・広告費を削減できる。

・見込み顧客を獲得できる。

・自社の商品やサービスの認知度を高められる。

 

こうしたメリットを実感するためにも、戦略設計はしっかりと練りましょう。

特に「どんなコンテンツを誰に対してどうやって発信するのか」が肝心です。戦略立てを行わず無計画に運用しても、コンバージョンにつなげられるどころか、見込み顧客を獲得するのも難しくなります。

今後、コンテンツマーケティングを自社で導入および運用していきたい方は、ご紹介した戦略設計の手順や効果を引き出すコツを役立ててみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングは、KPIと同様にKGIの設定が必要なのか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。