オススメ情報

コンテンツマーケティングにはどんなメリットがあるのか?

WEBマーケティングやSEOの経験が浅い方は、コンテンツマーケティングを導入することでどのような効果が得られるのか、疑問を抱いていることでしょう。

今回は、コンテンツマーケティングとは何か?導入した場合にどのようなメリットがあるのか?解説をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングを導入するにはどうすれば良いのか?

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、「ターゲットにしたユーザーが望む、良質で価値の高いコンテンツを提供することで、潜在的な顧客の関心を寄せ集め、購買意欲をかきたて、最終的にファンとして購買行動を起こさせるマーケティング手法」のことです。

また、「企業がユーザーに伝えたい情報の中身や内容」を意味するコンテンツ(contents)と「様々な戦略により商品やサービスが売れるように仕向けること」を意味するマーケティング(marketing)を掛け合わせた概念だと言えます。

コンテンツの種類は、テキスト(記事)、動画(YouTubeなど)、写真(Instagramなど)を始めとする半永久的に残るものから、オンラインセミナー、対面イベント(オフライン)などの一度きりのものまで多岐にわたります。

このうち、自社サイトなどオウンドメディアを運用する企業は、主にテキスト(記事)をコンテンツとする場合が多いです。

そのため、これから先の説明は、記事をコンテンツとするコンテンツマーケティングを前提として話を進めていきます。

 

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

 

コンテンツマーケティングと広告の違い

近年、情報化やSNSの急速な普及を背景に、企業が顧客接点を作り集客につなげる手法が広告(プッシュ型)からコンテンツマーケティング(プル型)に移行しつつあります。

従来は、CMを始めとする広告が企業からの一方的な売り込みをしていたのに対して、コンテンツマーケティングは、ターゲットのニーズがどこにあるのかを模索し、常に顧客を第一に考えているため、無理な売り込みをすることはありません。

したがって、コンテンツマーケティングは「ユーザーを第一に考える売り込みをしない集客の手法」だと言えます。

情報で溢れかえる現代において、ユーザーは豊富な選択肢の中から、自らが望む良質なコンテンツを取捨選択しますが、特に興味をそそられない企業側の押し売りには抵抗を感じてしまいます。

このように、従来のプッシュ型広告が通用しなくなってきている中でも、コンテンツマーケティングは注目度を増してきており、導入を検討する企業も多いです。

 

コンテンツマーケティングとネイティブ広告の違いとは?

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

コンテンツマーケティングに関して調べていると、コンテンツSEOという言葉も同時によく目にするかと思います。

両者ともに運営サイトに多くのユーザーを呼び込み、集客につなげる上で肝となるマーケティングの手法だと言えますが、馴染みの無さからか混同されることも多いです。

以下では、似て非なる二つの概念を区別していきます。

 

前述したように、コンテンツマーケティングとは、「ユーザーが望むとされる高品質なコンテンツを提供することで、潜在的な顧客の関心を寄せ集め、購買意欲をかきたて、最終的にファンとして購買行動を起こさせるマーケティング手法」のことです。

一方、コンテンツSEOとは、「ユーザーが望む良質なコンテンツの提供を通じて、GoogleやYahoo!を始めとする検索エンジンで上位に表示されることを目的とする手法」のことで、SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)の内部施策を意味します。

特に、コンテンツSEOの重要な要素の1つとして、共起語(特定の関連キーワード)が文脈に沿って使用されているか否かが挙げられます。これはサイトを検索上位に表示する上で鍵となるSEO対策です。

 

コンテンツSEOが検索エンジンにおいて運営サイトを上位表示させることによる集客を見込んでいるだけであるのに対し、コンテンツマーケティングは集客に成功した後に、ファンになってくれた顧客とのコミュニケーションに重きを置いています。このことから、コンテンツマーケティングがコンテンツSEOよりも広い領域の概念であることが理解いただけるかと思われます。

また、コンテンツマーケティングを運用する際に、いくら価値の高い記事を作成してもユーザーに見つけてもらえない状態では集客につながらず、マーケティングとして意味がありません。

そこで、講じるべき施策がSEOです。Googleを始めとする検索エンジンが内部施策を重視する現在では、コンテンツSEOのノウハウを盛り込むことで、良質な記事が検索上位に表示されるようになります。

このように、コンテンツマーケティングは、「質の高いコンテンツをユーザーに見つけてもらうこと」が何よりも重要で、質の高い記事をターゲットユーザーに見つけてもらうためには、コンテンツSEOの要素が欠かせません。

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いとは?

 

コンテンツマーケティングのメリットとデメリット

以下では、コンテンツマーケティングを導入するメリットとデメリットをご紹介させていただきます

 

◇メリット◇

・WEB広告よりも低コストで開始できる。

費用の面が少し気がかりであっても、気軽に始めることができます。

 

・質の高いオリジナルコンテンツがブランド化する。

競合サイトとの差別化を図ることができます。

 

・記事がサイト内に貯まっていくと、その積み重ねが資産となり蓄積効果を生む。

サイトに蓄積された記事は残り続け、やがて資産となります。

 

・ソーシャルメディアでのシェアにより情報が拡散される。

広告を使うことなく、コンテンツの情報を拡散することができます。

 

・集客した顧客をファンにすることができる。

ユーザーから寄せられる信頼や愛着が、顧客のファン化につながります。

 

・コンテンツを投稿するタイミングを自社で決められる。

広告のように掲載期間が定められていない点で自由度が高いと言えます。

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

 

◇デメリット◇

・良質なコンテンツ(記事)の作成に時間がかかる。

ターゲットとするユーザーにサイトを閲覧してもらうには丁寧に作り上げる必要があります。

 

・短期ですぐに効果が出ない。

導入を開始してもすぐに効果は得られないため、中長期的に運用しなければなりません。

 

コンテンツマーケティングを更新・継続するメリットとは?

 

コンテンツ(記事)を作成する際のポイント 5選

以下では、コンテンツを作成する際のポイントをいくつかご紹介させていただきます。

 

・作成するコンテンツが、誰に閲覧してもらいたい記事なのか、を明確にする。

検索上位に表示されるようなユーザーにとって魅力的な記事には、堅固な軸があります。

 

・有益なコンテンツを提供し続ける。

サイト運営者がターゲットとするユーザーの関心を集められるようになります。

 

・動画メディアやSNSを始めとする、ソーシャルメディアの活用も併せて行う。

コンテンツが幅広く拡散され、より多くのターゲットユーザーに認知してもらえるようになります。

 

・自社サイトなどのオウンドメディアを通じて、専門性の高いノウハウを発信し続ける。

コンテンツに愛着がわいた顧客がファンとなり、商品やサービスを継続して購入してくれます。

 

・成果が出るまで根気よく、良質なコンテンツの作成に努める。

コンテンツマーケティングは効果が出るまで時間がかかるため、長期にわたり継続して運用する必要があります。

 

コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントとは?

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの意義とメリットについて説明をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングを運用する上で重要なことは、「検索ユーザーの視点に立って、良質なコンテンツを作成すること」です。

Googleを始めとする検索エンジンは、ユーザーにとって価値の高いサイトを閲覧してもらいたいと考えており、そうしたサイトを検索上位に表示しようとします。

そのため、サイト運営者はただやみくもに記事を作成すれば良い訳ではなく、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供し続ける必要があります。

ここまでの説明で、コンテンツマーケティングの導入が長期的な取引が可能な顧客(ファン、リピーター)の獲得につながることを、おわかりいただけたかと思います。

新たな集客の手法に興味のある方は、この機会にコンテンツマーケティングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングにふさわしいターゲット層とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。