SEO対策では、競合サイトを分析して、検索順位やアクセス数、対策キーワードを調査したうえで、次に手を打つ改善策やコンテンツの作成に活かしていくことが重要です。

また、競合サイトの分析をする場合には、チェックツールの特徴や利用料を把握して上手に使い分けていくことで、これまで見えていなかった競合サイトの強みや弱みを把握することができます。

 

株式会社セレクト・ワンでは、お客様向けに競合他社との比較資料を作成する際やサイトの構造設計をする場合に、競合分析が可能な複数のサービスを活用しています。

今回は、SEO対策で競合サイトを分析するためのチェックツールについて紹介させていただきます。

 

SEO外部施策で重要な被リンクのチェックツールとは?

 

競合サイトを分析できるチェックツール 5選

1.SimilarWeb

SimilarWebの利用は会員登録が必要ですが、GoogleかLinkedInに登録済み(メールアドレス・パスワード)であれば、そのアカウントとの連携で、競合サイトのデータ収集、測定、分析が簡単にできる世界的にもメジャーな分析ツールです。

分析内容

・訪問者数、エンゲージメント、国別、カテゴリー別

・キーワード分析、ソーシャル流入元分析、リファラー分析、流入先分析

・競合のWEBサイトが出稿している広告のクリエイティブを一覧表示

・類似しているWEBサイト、検索したキーワードの競合のWEBサイト

・WEBサイト内の人気ページ、サブドメインのトラフィックシェア

利用料

・無料 または 有料(資料請求)

特徴

・競合のWEBサイトのアクセス数や属性を調べるのに向いている

 

2.eMark+ 

eMark+は、国内20万人規模のモニター会員の協力により、インターネット上の行動データから、自社サイトだけでなく、競合のWEBサイトのアクセス解析もできる国内ではメジャーな分析ツールです。

分析内容

・ユーザー数、セッション数、ページビュー数、直帰率、滞在時間など

・ユーザーの性別、年代、エリアなど

・WEBサイトごとの流入元比較

・広告(アフィリエイト、バナーなど)ごとの集客効果

・流入元ごとのサイトランキング

・自社サイト、競合のWEBサイトのキーワードランキング

利用料

・無料 または 有料(10万円から)

特徴

・競合のWEBサイトのアクセス数や属性を調べるのに向いている

 

3.Gyro-n SEO 

Gyro-n SEOは、日々の順位チェックから競合のWEBサイトの順位比較やページ分析まで様々な機能を備えた、日常使いに適した分析ツールです。

分析内容

・日々の検索結果の順位チェック

・検索結果を1位から100位迄で表示

・管理キーワードを登録して、競合のWEBサイトとの順位比較

・対象のWEBサイトの各ページの内部施策状況の把握

・特定の地域を指定した順位取得

利用料

・無料

特徴

・競合のWEBサイトの日々の順位やSEO対策状況を調べるのに向いている

 

4.SEOチェキ

SEOチェキ!は、検索窓にURLを入力するだけで、SEO対策で必要な様々な内容を簡単に調べることが可能です。最大の特徴は、操作性が簡単でわかりやすいため、一般のユーザーにも広く使われている分析ツールです。

分析内容

・タイトル、メタディスクリプション、h1など各タグ情報

・内部リンクや外部リンク

・Google,Yahoo!のインデックス数

・ページ読み込み時間

・キーワードの出現頻度

・Whois情報

利用料

・無料

特徴

・競合のWEBサイトの日々の順位やSEO対策状況を調べるのに向いている

 

5.WEBSITE GRADER

WEBSITE GRADERは、画面の真ん中部分の検索窓にURLとEメールを入れて、スコア取得を押すだけで、SEO対策やWEBサイトの制作で必要な内容を得点で評価してくれる視覚的にわかりやすい分析ツールです。

分析内容

・ページサイズ、ページリクエスト、ページスピードなどの表示速度評価

・レスポンシブデザイン、ビューポートなどのモバイル対応評価

・ページタイトル、メタ記述、見出し、サイトマップなどのSEO対策評価

・SSL化などのセキュリティ評価

利用料

・無料

特徴

・競合のWEBサイトのサイト品質やパフォーマンス、SEO対策状況を調べるのに向いている

 

おわりに

今回は、SEO対策で競合サイトを分析するためのチェックツールについて、5種類ほど厳選して紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

競合サイトは、自社と同じような商品・サービスを提供している企業だけが、検索順位において競合の対象になるとは限りません。

まったく違う業種の企業や事業規模の異なる会社、その他のWEBサイトでも、最新のSEO対策を実施していることによって検索順位の上位を占めているようなケースもあります。

 

WEBサイトの運営者は、競合サイトの分析をすることで、自社の強みと弱みを把握しながら競合の優れている要素を取り入れて、それを超えるようなSEO対策をすることが必要です。

また、競合サイトの分析をすることは、Google検索エンジンやユーザーに対して、数多くの選択肢の中から、自社を選定してもらうために欠かせない作業とも言えます。

これからSEO対策の導入を予定している方や競合サイトの分析を検討している方は、自社(自分)のニーズに合いそうなチェックツールを見つけて、この機会に活用してみてはいかがでしょうか。

 

SEO対策で検索順位を知るためのチェックツールとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. SEO対策に失敗する会社の原因や傾向とは?

  2. スマホのSEO対策やモバイルSEOに必要な要素とは?

  3. アルゴリズムの変動に強いロングテールを狙うSEO対策とは?

  4. 2018年の最後に知っておきたいSEO対策とは?

  5. SEO業者の選定でおさえておきたいポイントとは?

  6. SEOコンサルティングで求められる対応力とは?