皆さんは、普段聞きなれないマーケティング用語で【共起語】という語句はご存知でしょうか。

共起語は、コンテンツマーケティングを運用していく上で、上手に取り入れて活用しなければならない重要な要素のひとつです。

今回は、マーケティング用語の共起語とはどのような語句なのか、コンテンツマーケティングを運用する上で重要な共起語について紹介をさせていただきます。

 

ホームページに追加したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?

 

コンテンツマーケティングの運用で重要な共起語とは?

コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツや記事を作成する際に盛り込む共起語は、検索結果の表示順位にまで影響を与える大きな役割を果たしています。

コンテンツマーケティングは、通常のブログやコラムを書く程度のライティングで良いのではないかと思っている方がいますが、ただ端に記事をライティングする程度のものでは、コンテンツマーケティングとして意味はなくWEBマーケティングの効果も発揮できません。

まずは、コンテンツマーケティングの運用で重要な共起語について、いくつかの例を挙げながら紹介をさせていただきます。

共起語

 

1.共起語の例

コンテンツマーケティングで、軸となるキ―ワードを【サッカー】と設定した場合の共起語は、【日本代表・日本代表メンバー・ダイジェスト・スパイク・海外】などが該当します。

 

2.共起語の例

コンテンツマーケティングで、軸となるキ―ワードを【旅行】と設定した場合の共起語は、【予約・ホテル・国内・女子旅・持ち物】などが該当します。

 

3.共起語の例

コンテンツマーケティングで、軸となるキ―ワードを【レストラン】と設定した場合の共起語は、【予約・メニュー・バイキング・ウェディング・英語】などが該当します。

 

コンテンツマーケティングでは必見!共起語の効率の良い見つけ方をご紹介

次に、コンテンツマーケティングの運用で、共起語の効率の良い見つけ方について、専用のツールを活用する方法と自然(キーワード)検索を利用する方法がありますので、それぞれを紹介させていただきます。

 

1.専用のツールを活用して、共起語を見つける方法とは?

MIERUCA(ミエルカ)は、共起語を見つけることができる有償のサービスです。

Goodkeyword(グッドキーワード)は、共起語を見つけることができる無償のサービスです。

 

2.Googleの自然(キーワード)検索を利用して、共起語を見つける方法とは?

Google検索エンジンの検索窓に【パソコン 購入 費用】と打ち込むと【初心者・おすすめ・ネット・安い・スペック】などが共起語として表示されます。

Google検索エンジンの検索窓に【パソコン 修理 費用】と打ち込むと【値段・料金・おすすめ・持ち込み・見積もり】などが共起語として表示されます。

 

コンテンツマーケティングの運用で共起語の使用方法は?

次に、コンテンツマーケティングの運用で、共起語の使い方について紹介をさせていただきます。

共起語は、これまでの説明の通り、まず軸となるキーワードを選定して、次にそのキ―ワードと関連するキーワードを選定し、文章の前後に意味がわかりやすい様に配置しながらライティングしていきます。

意味もなく、文章の中に軸のキ―ワードや関連キ―ワード、共起語を多用することは、Google検索エンジンやユーザーに対しても好ましいものではありません。

コンテンツマーケティングは、文章の中に共起語を適度に取り入れながら、誰が見ても一目でわかるような正しい文章にして、ライティングしていくことが求められます。

 

コンテンツマーケティングで上位表示に必要なキーワードを教えてくれるツールとは?

 

コンテンツマーケティングの運用で共起語はなぜ重要なのか?

コンテンツマーケティングの運用で、共起語はなぜ重要なのか?を理解するには、Google検索エンジンと共起語の関係についても紹介しておかなければなりません。

Google検索エンジンの以前のアルゴリズムでは、クローラーが巡回しサイト内のキーワード単体(キーワードの出現回数)だけを判断して、上位表示を決めるための評価基準としていました。

そのため、意味もなくキーワードを多用しているユーザビリティが低いサイトが、検索結果の順位で上位に表示されているものが多く存在していました。

上位に表示させるためだけに数多くのキーワードを盛り込んだサイトは、ユーザーから見ると文章がおかしかったり、内容が理解出来なかったり、見た目が悪かったり、とユーザビリティに大きな問題がありました。

Google検索エンジンは、これらの問題を改善するために何度となくアップデートを繰り返して、評価基準を各ページのコンテンツや前後の文章の意味を認識して理解できるように大幅に改善しました。

その結果、文章とキーワードに対して共起語が正確に使用されているサイトの評価が高くなりました。

これらのことから、Google検索エンジンと共起語との関係は、現在のアルゴリズムにおいて重要になったと言えます。

 

おわりに

今回は、マーケティング用語の共起語とはどんな語句なのか、コンテンツマーケティングを運用する上で重要な共起語について紹介をさせていただきまましたが、いかがでしたでしょうか。

昨今、Google検索エンジンの評価基準が著しく変動して厳格化されたことにより、コンテンツマーケティングの運用において共起語の存在が高まってきました。

コンテンツマーケティングは、ただ端にテキスト数やキーワードの出現回数を増やして、ライティングをするだけでは意味がなくWEBマーケティングとして効果も望めません。

文章の中にキーワードと共起語が正確に使用されているサイトこそがGoogle検索エンジンからの評価が高く、ユーザーが好む良質で有益なコンテンツを提供していくことが、コンテンツマーケティングを運用していく上で重要なポイントです。

これからコンテンツマーケティングの導入を検討している方は、ここで紹介した記事を参考にしていただいて【共起語】を上手に活用しながら取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングで上位表示するための記事の書き方は?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用にはなぜKPIの設定が必要なのか?

  2. コンテンツマーケティングの効果に影響する重複、類似コンテンツについて!…

  3. コンテンツマーケティングの運用で言われる良質なコンテンツとは?

  4. コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションの連携について…

  5. コンテンツマーケティングがなぜ日本で流行ってきたのか?

  6. ホームページに公開したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?