WEB広告に携わる企業の方であれば、マーケティング用語として使われる【共起語】という言葉を聞いたことがあると思います。

共起語の存在は、コンテンツマーケティングやSEO対策をしていくうえで、上手に活用しなければならない重要な要素のひとつです。

今回は【共起語】とは?どのようなものか、コンテンツマーケティングに必要な共起語について紹介をさせていただきます。

 

WEBサイトに公開したコンテンツを読んでもらうためには?

 

共起語とは?

コンテンツマーケティングは、これまでのWEB広告のような費用を掛け捨てする投資ではなく、サイトの資産に変わるメリットがあることで、日本国内の企業でも広く浸透した手法です。

その中で、Google検索エンジンの評価基準が厳格化されたことにより、コンテンツマーケティングにおける共起語の存在が高まってきました。

共起語は、コンテンツマーケティングやコンテンツSEOで記事を作成する際に活用しますが、検索結果の順位にまで影響を与える大きな役割を果たしています。

まずは、共起語とはどのようなものか?いくつかの事例を挙げながら紹介させていただきます。

共起語

 

1.共起語の事例:【サッカー】の場合

コンテンツマーケティングで、軸となるキ―ワードを【サッカー】と設定した場合の共起語は、【日本代表】【日本代表メンバー】【ダイジェスト】【スパイク】【海外】などが該当します。

 

2.共起語の事例:【旅行】の場合

コンテンツマーケティングで、軸となるキ―ワードを【旅行】と設定した場合の共起語は、【予約】【ホテル】【国内】【女子旅】【持ち物】などが該当します。

 

3.共起語の事例:【レストラン】の場合

コンテンツマーケティングで、軸となるキ―ワードを【レストラン】と設定した場合の共起語は、【予約】【メニュー】【バイキング】【ウェディング】【英語】などが該当します。

 

共起語を効率良く見つける方法

次に、共起語を効率良く見つける方法について、専用のツールを活用する方法と自然(キーワード)検索を利用するやり方がありますので、それぞれを紹介させていただきます。

 

1.専用のツールを活用して共起語を見つける方法

MIERUCA(ミエルカ)は、共起語を見つけることができる有償のサービスです。

Goodkeyword(グッドキーワード)は、共起語を見つけることができる無償のサービスです。

 

2.Google検索エンジンの自然検索を利用して共起語を見つける方法

・Googleの検索窓に【パソコン 購入 費用】と打ち込むと、【初心者】【おすすめ】【ネット】【安い】【スペック】などが共起語として表示されます。

・Googleの検索窓に【パソコン 修理 費用】と打ち込むと、【値段】【料金】【おすすめ】【持ち込み】【見積もり】などが共起語として表示されます。

 

共起語の正しい使い方

次に、共起語の正しい使い方について紹介をさせていただきます。

共起語は、これまでの説明の通り、はじめに軸になるキーワードを選定します。次に、そのキ―ワードと関連するキーワードを選定し、文章の前後に意味がわかりやすい様に配置しながらライティングしていきます。

 

意味もなく、文章の中に軸のキ―ワードや関連キ―ワード、共起語を多用することは、Google検索エンジンやユーザーに対しても好ましくありません。

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOの運用では、記事の中に適度に共起語を盛り込みながら、誰が見ても一目でわかるような正しい構成にして、ライティングしていくことが求められます。

 

コンテンツSEOに必要なキーワードを教えてくれるツールとは?

 

Google検索エンジンと共起語の関係性

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOで共起語の重要性を理解するには、Google検索エンジンと共起語の関係について解説しておかなければなりません。

旧来のGoogleのアルゴリズムは、インターネット上をクローラーが巡回し、サイト内のキーワードの情報(キーワードの出現回数)だけを判断して、検索順位を決めていました。

 

そのため、意味もなくキーワードを多用しているサイトが、検索順位で上位に表示されているものが多く存在していました。

上位に表示させるためだけに、キーワードを無駄に盛り込んだサイトは、ユーザーから見ると文章がおかしかったり、記事が理解出来なかったり、見た目が悪かったり、とユーザビリティの面で大きな問題がありました。

 

Googleのアルゴリズムは、これらの問題を改善するために、大きなアップデートを繰り返して、評価の基準を文章の意味まで認識し理解できるように改善しました。

その結果、記事の中にあるキーワードに対して、共起語が正確に使用されているサイトの評価が上がりました。

これらのことから、現在のアルゴリズムでGoogle検索エンジンと共起語の関係は、更に重要になったと言えます。

 

おわりに

今回は、マーケティング用語の【共起語】とは?どのようなものか、コンテンツマーケティングに必要な共起語について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングは、ユーザーにとって有益な情報を発信して、見込みユーザーから購買ユーザーを経て、最終的にはファン化させることを目的とした手法です。

 

コンテンツや記事の作成は、ただ端にテキスト数やキーワードの出現回数を増やして、ライティングするだけでは意味がなく、コンテンツマーケティングの効果を最大化することはできません。

記事の中に、キーワードと共起語が正確に使用されているサイトが、Googleからの評価が高く、ユーザーが欲する価値のある情報を提供していくことが、コンテンツマーケティングの運用では重要なポイントになります。

これからコンテンツマーケティングの導入を検討している方は、ここで紹介した記事を参考にしていただいて、【共起語】を上手に活用したライティングを心掛けてください。

 

コンテンツマーケティングで上位表示をねらう記事の書き方とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの関係とは?

  2. コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いとは?

  3. コンテンツマーケティングに必要なマーケターとは?

  4. コンテンツマーケティングとネイティブ広告の違いとは?

  5. コンテンツマーケティングが日本で流行したのはなぜか?

  6. コンテンツマーケティングは、なぜKPIの設定が必要なのか?