オススメ情報

サイテーションとは?SEOの効果と獲得方法について解説

サイテーションとは?SEOの効果と獲得方法について解説

この記事をご覧の皆さんは、サイテーションの存在をご存知でしょうか。

近年、サイテーションの注目度が高まりつつあります。なぜなら、サイトのクリック率やコンバージョン率を高めるのにサイテーションが役立つからです。

インターネット上には、数多くのWebサイトが存在します。その中で、自社サイトを目立たせるのは容易なことではありません。

しかし、サイテーションを上手く活用すれば、Googleを始めとする検索エンジンがサイトを認識しやすくなり評価されやすくなると考えられています。

 

そんな、サイテーションという用語を一度は耳にしたことがあるものの、詳しい意味が分からずお困りの方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、「サイテーションとは?SEOの効果と獲得方法について解説」と題して、サイテーションの定義を明らかにします。

その上で、サイテーションのSEO効果(メリット・デメリット)や獲得方法など周辺知識も交えてご紹介させていただきます。

 

SEO対策とは?その本質と基本的な方法

 

サイテーションとは

 

以下では、サイテーションの定義だけではなく、同じくSEO外部施策の1つである被リンクの定義や周辺知識も併せてご紹介いたします。

 

サイテーションとは?

そもそもサイテーション(Citation)は、直訳すると「引用」「言及」という意味を持つ英単語です。

しかし、SEOの観点では「特定のサイト名や企業名、店舗名、ブランド名、サービス名、テキスト状のURL、住所、電話番号が他のサイトやSNSに記載されること」を意味します。

そんな、サイテーションは被リンクと同じく外部施策の一種であり、SEOにおいて重要な指標だと言えます。

なぜなら、GoogleのガイドラインにおいてSEOに直接の影響を与えるとは明記されていないものの、一定のSEO効果が見込めると考えられているからです。

 

このようにサイテーションでは、リンクを貼らずにサイト名やURLをテキストとして記述します。

リンクが設置されることなく他のコンテンツに参照されるのは、サイテーションの特徴だと言えます。

そんなサイテーションは、MEOで上位表示を目指すために欠かせません。

ここで言うMEOとは、Map Engine Optimizationの略称で、Google MAP向けの地図エンジンで最適化を図ることを言います。ローカルSEOと同義です。

そもそもローカルSEO(Local SEO)とは、「地名+キーワード」で検索をした場合、Googleの検索結果で上位に表示させる為のローカル検索に特化したSEOのことを言います。

例えば、「品川 歯医者」「表参道 カフェ」など特定の地域名を含むキーワードで検索上位を目指します。

 

代表的な表示をするものとして、種類は大きく2つあります。以下の通りです。

・ローカルパック

・ナレッジパネル

 

そんなMEOには、幾つかメリットがあります。以下の通りです。

・集客に直結しやすい。

・競合が少ない。

・低予算で始められる。

 

MEOによる基本的な対策は以下の通りです。

・距離

・関連性

・知名度

・「NAP」表記 なお「NAP」とは、ビジネス情報(Name)所在地(Address)電話番号(Phone number)の頭文字を取った造語。

 

取り組む際の注意点は以下の通りです。

・情報の更新や修正をこまめに行う。

・口コミへの返信を行う。

 

このようにMEOの対策をしっかりと講じることで、ユーザーへの訴求力が高まります。

より多くのターゲットに自社の存在、さらには商品やサービスをアピールしたいとお考えの企業は、マップエンジン最適化に取り組んでみましょう。

 

ローカルSEOは誰にもできる簡単なSEO対策なのか?

 

被リンクとは?

被リンク(Backlink)とは、他サイトから対象のWEBサイトに向けて設置されたリンクのことです。

つまり「被リンク」は、他サイトから自サイトへと繋ぐリンクを意味します。

反対に、自サイトから他サイトへと繋ぐリンクのことを「発リンク」と言います。

このように、被リンクや発リンクを始めとする「外部リンク」を設置することでGoogleからの評価が高まり、Webサイトが上位に表示されやすくなります。

そのため、サイテーションとともにSEO外部施策の一つに数えられる被リンクは、自サイトのページ同士を結ぶ内部リンクと同じくらい効果的なSEO対策だと言えます。

そんなリンク最適化によるSEO効果は、以下の通りです。

 

クローラーが巡回しやすくなる

検索エンジンがデータベース化によってWebページを認識します。

 

検索エンジンからの評価が上がる

関連性の高いページ同士を連結させることが重要になります。

 

内部リンクを設置する際に、注意すべき点は以下の通りです。

 

URLの正規化を行う

検索エンジンからの評価が分散してしまうのを防ぐために欠かせません。

 

アンカーテキストを正確かつ簡潔に記述する

クローラーが巡回をしやすくなります。

 

Webサイトの検索順位を上位に表示させたいサイト運営者は、内部リンクと外部リンクの最適化をさせるようにしましょう。

なお、ここで言うクローラー(Crawler)とは、インターネット上でWEBサイトのあらゆる情報を周期的に収集して、検索用データベースインデックスを作成する自動巡回プログラムのことです。

クローラーは収集した情報をもとに、どのWebサイトを検索エンジンの上位に表示させるかを決めています。

別名で、ボット、スパイダー、ロボットなどとも呼ばれており、元々は「這う」を意味する英単語クロール(Crawl)の派生語であることから、インターネットという情報の海をクローラーが泳ぐイメージが浮かんでくるかと思います。

 

ちなみに、日本の検索エンジンの9割がGooglebotで運用されていて、シェアの大部分を占めていることになります。

このようにクローラーは、巡回→解析という一連の流れを踏んだ上で、検索結果に反映させています。

このとき、インターネット上を回遊し、解析したWebサイトをデータベースとして記録・分類しています。

その際、Webサイトを上位に表示させるためには、クローラーによる巡回のしやすさ(クローラビリティ)を改善する必要があり、これが有効なSEO対策になります。

具体的には以下の7つが挙げられます。

 

被リンクを増やす

他のページからの回遊率が上がり、クローラーも巡回しやすくなります。

 

URLの見直しを行う

マイナス評価を受ける重複コンテンツをなくし、複数あるURLを1つに統一しましょう。

 

サイトを3階層の構造にする

階層が浅いページはクローラーも巡回しやすいです。

 

Google search consoleを活用する

巡回してもらいたいWebサイトの存在をGoogleに知らせましょう。

 

画像リンクではなく、テキストリンクを使う

クローラーはテキストを優先的に巡回します。

 

アンカーテキストの改善

キーワードを盛り込むなど、ひと工夫を加えましょう。

 

パンくずリストの作成

設置することで、クローラーがサイト内を巡回しやすくなります。

 

このように、ただコンテンツの作成に当たるのではなく、どんなWebサイトがクローラーによる巡回がされやすいのかポイントを把握した上で、SEO対策を講じる必要があります。

 

SEO対策における被リンクとは?

 

サイテーションのSEO効果

 

サイテーションの定義が明らかになったところで、続いてサイテーションのSEO効果について見ていきましょう。

その際メリット・デメリットについて言及する前に、SEOとは何かご紹介いたします。

そもそもSEO(Search Engine Optimization)とは、「検索エンジン最適化」とも呼ばれます。

Googleを始めとする検索エンジンにおいて、検索結果ページの上位表示の順位に自社のWEBサイトが表示されるように工夫することで、そのための技術やサービスを言います。

 

そんなSEOには幾つかメリットがあります。以下の通りです。

・無料または低コストで始められる。

・サイトが上位に表示されると、ブランディング効果を得られる。

 

反対にデメリットもあります。以下の通りです。

・効果が現れるまでに時間がかかる。

・検索エンジンのアップデートやアルゴリズムに左右セットされる可能性がある。

 

そしてSEOは大きく2種類に分類されます。以下の通りです。

内部施策 Webサイトの内部を最適化させること。代表例はコンテンツマーケティングやコンテンツSEO。

・外部施策 Webサイトの被リンクの質と量を増やして向上させること。

 

このようにSEOで成果を上げるためには、内部施策と外部施策を講じる必要があります。

その中でも特に、ユーザーの目線に立って良質なコンテンツを提供し続けることが何より大切です。

その際、SEO対策したい検索キーワードを文脈に沿った形でコンテンツに含ませると効果的です。実際に、GoogleもそうしたWebサイトを高く評価します。

同時にユーザーには、自社の商品やサービスを知ってもらう機会を与え、最終的には見込み顧客をファン化させることができます。

 

Webサイトを検索順位の上位に表示させることで、集客効果を得たりCV数を増やしたりしたいとお考えのサイト運営者は、SEO対策を講じるようにしましょう。

ここで言うCV数とはコンバージョンのことです。コンバージョン(conversion)とは、WEBサイトにおけるゴール達成のことです。

見込み顧客から顧客への変換・転換・転化を意味し、最終的な成果として使われます。コンバ―ジョンに多いのは、お問い合わせ、資料請求、商品やサービスの購入、イベントへの参加申し込みなどで、CVをコンバージョンとして呼びます。

そんなコンバージョンには大きく5つの種類があります。以下の通りです。

 

直接コンバージョン

Webサイトに出稿した広告経由で、ユーザーによって商品が購入されることを意味します。

 

間接コンバージョン

いったん離脱したが、再びサイトに戻ってきたユーザーによって商品が購入された場合である点において、直接コンバージョンと異なります。

 

ユニーク・コンバージョン

あるWebサイトで2つの商品が購入された場合であっても、アクションごとに2と見なすのではなく、一人のユーザーを1とカウントする点が特徴的です。

 

クリックスルー・コンバージョン

ある広告をクリックした先のWebサイトで、ユーザーによってなされたコンバージョンのことです。

 

ビュースルー・コンバージョン

ある広告を見て、後にWebサイトでユーザーによってなされたコンバージョンのことです。このとき、ユーザーは広告を見ただけであり、クリックしてはいません。

 

コンバージョンを最大化させるためには、コンテンツを最適化したりユーザーをWebサイトに導いてあげたりする必要があります。

ロジックツリーを活用することで、最終的な成果に至るまでの道筋を細分化した上で、それぞれの段階や要素ごとでの改善が期待されます。

このように、コンバージョンはWebマーケティングにおいて、企業がどれだけ成果を獲得できているかを数値化して表す指標となります。

その上で、サイテーションのメリット・デメリットはそれぞれ以下の通りです。

 

SEOにおける外部対策とは?その効果や注意点を紹介

 

サイテーションのメリット

自社に関する好意的な引用・言及が増えると、サイト評価が高まり、自然と検索順位も上がります。

Googleを始めとする検索エンジンから高く評価されるため、SEO効果が見込めます。

 

サイテーションのデメリット

悪評を含んだネガティブな内容の引用や言及によって、SEO効果に悪影響を及ぼす恐れがあります。

Googleを始めとする検索エンジンから低く評価されてSEO効果が見込めません。

このようにサイテーションのSEO効果は、ユーザーから良く評価されるか悪く評価されるかによってメリット・デメリットがあることをご承知おきください。

 

外部リンクとは?SEOに重要な理由と対策方法を解説

 

サイテーションの獲得方法

 

サイテーションを獲得するには?

サイテーションの獲得方法は大きく4つあります。以下の通りです。

 

1.様々な媒体の広告や引用によって認知度を向上させる

広告と一括りに言っても、テレビCM、新聞、テレアポ、FAX、メールマガジン、バナー広告、動画広告など多岐にわたります。

広告を通じて、自社の商品やサービスを多方面にプロモーションすれば、新たなサイテーションを獲得できます。

 

2.サイトおよびブランド名をわかりやすくする

ユーザーに自社の存在を認知してもらうために、タイトルはローマ字表記だけでなくカタカナ・ひらがな表記も行うようにしましょう。表現の仕方一つが企業の自社ブランディング構築とサイテーションの獲得に大きく影響します。

なお、ここで言うブランディング(Branding)とは、ブランドを構築するための組織的かつ長期的な取り組みのことです。

 

そんな、ブランディングにはいくつかメリットがあります。以下の通りです。

・顧客のロイヤリティを獲得がリピート率の向上につながる。

・競合他社との差別化を図ることができる。

・消費者に認知されるようになる。

・商品やサービスを高い利益率に設定することができる。

 

このようにブランディングの構築に力を入れることで、あらゆる効果を期待することができます。

では、ブランディングを構築させるにはどうすればいいのでしょうか。以下の通りです。

前提として、世間に独自のイメージを浸透および定着させることが何よりも重要となります。

そのためには、次の3つの手順を踏む必要があります。

 

・ブランドの現状を分析する

自社の強みを把握すると同時に弱みを改善しましょう。

 

・核となるコンセプトを設計する

顧客にどんなイメージを持ってもらいたいかを明確にさせます。

 

・コンセプトを具現化する

設定したコンセプトに沿って、実際に商品やサービスをプロモーションしていきましょう。

訴求したいターゲット層の集客や収益の増大をさせたい企業は、ブランディング戦略を行いましょう。

 

3.Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスに登録すると、自社に関する情報が他サイトやSNSで拡散・シェアされる機会を増やせるため、サイテーションの獲得につながります。

そもそも、Googleマイビジネス(Google my business)とは、Google のWEBサイト上にビジネス情報を登録し、検索結果やGoogleマップなどを表示、更新、管理が可能になるサービスのことです。

なお、サービスの登録は無料となります。

 

Googleマイビジネスを利用すれば、事前に登録した自社の店舗の正しい情報をGoogle検索やGoogleマップで表示させることができます。

また分析情報を閲覧したり、無料のWebサイトを作成できたりします。

そして、ユーザーに自社店舗の魅力をアピールできると同時に、知名度アップにもつながります。

さらに、実店舗を持っていない非店舗型サービスでも登録できる点において優れています。

 

そんな、Googleマイビジネスに基本情報を登録する方法は以下の通りです。

・オーナー登録

・基本情報の編集

・写真や動画の追加

 

しかし、登録する前に注意点があります。以下の2点です。

・表示される写真を自分で指定できない。

・口コミがすべて公開される。

 

このようにGoogleマイビジネスは、自社完結で店舗へのWeb集客を行いたいとお考えの方におすすめの手法だと言えます。

なぜなら、Webメディアを始めとする媒体への広告掲載にかかるコストやマージンを取られることないからです。

店舗集客にお悩みの方はGoogleマイビジネスを活用してみましょう。

 

4.SNSにおいて認知度を向上させる

良質なコンテンツを数多く提供し続けて、SNSで拡散しましょう。

自社に関する情報がSNSで拡散・シェアされると、ユーザーからの評価を得ることができます。

したがって、これからサイテーションの獲得を目論んでいるサイト運営者は、まず手始めに自社のSNSアカウントを作成しましょう。

そもそもSNS(Social Network Service)とは、Social Networking Service(ソーシャルネットワーキングサービス)の略称のことです。

なお英語圏では、SNSという呼び方がされておらず、social mediaやsocialなどと呼びます。

代表例として、Twitter、Instagram、Facebook、LINE、TikTokなどが挙げられます。

そんなSNSは、人と人のつながりを支援するインターネット上のサービスを言います。

 

実社会では知り合いでなかったとしても、オンライン上で利用者同士が交流できる点において優れています。

活用の場は様々で、プライベートに共通の趣味を持つユーザーとの交流を楽しむ人もいれば、仕事やビジネスに活用する人も多いです。

最近では企業や組織が、広報活動の手段としてSNSを上手く活用しています。このようにSNSが普及したことにより、個人が情報発信できる時代が到来しました。

世界中が情報で溢れかえると同時に、従来よりも情報をいち早く知ることができるようになりました。

しかし、SNSを普及したことによる弊害もあります。それはデマの拡散、プライバシーの問題、詐欺被害、ウイルス配布の被害など多岐にわたります

 

そうした現代社会において、SNSを活用する方々が養うべき力があります。

情報を批判的に読み取る力である情報リテラシーです。

インターネット上にある全ての情報を鵜呑みにするのではなく、あらゆる情報の中から安全かつ自分に必要な情報の取捨選択をできるようにすることが大切です。

SNSを活用される方はその利便性の高さだけでなく、注意点にも目を向けるようにしましょう。

 

内部SEOと外部SEOの違いは?

 

サイテーションの獲得状況を知る

サイテーションの獲得状況は調べることができます。以下の通りです。

 

Googleで「“サイト名”‐site:サイトURL」と検索する

どれくらいサイテーションを獲得できているか確認することができます。

 

Yahoo!リアルタイム検索機能で調べる

登録やログインが一切要らない点において優れています。ただし、リアルタイムで言及されていた内容を検索できる範囲はTwitterやFacebookに限られます。

 

GTM(Googleタグマネージャ)とは?活用メリットや機能・導入方法を紹介

 

まとめ

今回は、サイテーションの定義を明らかにした上で、サイテーションのSEO効果(メリット・デメリット)や獲得方法など周辺知識も交えてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

そもそも、SEO対策は以下の2つに分類されます。

・内部施策 WEBサイト内部の最適化(内部リンクの設置など)

・外部施策 被リンクやサイテーションの獲得

 

なお、被リンクとサイテーションの大きな違いはURL(リンク)の有無だと言えます。被リンクにはURLがありますが、サイテーションにはURLがありません。

リンクが貼られておらず、サイト名などの企業に関する情報がテキスト状で言及されています。

どちらを獲得するにせよ、良質なコンテンツを数多く提供し続け、自社に関する情報をSNSで拡散することが求められます。

そんなサイテーションは新たに獲得することで、サイト評価が高まると同時に検索順位の上昇も期待されます。

 

一方で、自社に否定的な引用や言及があるとサイトが低く評価されて検索順位が下がってしまいます。

自社に肯定的なサイテーションを獲得できるようにするためにも、Webページに記載するコンテンツの質は高めましょう。

サイトの信頼度が高まれば、検索順位も自然と高まります。

今後、SEO外部施策を通じて集客したいとお考えのサイト運営者は、サイテーションの獲得に注力してみてはいかがでしょうか。

 

内部リンクとは?SEO対策で上位表示をするために重要な施策

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。