WEBサイトから資料請求やお申し込みをする場合に、項目が多く入力しづらいお問い合わせフォームに遭遇した経験は、皆さんも多いのではないでしょうか?

WEBサイトに訪問して、その会社のサービス内容や料金形態を気に入って、お問い合わせフォームまで到達したにもかかわらず、約70パーセントのユーザーは資料請求やお申し込み、予約を行うことなく途中で離脱していると言われています。

今回は、WEBサイトのお問い合わせフォームからユーザーの離脱を防ぐ【EFO対策】について紹介をさせていただきます。

 

ローカルSEOは、今すぐ始めるのも簡単なSEO対策なのか?

 

EFO対策とはどのようなものか?

お問い合わせフォームからユーザーの離脱を防ぐ対策は、一般的にEFOと呼ばれています。

EFOとは、「Entry Form Optimization」の略称のことで、資料請求やお問い合わせフォームの離脱ポイントを見つけて最適化することで、ユーザーの入力率を向上させて離脱率を下げるための対策のことを言います。

また、EFOの別名で「入力フォーム最適化」と呼ばれることもありますが、もう少し簡単に説明をさせていただくと、お問い合わせフォームの通過率を上げるための対策とも言えるでしょう。

EFO

 

EFO対策の前に確認しておきたい、ユーザーがお問い合わせフォームから離脱をする原因とその改善策とは?

ここでは、お問い合わせフォームや資料請求フォームの途中から、ユーザーが入力をあきらめて途中で離脱をしてしまう原因とその改善策について紹介させていただきます。

 

お問い合わせフォームの項目のわかりにくさやエラー表示による再入力など、ストレスが掛かることが発生すれば、ほとんどのユーザーは途中で入力をあきらめてしまいます。

特に入力をするのに手間が掛かったり、やり直しが発生するなどの面倒くさい行為は、ユーザーがストレスを感じますので、お問い合わせフォームを離脱する大きな原因になります。

これらの問題の改善策として、ユーザーが行う入力の手間を軽減させて、お問い合わせフォームの利便性をあげることが求められます。

これまで感じていた、入力時のストレスを軽減できる仕様にお問い合わせフォームを最適化することで、ユーザーのストレスや負担を減らして離脱を防ぐことができます。

 

【お問い合わせフォームからユーザーが離脱をしてしまう主な原因について】

1.入力する項目が多くお問い合わせフォームが複雑に感じる。

2.入力項目に対するアシスト機能が無く項目の数が多い。

3.入力途中でエラーが発生してお問い合わせフォームがリセットされてしまう。

4.入力必須の項目がどれかわかりにくい。

5.入力するテキストに全角入力や半角入力の指定がある。

6.入力項目の枠(縦・横)自体が小さく全体が見えにくい。

7.記載例が無いので入力内容がわかりにくく記載するテキスト量が多い。

8.とにかく入力すること自体にストレスを感じる。

 

【お問い合わせフォームの改善策について】

1.入力項目を簡潔にまとめて項目やテキストの数を減らす。

ユーザーに入力してもらう項目やテキストの数を極力少なくして、必要最低限にまとめる。

 

2.入力項目に自動入力機能(補助機能)を付ける。

住所などは、自動入力機能(補助のシステム)を導入して、お問い合わせフォーム側でユーザーの入力をサポートする。

 

3.リセットされる前にその場でエラー表示をさせる。

入力のエラーは、すべての入力が完了した最後に表示させるのではなく、入力した時点でエラー表示をさせてユーザーへ告知する。

 

4.入力必須の項目のアイコンは画像などを利用して目立たせる。

そこだけの必要最低限の入力で済むので、入力必須の項目はあえて目立たせる表示を付ける。

 

5.全角や半角は自動変換機能(補助機能)を付ける。

全角や半角は、自動変換機能(補助のシステム)を導入して、お問い合わせフォーム側でユーザーの入力をサポートする。

 

6.入力項目の枠(縦・横)は大きめにする。

視覚性の向上やスマホ入力の誤操作防止にもなるので、あえて大きな枠(縦・横)を採用する。

 

7.入力事例を記載する。

入力のミスやエラーの防止につながるので、ユーザーがわかりやすいように記載例を表示しておく。

 

8.入力完了までのステータス(現在の居場所と送信完了までの流れ)を表示させる。

入力があとどのくらいで完了するかの目安として、ユーザーに安心感を与えるためのステータス(現状はどこまで入力が完了しているのか)を表示させる。

 

おわりに

今回は、WEBサイトのお問い合わせフォームからユーザーの離脱を防ぐ【EFO対策】について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

SEO対策やリスティング広告を活用して、WEBサイトへの集客を行ってユーザーを増やしていても、お問い合わせフォームが原因で多くの方が入力をあきらめてしまっていては、コンバージョンにはつながっていきません。

また、EFO対策を実施する前に把握しておきたいことは、セッション数やページビュー数の多いWEBサイトであっても、お問い合わせフォームまでの導線がキチンと確保されていない場合は、WEBサイトからの集客効果が限定されてしまうということです。

EFO対策を実施する前には、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを活用して、WEBサイト内部の導線や問題をあらかじめ確認し修正しておきます。

WEBサイトを閲覧したユーザーが途中で離脱をしていないか、お問い合わせフォームまでは確実に到達しているか、などユーザーの動向までを含めて確認することも必要です。

この記事をご覧になった方は、ユーザーに途中であきらめられることがない最適なお問い合わせフォームを目指して、EFO対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

SEO対策でよく聞くビックキーワードやスモールキーワードの特徴とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. 最新のSEO内部施策について(3)

  2. SEO対策(外部施策)で重要な被リンクのチェックツールについて!

  3. お客様にとって良いSEO業者とは、どのような会社のことを言うのか?

  4. SEO対策をする場合の成果を出せるキーワード選定のコツについて!

  5. SEOコンサルティングとは、どこまでの内容を対応してくれるのか?

  6. SEO対策で有効と言われるパンくずリストとは?