コンテンツマーケティングは、ネット広告やコンテンツSEOに携わる方であれば馴染みのマーケティング手法ですが、同じ様なWEB集客でインバウンドマーケティングはご存知でしょうか?

今回は、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの関係について紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングが日本で流行したのはなぜか?

 

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)とは、見込みユーザーから商品やサービスを見つけてもらう(プル)型のマーケティング手法のことで、DM、メール、電話、FAXなど従来からの売り込み(プッシュ)型のアウトバンドマーケティングとは、まったく逆の手法です。

企業側が売り込みたいと思う対象のユーザーが、企業に対して自発的にアプローチを行うため、インバウンド(外から中へ)と呼ばれています。

 

主なインバウンドマーケティングの手法

・オウンドメディアからの情報発信

SEO対策の実施

・セミナーの開催

・ホワイトペーパーの配布

・ニュースリリースからの情報発信

・ソーシャルメディアからの情報発信

・ブログからの情報発信

・メールマガジンからの情報発信

・動画からの情報発信

 

コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの違い

コンテンツマーケティングは、ユーザーに良質な情報を提供することで、潜在、見込みユーザーを購買ユーザーにすることが目的です。

一方、インバウンドマーケティングは、潜在ユーザーや見込みユーザーから欲しい商品やサービスなどの情報をユーザー自身に見つけてもらうスタイルになります。

 

コンテンツマーケティングにインバウンドマーケティングが含まれる

インバウンドマーケティングは、潜在ユーザーや見込みユーザーから商品やサービスを探してもらう手法で、この手法を成立させるには、コンテンツマーケティングでユーザーが興味を引く良質なコンテンツ(記事)を配信していなければ成立しません。

この事からも解る通り、コンテンツマーケティングの中にインバウンドマーケティングが含まれると言えます。

 

コンテンツマーケティングを導入する際のポイント

次に、コンテンツマーケティングを導入する際におさえておきたいポイントを紹介させていただきます。

 

1.ユーザーが欲しがっている情報か、直近のトレンドと合致しているか、を調査して明確にデータ化する。

2.ユーザーのターゲット層(性別、年齢、地域、職業、趣味、生活スタイルなど)を明確にする。

3.ターゲットにしたユーザー層向けの商品やサービスになっているか、を明確にする。

4.ユーザーが興味を引くような良質なコンテンツ(記事)を作成できるか、を明確にする。

5.ユーザーに対して売り込み(プッシュ)型で、一方的なコンテンツ(記事)の提供になっていないか、を明確にする。

6.ユーザーに対し継続してコンテンツ(記事)を提供できるか、を明確にする。

 

インバウンドマーケティングのメリット

次は、インバウンドマーケティングのメリットについて紹介させていただきます。

 

1.潜在ユーザーや見込みユーザーに商品やサービスを見つけてもらえる。

2.ユーザー自身の興味ある商品やサービスであれば、お問い合わせや購入などコンバージョンにつながる。

3.プッシュ型で売り込んだ場合と比較するとその成果の違いが著しい。

4.潜在ユーザーや見込みユーザーに365日、24時間で見てもらえる。

5.ターゲット層を明確にすれば、効果を発揮しやすい。

6.潜在ユーザーや見込みユーザーが一度購入するとリピーターになりやすい。

7.潜在ユーザーや見込みユーザーが購入し、満足するとSNSなどで拡散される。

8.一度成果が上がると継続性が出てくる。

9.継続性が出てくることで、それ以降にも活用が可能な資産を残せる。

10.低予算でもすぐに導入出来る施策や方法がある。

 

インバウンドマーケティングのデメリット

逆に、インバウンドマーケティングのデメリットについて紹介させていただきます。

 

1.潜在ユーザーや見込みユーザーから商品やサービスを探してもらわなくてはならない。

2.自社のサイトでコンテンツ(記事)の作成を継続して行わなければならない。

3.自社のサイトで作成できるコンテンツ(記事)のクオリティや範囲が限定されてしまう。

4.自社のサイトへアクセス数や流入数を増やすには、ネット広告やSEO対策の専門知識が必要となる。

5.コンテンツマーケティングの専門企業へ依頼をするとコストが発生する。

6.マーケティングの効果を発揮するまでに、一定の時間(期間)がかかる。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの中に含まれるインバウンドマーケティングとの関係について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ここまでの説明で、インバウンドマーケティング自体がコンテンツマーケティングの中に含まれるということやユーザー自身に見つけてもらうスタイルという基本概念をおわかりいただけたと思います。

 

弊社の顧客の事例から見ても、ユーザーの意向を無視した、一方的な売り込み(プッシュ)型のマーケティング手法は、これからの時代にはそぐわないケースが多くなって来ました。

今後のマーケティングは、潜在ユーザーや見込みユーザーに自由に興味のある商品やサービスの情報を探してもらい、ユーザー自身に購入してもらうカタチが自然体で主流になるでしょう。

 

また、時代背景にマッチした、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティング双方のメリットを活かすことができれば、従来よりもマーケティングの効果を向上させることができます。

皆さんもコンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの特性を理解したうえで、今後の取り組みでお役立てください。

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングに適している企業やサービスとは?

  2. コンテンツマーケティングは自社で運用するべきか?

  3. コンテンツマーケティングで言われる、良質なコンテンツとは?

  4. コンテンツマーケティングで重複、類似コンテンツを確認するツールとは?

  5. ECサイトにコンテンツマーケティングを活用するためには?

  6. コンテンツマーケティングに必要な共起語の存在とは?