コンテンツマーケティングは、最近になってよく聞く業界用語だと思いますが、インバウンドマーケティングについて、皆さんはご存知でしょうか?

今回は、コンテンツマーケティングに含まれるインバウンドマーケティングに焦点をあてて、メリットやデメリットなど様々な観点から紹介をさせていただきます。

インバウンドマーケティング

 

【インバウンドマーケティングとはどのようなものか?】

インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)とは、見込みユーザーから商品やサービスを見つけてもらう(プル)型のマーケティング手法のことで、DM、メール、電話、FAXなど従来からの売り込み(プッシュ)型のアウトバンドマーケティングとは、まったく逆の手法です。

企業側が売り込みたいと思う対象のユーザーが、企業に対して自発的にアプローチを行うため、インバウンド(外から中へ)と呼ばれています。

 

【インバウンドマーケティングの主な施策例】

・オウンドメディアの構築

・SEO対策の実施

・セミナーの開催

・ホワイトペーパーの配布

・ニュースリリースの配信

・ソーシャルメディアの配信

・ブログの配信

・メールマガジンの送付

・動画の配信

 

【コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの2つの違いは?

コンテンツマーケティングは、ユーザーに良質な情報を定期に提供することで、潜在ユーザーや見込みユーザーを購買ユーザーにすることが目的です。

一方、インバウンドマーケティングは、潜在ユーザーや見込みユーザーから欲しい商品やサービスなどの情報をユーザー自身に見つけてもらうスタイルになります。

 

【コンテンツマーケティングの中にインバウンドマーケティングが含まれる?

コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの2つの違いのなかでも触れましたが、インバウンドマーケティングは、潜在ユーザーや見込みユーザーから商品やサービスを探してもらう手法で、この手法を成立させるには、コンテンツマーケティングでユーザーが興味をひく良質なコンテンツを提供し続けていなければ成立しません。

このことから、コンテンツマーケティングのなかにインバウンドマーケティングが含まれると言えるのです。

 

【コンテンツマーケティングを導入する際におさえておきたいポイント!】

次に、コンテンツマーケティングを導入する際におさえておきたいポイントをいくつか挙げてみます。

1.ユーザーが欲しがっている情報か、直近のトレンドと合致しているか、を調査して明確にデータ化する。

2.ユーザーのターゲット層(性別、年齢、地域、職業、趣味、生活スタイルなど)を明確にする。

3.ターゲットにしたユーザー層向けの商品やサービスになっているか、を明確にする。

4.ユーザーが興味をひくような良質なコンテンツを作成できるか、を明確にする。

5.ユーザーに対して売り込み(プッシュ)型で、一方的なコンテンツの提供になっていないか、を明確にする。

6.ユーザーに対し継続してコンテンツを提供していけるか、を明確にする。

 

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

 

インバウンドマーケティングのメリットとはどのようなものか?

次は、インバウンドマーケティングのメリットについて紹介をさせていただきます。

 

1.潜在ユーザーや見込みユーザーに商品やサービスを見つけてもらえる。

2.ユーザー自身の興味ある商品やサービスであれば、お問い合わせや購入などコンバージョンにつながる。

3.プッシュ型で売り込んだ場合と比較するとその成果の違いが著しい。

4.潜在ユーザーや見込みユーザーに365日、24時間で見てもらえる。

5.ターゲット層を明確にすれば、成果が発揮しやすい。

6.潜在ユーザーや見込みユーザーが一度購入するとリピーターになりやすい。

7.潜在ユーザーや見込みユーザーが購入し、満足するとSNSなどで拡散される。

8.一度成果が上がると継続性が出てくる。

9.継続性が出てくることで、それ以降に活用が可能な資産を残せる。

10.低予算でもすぐに導入出来る施策や手法がある。

 

インバウンドマーケティングのデメリットとはどのようなものか?

逆に、インバウンドマーケティングのデメリットについても紹介をさせていただきます。

 

1.潜在ユーザーや見込みユーザーから商品やサービスを探してもらわなくてはならない。

2.自社でコンテンツの作成を継続して行わなければならない。

3.自社で作成できるコンテンツのクオリティや範囲が限定されてしまう。

4.アクセス数や流入数を増やすには、WEBマーケティングの専門知識が必要となる。

5.コンテンツマーケティングの専門会社へ依頼をするとコストが発生する。

6.成果が上がるまでには、一定の時間(期間)がかかる。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングに含まれるインバウンドマーケティングに焦点をあてて、メリットやデメリットなど様々な観点から紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ここまでの説明で、インバウンドマーケティング自体がコンテンツマーケティングのなかに含まれるということやユーザー自身に見つけてもらうスタイルという、インバウンドマーケティングの基本概念をおわかりいただけたと思います。

また、コンテンツマーケティングを軸にして、インバウンドマーケティングが成り立っていますし、コンテンツマーケティングが成功しなければ、インバウンドマーケティングの成功もありません。

これからのマーケティングは、潜在ユーザーや見込みユーザーに自由に興味のある商品やサービスの情報を探してもらい、ユーザー自身に購入してもらうスタイルが、自然体で理想のカタチと言えるのではないでしょうか。

ユーザーの意向を無視した、一方的な売り込み(プッシュ)型のマーケティング手法は、これからの時代にはそぐわないスタイルになってきています。

また、時代背景にマッチした、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティング双方のメリットを活かすことができれば、従来よりもマーケティングの効果を上げることができます。

皆さんもコンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの2つの特性を理解したうえで、今後のマーケティング活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用で重要なコンテンツの質と量について!

  2. コンテンツマーケティングの運用で上位表示に必要なキーワードを教えてくれ…

  3. コンテンツマーケティングの運用で上位表示をさせるための記事の書き方は?…

  4. コンテンツマーケティングを運用していく上で重要なポイントとは?

  5. コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

  6. コンテンツマーケティングの運用に必要なマーケターとは?