コンテンツマーケティグを運用していくなかで、適している企業規模や業界、商品、サービスは、どのようなものがあるか、皆さんはご存知でしょうか。

このような質問は、コンテンツマーケティングの導入を検討している、WEBマーケティングに携わる企業の方から聞かれることが多い内容です。

今回は、コンテンツマーケティングの運用に適している企業規模や業界、商品、サービス、BtoB、BtoC向けなどの商取引の方法も含めて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングを自社で運用する場合のメリットとデメリットとは?

 

コンテンツマーケティングと企業規模の関係性はどのようなものか?

コンテンツマーケティングの運用に適している企業規模はあるのか。

一般的に企業規模で比較をすると大手・上場企業は、テレビCMや新聞広告などに高額な広告予算を確保して投資をすることができますが、中小・ベンチャ―企業では、高額な広告予算の捻出はできないのが現状です。

このような場合に、比較的低予算でWEBサイト内のコンテンツの作成を継続させる、コンテンツマーケティグを導入することができれば、費用対効果に合った効率的なWEBマーケティングを運用することができます。

特に記事のライティングでは、SEO対策の要素を取り入れて、理にかなったコンテンツの作成が出来れば、WEBサイトの上位表示が実現してユーザーの反響やお問い合わせは大幅に増加します。

また、WEBサイトまで流入した潜在ユーザーを見込みユーザーや購買ユーザーへ変えて取り込むことができれば、最終的には売上や利益の向上にも大きく貢献してくれます。

コンテンツマーケティグは、中小・ベンチャー企業でもWEBの知識と継続して取り組む意欲さえ持っていれば、企業の規模に関わらず実践できる有効なWEBマーケティングの手法と言えます。

 

【マーケティング活動における、大手・上場企業の一般的な特徴】

・高額な広告予算を長いスパンで確保できる。

・数年間単位、年間単位、半年間単位の長いスパンで予算確保ができる。

・広告を作成する際に、専門の担当スタッフの確保ができる。

・組織が大きく複雑になるため、何を行うにしても決済に時間がかかる。

・マスマーケティング(テレビCM・新聞広告・雑誌広告など)を活用し、一度に高額な広告予算を投資できる。

 

【マーケティング活動における、中小・ベンチャー企業の一般的な特徴】

・高額な広告予算を長いスパンで確保できない。

・数カ月間単位、月間単位、日間単位の短いスパンの予算確保になってしまう。

・広告を作成する際に、専門の担当スタッフの確保ができない。

・組織が小さいので、何を行うにしても迅速に対応ができる。

・コンテンツマーケティグであれば、WEBの知識があれば低予算でもすぐに運用できる。

 

コンテンツマーケティングに適している業界とはどのようなものか?

コンテンツマーケティングの効果が発揮できる業界はどうなのか。

コンテンツマーケティングの運用に最も適している業界は、取り扱っている商品やサービスによっても一概には言えませんし、BtoBやBtoC向けなど商取引の方法によっても変わってきます。

ここでは、コンテンツマーケティングの効果が発揮できる商取引の特徴をいくつか挙げて紹介させていただきます。

 

【BtoB向けサービスの特徴】

・一般的な業界だけでなく、コアな業界で効果を発揮できる。

・ニッチな専門分野の業界でも効果を発揮できる。

・わかりにくい商品やサービスでも効果を発揮できる。

・他社との差別化を図ることにより効果を発揮できる。(ビジネスコラム、お役立ち情報など。)

・マーケティングリサーチ(市場調査、競合分析)を行うことにより効果を発揮できる。

 

【BtoC向けサービスの特徴】

・総合的に通販サイトやECサイトで効果を発揮できる。

・購入金額が安価な商品で効果を発揮できる。(購入のスピードが早く、リピート性が高い。)

・定期的にキャンペーン情報などを告知することで、より効果を発揮できる。(リピート性が高い。)

・ユーザーが興味を引く話題やニュースなどを発信することで効果を発揮できる。(趣味の広場、最新トレンド情報など。)

・ユーザーが好む商品やサービスを発信することで効果を発揮できる。(ユーザーニーズ、流行などの変化に対応。)

 

コンテンツマーケティングに適している商品やサービスはどのようなものか?

コンテンツマーケティングに合っている商品やサービスの内容はどうなのか。

コンテンツマーケティグの運用で、最も適している商品やサービスは、ユーザーが購入するまで検討に時間を要するものや高額なものが挙げられます。

なぜなら、検討に時間を要するものや高額な商品やサービスは、ユーザーが様々な情報を収集して、他社の商品やサービスと比較検討に時間を掛けて考える傾向が強いからです。

この場合のユーザーは、すぐに購入する意思がないため、いろいろなWEBサイトやコンテンツを複数回に渡って閲覧して、一番強いインパクトを与えた商品やサービスの見込みユーザーになります。

その後、見込みユーザーを購入ユーザーへと変えることが出来れば、コンテンツマーケティングの有効性が発揮できたと言えます。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングに適している企業規模や業界、商品、サービス、BtoB、BtoC向けなどの商取引の方法も含めて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングは、大手・上場企業、中小・ベンチャーなど企業の規模を問わず運用することは可能です。

特に中小・ベンチャー企業には、高額な広告予算を確保しなくても比較的簡単に導入出来る大きなメリットがあります。

また、コンテンツマーケティングの効果を発揮できるスピードは、業界、商品、サービス、BtoB、BtoC向けなど商取引の方法によっても変わってきますが、どれをとってもコンテンツマーケティングとの親和性は高く、相性の良い手法と言えるのではないでしょうか。

皆さんもコンテンツマーケティングの適性を十分に理解したうえで、今後のWEBマーケティングの活動やコンテンツの作成に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングを運用していく上で重要なポイントとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用に欠かせないクロスメディアマーケティング…

  2. ECサイトにコンテンツマーケティングを活用するためには?

  3. ホームページに公開したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?

  4. コンテンツマーケティングを初めて導入するにはどうすれば良いのか?

  5. コンテンツマーケティングにふさわしいターゲット層とは?

  6. コンテンツマーケティングの運用に必要なコンテンツページとセリングページ…