コンテンツマーケティングは、他のネット広告とは違って効果が現れるまでに、一定の時間(期間)が掛かるマーケティング手法と言われています。

コンテンツマーケティングの導入を検討されている、SEO対策やWEBマーケティングに携わる方であれば、即効性や効果について調査をされた方は多いのではないでしょうか。

今回は、株式会社セレクト・ワンが考えるコンテンツマーケティングの即効性について、様々な角度から紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングを導入する前にやらなければならないこと!

 

コンテンツマーケティングを導入する目的とは?

コンテンツマーケティングは、明確化されたターゲットユーザーに対して、価値があり、一貫性のあるコンテンツを継続し提供していくマーケティング手法です。

その結果、見込みユーザーを増やし、ユーザーの購買意欲を盛り上げて、最終的には購入までつなげていくマーケティング戦略になっていきます。

また、いきなり自社の商品やサービスを売り込んだりするものではなく、見込みユーザーの購買支援をすることで、ユーザーを購買意欲に近づけながら、段階的に購入してもらうことを目的としています。

 

コンテンツマーケティングは効果が得られるまでに時間(期間)が掛かるのか?

コンテンツマーケティングは、一般的に効果が得られるまでに時間(期間)が掛かるマーケティング手法と言われています。

なぜ、コンテンツマーケティングは効果が得られるまでに時間(期間)が掛かるのか?ここでは、その理由についていくつかの要素をもとに説明をさせていただきます。

 

1.コンテンツを作成するには時間(期間)が掛かる。

コンテンツの作成は、完璧な状態に仕上げてWEBサイトに公開するまでに多大な労務が発生します。

ユーザーが欲するトレンドな情報の収集から始まって、競合のWEBサイトの調査、コンテンツの考案、SEOの要素を盛り込んだ記事のライティング、テキスト修正の繰り返し、など手間の掛かる作業ばかりです。

これらの作業は、どれひとつをとっても一定の時間(期間)が掛かりますし、複数名のプロジェクトで運用している場合には、承認やチェックをするだけで更に時間(期間)が掛かります。

 

2.コンテンツの数が増えていくまでには時間(期間)が掛かる。

コンテンツの作成に時間(期間)が掛かるということは、コンテンツを一斉に増やすことができないこととも言えます。

作成したコンテンツがWEBサイトの内部に徐々に蓄積されて、それなりのWEBページの数やサイトボリュームが増えていくまでには、どうしても一定の時間(期間)が掛かってしまいます。

 

3.追加したコンテンツがインデックスされるまでには時間(期間)が掛かる。

Google検索エンジンのクローラーが巡回し、インデックスされるまでには数日から最大で数か月間程度の時間(期間)が掛かる場合があります。

ホームページを変更した内容が反映されるまでに掛かる時間(期間)については、Google検索エンジンにも明確な基準がなく、インデックスされるまでの時間(期間)は一概に言えません。

 

4.インデックスされたコンテンツが上位に表示されるまでには時間(期間)が掛かる。

インデックスされるまでの時間(期間)が掛かるということは、検索結果の表示順位で上位に表示されるまでのタイミングについても同様で、それなりの時間(期間)を要します。

ただし、選定したキーワードの難易度やコンテンツの内容によっては、WEBサイトに公開後の数日程度で上位に表示されることもあります。

 

コンテンツマーケティングの効果を早めるための方法はどのようなものがあるか?

一定の時間(期間)が掛かるコンテンツマーケティングですが、少しでも早く効果を出させるためのオススメの方法があります。

ここでは、株式会社セレクト・ワンでも実際に取り入れている、コンテンツマーケティングの運用で効果を早めるための方法について紹介をさせていただきます。

 

1.コンテンツ作成の元になるネタ帳を用意する。

コンテンツマーケティングは、継続し運用していくなかで、コンテンツを作成すること自体が一番のネックになってきます。

コンテンツの作成時間を短縮し労務の負担を軽減するには、日頃からネタ帳をもって情報の収集をしておくことが必要です。

多くの情報を集めたネタ帳があれば、その後のタイトルやコンテンツの内容がスムーズに決まって、効率よくライティング作業が進行していきます。

コンテンツの作成時間を短縮することが出来れば、コンテンツマーケティングの即効性につながっていきます。

 

2.コンテンツの投稿(更新)件数の頻度を増やす。

コンテンツの作成時間を短縮させることは、より多くのコンテンツを投稿(更新)できることにもつながっていきます。

コンテンツの投稿(更新)件数の頻度が多いほどインデックスが促進されて、Google検索エンジンからの評価がつきやすくなります。

Google検索エンジンからの評価が付くということは、検索結果の表示順位で上位に表示される確率が上がって、コンテンツマーケティングの即効性につながっていきます。

 

3.Google Search Console内のURLの検査(旧Fetch as Google)でインデックスの促進をする。

作成したコンテンツは、Google Search Console内のURLの検査(旧Fetch as Google)を活用して、インデックスの送信をすることでインデックスの促進をはかることができます。

対象のWEBサイトがインデックスされることで、検索結果の表示順位で上位に表示される確率が上がって、コンテンツマーケティングの即効性につながっていきます。

 

4.WEBサイトの最適化(最新のSEO内部施策)を行う。

コンテンツマーケティングの導入時には、WEBサイトの最適化(最新のSEO内部施策)を行うことでGoogle検索エンジンからの評価は格段と上がります。

こちらもインデックスの促進などと同様に、Google検索エンジンからの評価が付くことで、検索結果の表示順位で上位に表示される確率が上がります。

検索結果で上位に表示されることは、その後の流入増や集客効果を向上することに貢献しますので、コンテンツマーケティングの即効性につながっていきます。

 

おわりに

今回は、株式会社セレクト・ワンが考えるコンテンツマーケティングの即効性について、様々な角度から紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

一定の時間(期間)が掛かるコンテンツマーケティングは、少しでも早く効果を出せるための様々な方法を取り入れながら、中長期的な視野で運用していくことが必要ではないでしょうか。

この記事をご覧になった方は、コンテンツマーケティングの特徴を十分に理解したうえで、日々のマーケティング活動にお役立て下さい。

 

コンテンツマーケティングの運用で効果を上げるためのポイントとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ECサイトにコンテンツマーケティングを活用するためには?

  2. コンテンツマーケティングの効果に影響する重複、類似コンテンツについて!…

  3. コンテンツマーケティングを運用する場合に活用したいPDCAとは?

  4. WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

  5. コンテンツマーケティングを導入する前にやらなければならないこと!

  6. コンテンツマーケティングの運用で効果を出せるタイトルの付け方とは?