コンテンツマーケティングやWEBマーケティングに携わる方であれば、マーケティングファネルという概念(考え方)を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

マーケティングファネルは、消費者が商品やサービスを購入するまでの動きや過程を体系化する指標であり、コンテンツマーケティングを運用していくうえでは必要な要素と言われています。

今回は、コンテンツマーケティングの運用で必要なマーケティグファネルに焦点をあてて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用に欠かせないクロスメディアマーケティングとは?

 

マーケティングファネルとはどのようなものか?

マーケティングファネルのファネルとは、日本語では一般的に漏斗(ろうと)の意味で、不純物をろ過するために使う器具のことを指しています。

また、ビジネスで言うマーケティングファネルとは、多数の消費者が商品を購入するまでの過程である、商談、検討、契約の間に少しづつ消費者が減っていく現象のことを言います。

マーケティングファネルをもう少しわかりやすく説明をすると、消費者が商品やサービスを購入するまでの過程をフェーズ分けした考え方(概念)のこと、と理解していただければ良いでしょう。

 

マーケティングファネルの3つの種類とは?

マーケティングファネルには、【パーチェスファネル】【インフルエンスファネル】【ダブルファネル】の3種類があって、それぞれのファネルは特徴を持っています。

ここでは、3種類のファネルの特徴について説明をさせていただきます。

 

1.パーチェスファネル

パーチェスファネルとは、消費者の商品やサービスを【購入する前の消費者行動】のことで、各頭文字を取って【AIDMA】と言います。

 

・Attention・・・注目

・Interest・・・興味、関心

・Desire・・・欲求

・Memory・・・記憶

・Action・・・行動、購買

 

これらを分析して、現在行っているマーケティングの施策で獲得した、実際の消費者数を当てはめていくことで、自社のマイナス点や弱みを洗い出すことができます。

また、マーケティングの分野で一般的にファネルと言うと、このパーチェスファネルを指すことが多いです。

 

2.インフルエンスファネル

インフルエンスファネルとは、消費者が商品やサービスを【購入したあとの消費者行動】のことで、各頭文字を取って【AISAS】と言います。

 

・Attention・・・注目

・Interest・・・興味、関心

・Search・・・検索、探す

・Action・・・行動、購買

・Share・・・情報共有

 

これらを分析することで、消費者が商品やサービスを購入した後のその先までの消費者行動を考えることができます。

また、昨今の急速なソーシャルメディアの普及により、消費者の行動心理をとらえた、インフルエンスファネルの重要度は増してきています。

 

3.ダブルファネル

ダブルファネルとは、パーチェスファネルとインフルエンスファネルのふたつを組み合わせた考え方のことです。

このふたつを組み合わせることで、よりマーケティングファネルを太く強固なものにすることが可能になります。

また、消費者が商品やサービスを購入したら、それで終わりということではなく、パーチェスファネルにインフルエンスファネルを加えることで、より高いマーケティング効果を発揮することができます。

 

コンテンツマーケティングの運用で必要なマーケティングファネルのメリットとは?

ここでは、コンテンツマーケティングの運用で必要なマーケティングファネルが持つメリットについて、紹介してみたいと思います。

 

1.消費者が商品やサービスを購入する過程が把握できる。

2.商品やサービスのファネルを分析することで、的確なマーケティング戦略を構築できる。

3.的確なマーケティング戦略に基づき施策を行うことで、消費者の購入行動を段階的に誘導し、購入につなげることができる。

4.消費者が商品やサービスを購入する際に、どの過程で離脱していったかが把握できる。

5.消費者がどのような商品やサービスを好んで購入しているかを知ることができる。

 

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングの運用で必要なマーケティグファネルに焦点をあてて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

マーケティングファネルの概念は、皆さんのビジネスを成功に導くうえで、ひとつの指標になることをおわかりいただけたと思います。

コンテンツマーケティングを導入して、より効果を上げていくためには、このマーケティグファネルを活用して、消費者がどのような過程を経て商品やサービスの購入に至ったかを検証し、的確なマーケティング戦略を構築することが必要です。

また、何よりも大切になるのは、ユーザーに商品やサービスに気づいてもらってから購買するまでの時間(期間)を短縮してもらうことです。

そのためにマーケティング運営者は、ユーザーが欲する良質なコンテンツの作成をして、商品やサービスの強みや特徴をごく短い時間(期間)で理解してもらうように努めることが求められます。

この記事をご覧になった方は、マーケティングファネルの考え方やメリットを参考にしていただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用でお役立てください。

 

コンテンツマーケティングの運用にはKPIと同様にKGIの設定が重要!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの効果に影響する重複、類似コンテンツについて!…

  2. コンテンツマーケティングを運用する場合に利用したいPDCAとは?

  3. WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

  4. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  5. コンテンツマーケティングを運用していく上で重要なポイントとは?

  6. コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性とは?