これまでのWEBマーケティングは、SEO対策やリスティング広告などが主流の手法でした。

しかし、ここ数年で【コンテンツマーケティング】が新しいネット集客のカタチとして注目を集めてきました。

コンテンツマーケティングが認知されて、日本国内で広く浸透してきたのはなぜか、皆さんはその理由についてご存知でしょうか。

今回は、コンテンツマーケティングがなぜ日本で流行したのか?5つの観点から紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

 

理由1:Googleの評価がコンテンツ対策(SEO内部施策)を重視する傾向に変わった。

近年のGoogle検索エンジンのアルゴリズムは、サイトを閲覧しに来たユーザーに対して、良質なコンテンツ(記事)の情報を提供することが有益であるとの方針です。

これは、良質なコンテンツで作成されたサイトを上位に表示させることが、ユーザーの満足度向上につながるというGoogle検索エンジンの基本の考え方に沿ったものです。

良質なコンテンツを定期に配信して、その内容を閲覧したユーザーがサイトを支持してくれれば、検索順位が上昇する傾向が強まります。

 

また、これまでのSEO外部施策では、被リンクの数を増やしていくことが一般的な施策でしたが、Google検索エンジンのアルゴリズムが、このような外部施策の一部を不正行為であると認識するケースが出てきました。

そのため、従来のような被リンクを増やす外部施策ではなく、良質なコンテンツを作成することでサイトの充実を図り、ユーザーの流入を増やしていく、コンテンツ対策(SEO内部施策)を重視する傾向に変わったと言えます。

 

理由2:良質なコンテンツ(記事)がサイトの資産に変わっていく。

従来のオンライン広告やオフライン広告は、投資したすべての費用が掛け捨てで終わってしまい、サイト運営者から見た場合の費用対効果は見えにくいものでした。

一方、コンテンツマーケティングは、導入をして開始するまでのハードルやコストも低く、作成したコンテンツ(記事)はサイトの内部に蓄積されて、資産に変わりながら半永久的に保存されていきます。

コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを定期に発信をして、ユーザーや読者に評価されることで、検索順位が上昇して流入が増える持続性の高い集客へとつながっていきます。

 

理由3:ネット広告よりも少額の予算でコストを抑えられる。

コンテンツマーケティングは、コンテンツ(記事)を作成してインターネット上に投稿をしていく方法をとりますので、従来のネット広告と違って大きなコストは発生しません。

自社内でコンテンツを作成できるノウハウさえ持っていれば、少額の予算でコストを抑えた運用が可能になります。

また、コンテンツマーケティングは、一般的なオンライン広告などとは違って、その効果自体に即効性はありませんが、継続していくことで徐々にサイトへの流入を増やすことができます。

コンテンツマーケティングは、即座に集客効果を保証できるものではありませんが、PDCAをまわしながら地道に取り組んで、トライアンドエラーを重ねていくことで効果が現れてきます。

 

理由4:ユーザーが広告による売り込みや宣伝にうんざりしてきた。

これまでユーザーに向けて、広告主側から発信されていたプッシュ型広告や宣伝などの販促活動は、この数年で敬遠されるようになりました。

いわゆる売り込み型のマーケティング手法に対しては、ユーザーは振り向いてくれない時代に変わったと言えます。

インターネット上で発信される多くの情報が、ユーザーに対して物を買わせたいという傾向が強く、ユーザーもその方法に対してうんざりしてきたと言えるでしょう。

そして、インターネットの検索で、いつでも欲しい情報をユーザー自身が自由に収集して選択できる、プッシュ型からプル型へとニーズが変化していきました。

ユーザーのニーズに対して、自社が提供しているコンテンツ(記事)の内容が合致すれば、ユーザーの関心は自然と高まっていくことになります。

 

理由5:企業がクラウドソーシングを活用するようになった。

これまでのコンテンツ(記事)の作成は、サイト運営者の労務負担が大きく継続していくことが難しい状況でしたが、多くの企業がコンテンツの作成方法を見直すようになりました。

企業は、サイト運営者の負担を軽減すべく、クラウドソーシングを積極的に活用して、外部の業者にアウトソースをするようになってきました。

クラウドソーシングの存在が一般的に広まったことで、コンテンツの作成に掛かる時間やコストが軽減できるようになったことも、コンテンツマーケティングが流行した大きな理由のひとつです。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングがなぜ日本で流行したのか?5つの観点から紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

Google検索エンジンのコンテンツ対策(SEO内部施策)重視の方針や広告費用と比較した場合のコストの考え方など、コンテンツマーケティングは従来になかった手法と言えます。

また、サイトに公開したコンテンツ(記事)は、インターネット上に拡散されやすく、ユーザーがソーシャルメディアを使って情報の収集をすることから、より具体的で専門性のある内容が必要になってきます。他にも、良質なコンテンツを作成するために、継続して提供できる体制を作ることもサイトの運営者には求められます。

 

コンテンツマーケティングは、その定義やメリットを十分に理解しながら運用していくことで、顧客にとって有益な手法になることは間違いないでしょう。

この記事をご覧になった方は、今後の取り組みの参考にしていただいて、コンテンツマーケティングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングの市場規模と今後の課題について!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングで必要なマーケティングファネルについて!

  2. コンテンツマーケティングの即効性とは?

  3. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  4. コンテンツマーケティングにクリエイティブは必要か?

  5. コンテンツマーケティングを失敗させない5つのポイントとは?

  6. コンテンツマーケティングに必要なマーケターとは?