ここ数年、日本国内でも広く知られるようになった業界用語で【マーケティングオートメーション】について皆さんはご存知でしょうか。

マーケティング活動を積極的に行っている企業のご担当者であれば、すでにマーケティングオートメーションを導入し、運用している企業の方も多いのではないでしょうか。

今回は、コンテンツマーケティングの運用で、マーケティングオートメーションを活用した場合のメリットや連携について紹介をさせていただきます。

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いってなに?

 

マーケティングオートメーションとはどのようなものか?

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)とは、これまでのマーケティング業務で、新規ユーザーの開拓や既存ユーザーのフォローを営業マン個人がリアルに活動していたものを、デジタルマーケティングの普及が進んだことで、様々なツールを活用して、システム化、自動化、最適化することを言います。

また、マーケティングオートメーションは、マーケティングオートメーションシステムやマーケティングオートメーションツールとも呼ばれたり、英語のMarketing Automationを略して、MA(エム・エー)と呼ぶこともあります。

マーケティングオートメーションをもう少し簡単に要約すると、マーケティング活動の自動化を行うツールやその仕組みのことと理解してもらえればわかりやすいでしょう。

 

マーケティングオートメーションの役割と日本国内で代表的なツールについて!

マーケティングオートメーションには、ユーザーに対する3つの役割があります。

また、マーケティングオートメーションは、獲得した見込みユーザーの情報を一元管理して、ユーザーの育成から選別までを行います。

最終的には購入に結びつく、購買意欲の高い見込みユーザーを営業部門へ引き継いでいきます。

これら一連の作業工程を自動化する役割こそが、マーケティングオートメーションです。

ここでは、日本国内で導入が多いマーケティングオートメーションのツールについても紹介をさせていただきます。

 

【マーケティングオートメーションの3つの役割について】

1.見込みユーザーを確保する。

自社の商品やサービスに対して、見込みユーザーを確保する。

 

2.見込みユーザーを育てる。

自社の商品やサービスに対して、見込みユーザーを育てる。

 

3.見込みユーザーを選別する。

自社の商品やサービスに対して、見込みユーザーを選別する。

 

【日本国内で導入が多いマーケティングオートメーションのツールについて】

1.eセールスマネ―ジャー(ソフトブレーン社)

業種業態を問わず大手から中小に至るまで、あらゆる企業の営業改革、営業支援を提供している。

・導入実績:約4,500社(CRM/SFA)

 

2.セールスフォースアシスタント(NIコンサルティング社)

経営コンサルティングのノウハウを凝縮した可視化経営システム(SFA,CRM,BI,GW)を活用し、経営の見える化、経営体質強化、営業力強化の支援を提供している。

・導入実績:約5,000社(SFA/CRM)

 

3.セールスフォース(セールスフォースドットコム社)

大手企業から中堅、中小企業までSFA (営業支援)、CRM (顧客管理)、カスタマーサポート、マーケティングに提供している。

・導入実績:全世界約15万社(CRM/SFA)

 

コンテンツマーケティングの運用でマーケティングオートメーションを活用した場合のメリットとは?

次に、コンテンツマーケティングの運用で、マーケティングオートメーションを活用した場合のメリットについても挙げてみます。

 

・新規ユーザーの開拓や既存ユーザーのフォローで、効率化が図れる。

・見込みユーザーや既存ユーザーのデータベースの強化が図れる。

・ユーザーの集客や選定がピンポイントで、データベース化が図れる。

・営業部門やマーケティング部門のコスト削減や時間の効率化が図れる。

・コストの削減をしたことで、余剰のスタッフを他の部門や業務に移行できる。

・従来のシステムを統合して、全システムの一元化を図れる。

・システムを統合したことにより、社内の情報共有化が進む。

コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションの連携の手法について!

ここでは、コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションの連携の手法について、株式会社セレクト・ワンがオススメする内容を紹介させていただきます。

 

・SFA

・CRM

・ソーシャルマーケティング

・WEB解析

・アクセス解析

・ランディングページ

・メールマーケティング

・スコアリング

・キャンペーンマネジメント

・リード管理/アンケート管理

・FAX

・DM配信

・広告配信

 

コンテンツマーケティングを効率よく運用していくためには、マーケティングオートメーションのような様々なツールと連携することが一番の近道です。

また、コンテンツマーケティングの運用は、ターゲットにするユーザーがBtoBの場合とBtoCの場合によっても連携の手法が変わってきます。

例えば、BtoC向けであれば、ソーシャルマーケティング、DM配信、リード管理/アンケート管理、メールマーケティング、広告配信などを活用して、BtoB向けであれば、キャンペーンマネジメント、ランディングページ、メールマーケティング、広告配信などを活用します。

ユーザーの属性にあった連携の手法を組み合わせて採用することで、今まで以上にコンテンツマーケティングを効率よく運用していくことができ、より大きな成果をもたらしてくれます。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの運用で、マーケティングオートメーションを活用した場合のメリットや連携について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングの運用で、マーケティングオートメーションを導入した場合のメリットを見てみると、今まで以上に潜在ユーザーや見込みユーザー、既存ユーザーの細分化やデータ化が可能になって、ピンポイントのマーケティング活動が実現できます。

また、細分化されたデータを基にWEBサイトの最適化を図かることで、ユーザーにとって良質で有益な商品やサービスを継続して提供いくことが可能になります。

マーケティングオートメーションは、コスト削減や労務、時間の効率化、システムの一元化、社内情報の共有化など目に見えにくい相乗効果も生み出すことで、今後は益々広がっていくマーケティング手法と言えるでしょう。

コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションを上手に連携し、活用していくことで、最終的には売上や利益の向上までつなげていくことが出来ると思います。

この記事をご覧になった方は、マーケティングオートメーションのメリットや連携の手法を参考にしていただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用で活用してみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOって同じ意味のこと?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページに公開したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?

  2. コンテンツマーケティングを運用する上で重要な更新・継続について!

  3. コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性とは?

  4. コンテンツマーケティングを運用する場合に利用したいPDCAとは?

  5. コンテンツマーケティングの運用で効果を出せるタイトルの付け方は?

  6. コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いってあるの?