オススメ情報

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

ネット広告の運用など、企業でマーケティングに携わる方であれば、WEBマーケティングやデジタルマーケティングという言葉を頻繁に使っていることでしょう。

WEBマーケティングとデジタルマーケティングのふたつは、同じインターネットコンテンツであり、WEB上で行う施策が共通であることから、一般的には同じことのように思われがちです。

しかし、このふたつは【マーケティングの対象とする範囲】に違いや特性があります。

今回は、WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いについて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングに相性の良いWEBプロモーションとは?

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違い【解説】

 

WEBマーケティングは、サイトを中心としてリスティング広告やSEO対策を利活用したマーケティング手法のことです。

もう少し簡単に説明をすると、サイトをメインに構築するマーケティングとも言えて、WEBサイトの世界だけに閉じたマーケティングのことを言います。

 

一方、デジタルマーケティングは、WEBマーケティングよりも、もう少し広い概念のことを指しています。

サイトだけでなく、ソーシャルメディア、Eメール、スマホアプリなども含んだ、デジタルをメインに多数のデータやツールを幅広く利活用するマーケティング手法のことを言います。

また、デジタルマーケティングは、WEB以外のデータを活用したり、デジタルなものすべてを活用してマーケティングを行います。

 

コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの関係とは?

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの手法とは?

WEBマーケティングは、WEBの技術を通じてサイトへの誘導、集客からコンバージョンまでを最適化する手法になります。

また、IoTやAIの利活用などは対象外で、マーケティングの場所をWEBサイトに限定した、デジタルマーケティングの中の一部と言えます。

 

WEBマーケティングの手法

・リスティング広告、コンテンツSEO、LPO対策、バナー広告

サイトへの流入や集客を増やす。

 

・コンテンツ(記事)制作、サイトリニューアル、アクセス解析

サイト内の誘導や回遊を促す。

 

EFO対策

お問い合わせフォームや予約システム、カートからコンバージョンを増やす。

 

・CRM

ユーザーへのリピートで再訪を促す。

 

・アクセス解析、効果測定

WEBマーケティングの成果、効果の検証をする。

 

SEO対策とリスティング広告の違いとは?

 

デジタルマーケティングの手法

デジタルマーケティングは、リスティング広告やSEO対策といったWEBマーケティングより、もう少し広い概念のことで、あらゆる電子メディアを通じて、商品・サービス、ブランドのプロモーションから購入までを促します。

サイトだけでなく、ソーシャルメディア、アーンメディア、Eメール、スマホアプリなども含んだデジタルをメインに多数のデータやツールを幅広く利活用するマーケティング手法になります。

 

・企業サイト、ECサイト、ブランドサイト、コミュニティサイト

包括的な活用をする。

 

・メルマガ

Eメールマーケティングをする。

 

・Facebook、Twitter、Instagram、LINE

ソーシャルメディアを利用する。

 

・価格サイト、比較サイト、まとめサイト

アーンメディアを利用する。

 

・スマホアプリ、タブレット端末

アプリケーションを利用する。

 

・クーポン、ポイントカード、会員カード、チラシ、店頭ポスター、デジタルサイネージ

他のマーケティグ手法との組み合わせで連携する。

 

・上記マーケティングからのデータ収集

データの分析、解析をして活用する。

 

・様々な機器から収集したビッグデータ

分析、解析、精査の上、マーケティングへ反映させる。

 

コンテンツマーケティングとネイティブ広告の違いとは?

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングを運用する際のポイント

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの目標値は、ユーザーの流入を増やしながら導線として誘導し、顧客の受注、購買、契約へとつなげていくことにあります。

そのため、リスティング広告、コンテンツSEO、アクセス解析、デジタルツール、データなどの情報を利活用し、経過後の監視、分析、解析、効果測定を経てからサイトの改善が必要不可欠となります。

 

WEBマーケティングのポイント

1.コンテンツ(記事)を充実させて最適化を図る。

 

2.ユーザー目線やユーザーの理解に重点を置く。

 

3.リスティング広告、SEO対策をした後のアクセス解析を活用する。

 

デジタルマーケティングのポイント

1.従来の方法を問わず、チャネル横断的にユーザーの情報を管理して分析する。

 

2.ユーザーとのやり取りを状況に応じて動的に最適化する。

 

3.ビッグデータから価値を見出して、より良い意思決定をすばやく実行する。

 

コンテンツマーケティングとネット広告の予算配分は適正か?

 

これから注目されているデジタルマーケティングとは?

最後に、デジタルマーケティングについてもう少し掘り下げて解説させていただきます。

デジタルマーケティングは、SNSやスマートフォン端末の普及、通信速度の飛躍的向上から、その存在が益々注目されています。

また、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の流行から、対面での商談やセミナーの開催など、リアルなマーケティング活動に制限が掛かり、さらに注目度が増してきました。

非接触型の商談をAI(人工知能)や動画を活用して、従来よりも高度なマーケティングが求められますので、WEBに携わる方はデジタルマーケティングをより使いこなしていかなければなりません。

そんなデジタルマーケティングには、数多くの手法がありますが、これから注目される2つの手法をピックアップします。

 

AI(人工知能)

まず、注目されているのはAI(人工知能)です。

WEBサイトからの問い合わせ窓口として、AIが応答するチャットボットは、既に導入する企業が増えています。

業務の効率化や人員配置の最適化を図るため、今後は高性能なAIを活用したデジタルマーケティングが流行すると言われています。

特に、機械学習より進化した、ディープラーニング(Deep Learning)のような深層学習のAI技術が浸透することによって、「画像認識」「音声認識」「自然言語処理」「ロボットによる異常検知」などの分野で、AIが主要な業務を担うことが予測されます。

 

動画(movie)

次に、紹介するのは動画(movie)です。

スマートフォン端末がパソコンの利用率を上回り、モバイル環境の通信速度が向上しました。

また、5Gの登場によって高速通信のインフラ整備が進んでいます。5Gの通信速度は、4Gの20倍、遅延については10分の1になるとも言われています。

企業や個人は、YouTubeのようなプラットフォームを活用して、商品・サービスの価値やブランディング、人材採用など、これまで静止画で行っていた業務を動画で訴求することが可能になりました。

これまでの静止画や文字のコンテンツと違って、動画の中にテロップや音声を入れることで、より多くの情報を伝達することができます。

動画コンテンツは、静止画やテキストなどのコンテンツと比べて人間の記憶に残りやすいと言われていることから、デジタルマーケティングの中では更に普及が進むと予測されています。

 

コンテンツマーケティングに必要なマーケターとは?

 

おわりに

今回は、WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いについて、弊社の事例を元に紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

このふたつのマーケティングの違いや特性を正しく理解していただくことで、皆さんの戦略的なマーケティングへの興味が向上すると思います。

WEBマーケティングは、デジタルマーケティングの中の一部に含まれており、自社のサイトを中心に訴求する手法で、デジタルマーケティングは、自社のサイトを含んだそれ以外の幅広いユーザーに対してプロモーションをする手法です。

 

今後は、WEBだけですべてが完結するWEBマーケティングだけでなく、ユーザーの購買意欲や購買行動などの変化により、あらゆる観点で構築を行うデジタルマーケティングの必要性が更に高まっていくことでしょう。

この記事をご覧になった方は、WEBマーケティングとデジタルマーケティングを活用して、今後の取り組みの中でお役立てください。

 

コンテンツマーケティングのクロスメディア戦略とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。