昨今WEBマーケティングとかデジタルマーケティングという言葉を耳にすることがあるかと思います。ここではこの二つのマーケティング手法の違いについて説明したいと思います。

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの二つは同じインターネットコンテンツであり、WEB上で行う施策が共通であることから、同一のように思われがちですが、二つは【マーケティング対象とする範囲】に違いがあります。

WEBマーケティングとデジタルマーケティングとは?

WEBマーケティングは、WEBサイトを用いたリスティング広告やSEOを用いたマーケティング手法のことです。WEBサイトをメインに構築するマーケティングで、WEBサイトの世界だけに閉じたマーケティング手法の一つになります。

デジタルマーケティングは、WEBマーケティングよりも広い概念のことを言います。
WEBサイトだけでなくソーシャルメディア、Eメール、スマホアプリなども含んだデジタルをメインに多数のデータやツールを幅広く利活用するマーケティング手法の一つです。WEB以外のデータを活用したり、デジタルなもの全てを活用してマーケティングを行います。

マーケティング手法の種類とポイント!

WEBマーケティングは、WEBの技術を通じてサイトへの誘導、集客からコンバージョンまでを最適化する手法を言います。

【WEBマーケティングの手法】
・リスティング広告、SEO・・・WEBサイトへの流入、集客を増やす。
・コンテンツ制作、LPO、アクセス解析・・・WEBサイト内の回遊を促す。
・EFO・・・お問い合わせフォームやカートからコンバージョンを増やす。
・CRM・・・ユーザーへのリピートで再訪を促す。
・アクセス解析、効果測定・・・WEBマーケティングの成果、効果の検証をする

デジタルマーケティングは、WEBマーケティングよりも広い概念のことを言い、あらゆる電子メディアを通じて、製品やブランドのプロモーションから購入までを促し、WEBサイトだけでなくソーシャルメディア、Eメール、スマホアプリなども含んだデジタルをメインに多数のデータやツールを幅広く利活用するマーケティング手法の一つです。

WEB以外のデータを活用したり、デジタルなもの全てを活用してマーケティングを行います。

【デジタルマーケティングの手法】
・コーポレートサイト、ECサイト、コミュニティサイト・・・包括的な活用をする。
・メルマガ・・・Eメールマーケティングをする。
・Facebook、Twitter・・・ソーシャルメディアを利用する。
・スマホアプリ、タブレット端末・・・アプリを利用する。
・クーポン、ポイントカード、会員カード、チラシ、店頭ポスター・・・他のマーケティグ手法との組み合わせで連携する。
・上記マーケティングからのデータ収集・・・データの分析をし活用する。
・様々な機器から収集したビッグデータ・・・分析、解析、精査の上、マーケティングへ反映させる。

【WEBマーケティングを最適に行う3つのポイント】
・コンテンツの充実をして最適化を図る。
・顧客目線、顧客理解に重点を置く。
・リスティング広告、SEO対策、アクセス解析などを活用する。

【デジタルマーケティングを最適に行う3つのポイント】
・従来の手法を問わずチャネル横断的に顧客情報を管理して分析をする。
・顧客とのやり取りを状況に応じて動的に最適化する。
・ビッグデータから価値を見出して、より良い意思決定をすばやく実行する。

二つの手法においての目標値はいかにしてユーザーの流入を増やし、導線として誘導、受注、購買、契約につなげていくかにあります。そのためにリスティング広告、SEO対策、アクセス解析、デジタルツール、データなどを活用し、経過後の監視、効果測定を見てからWEBサイトの改善が必要不可欠となります。

まとめ

今回は、WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いについて説明しました。
この二つのマーケティングの違いを理解していただくことで、マーケティングへの興味が深まり、特性も知っていただけたと思います。

今後はWEBだけで全てが完結するWEBマーケティングだけでなく、ユーザーの購買意欲や購買行動などの変化により、あらゆる観点で構築を行うデジタルマーケティングの必要性が高まっていくでしょう。

関連記事

  1. コンテンツマーケティングで言うコンテンツページとは?

  2. コンテンツマーケティングになぜKPIが必要なのか?

  3. コンテンツマーケティングでの共起語の重要性について!

  4. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  5. コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性とは!

  6. コンテンツマーケティングとコンテンツSEOって同じこと?