WEBの担当者やマーケティングの活動に携わる方であれば、WEBマーケティングとかデジタルマーケティングという言葉を聞くことがよくあると思います。

WEBマーケティングとデジタルマーケティングのふたつは、同じインターネットコンテンツであり、WEB上で行う施策が共通であることから、一般的には同じ手法のように思われがちです。

しかし、WEBマーケティングとデジタルマーケティングは、【マーケティングの対象とする範囲】に大きな違いがあります。

今回は、WEBマーケティングとデジタルマーケティングのふたつの違いについて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングとはどのようなものか?

WEBマーケティングは、WEBサイトを中心としてリスティング広告やSEO対策を利活用したマーケティング手法のことです。

もう少し簡単に説明をすると、WEBサイトをメインに構築するマーケティングとも言えて、WEBサイトの世界だけに閉じたマーケティング手法のひとつです。

 

一方、デジタルマーケティングは、WEBマーケティングよりも、もう少し広い概念のことを言います。

WEBサイトだけでなく、ソーシャルメディア、Eメール、スマホアプリなども含んだ、デジタルをメインに多数のデータやツールを幅広く利活用するマーケティング手法のことを言います。

また、デジタルマーケティングは、WEB以外のデータを活用したり、デジタルなものすべてを活用してマーケティングを行います。

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングのマーケティング手法について!

WEBマーケティングは、WEBの技術を通じてサイトへの誘導、集客からコンバージョンまでを最適化する手法になります。

 

【WEBマーケティングの手法とは?】

・リスティング広告、SEO対策、LPO対策、バナー広告

WEBサイトへの流入や集客を増やす。

 

・コンテンツ制作、サイトリニューアル、アクセス解析

WEBサイト内の誘導や回遊を促す。

 

・EFO対策

お問い合わせフォームや予約システム、カートからコンバージョンを増やす。

 

・CRM

ユーザーへのリピートで再訪を促す。

 

・アクセス解析、効果測定

WEBマーケティングの成果、効果の検証をする

 

デジタルマーケティングの手法とは?】

デジタルマーケティングは、WEBマーケティングよりもう少し広い概念のことを言い、あらゆる電子メディアを通じて、商品やサービス、ブランドのプロモーションから購入までを促します。

WEBサイトだけでなく、ソーシャルメディア、アーンメディア、Eメール、スマホアプリなども含んだデジタルをメインに多数のデータやツールを幅広く利活用するマーケティング手法になります。

 

・コーポレートサイト、ECサイト、ブランドサイト、コミュニティサイト

包括的な活用をする。

 

・メルマガ

Eメールマーケティングをする。

 

・Facebook、Twitter、Instagram

ソーシャルメディアを利用する。

 

・価格サイト、比較サイト、まとめサイト

アーンメディアを利用する。

 

・スマホアプリ、タブレット端末

アプリケーションを利用する。

 

・クーポン、ポイントカード、会員カード、チラシ、店頭ポスター、デジタルサイネージ

他のマーケティグ手法との組み合わせで連携する。

 

・上記マーケティングからのデータ収集

データの分析、解析をして活用する。

 

・様々な機器から収集したビッグデータ

分析、解析、精査の上、マーケティングへ反映させる。

 

WEBマーケティングとデジタルマーケティングを最適に行うためには?

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの目標値は、いかにしてユーザーの流入を増やして、導線として誘導、受注、購買、契約へとつなげていくかにあります。

そのため、リスティング広告、SEO対策、アクセス解析、デジタルツール、データなどを利活用し、経過後の監視、分析、解析、効果測定を経てからWEBサイトの改善が必要不可欠となります。

 

【WEBマーケティングを最適に行うための3つのポイント!】

1.コンテンツの充実をして最適化を図る。

 

2.ユーザー目線やユーザーの理解に重点を置く。

 

3.リスティング広告、SEO対策後のアクセス解析を活用する。

 

【デジタルマーケティングを最適に行うための3つのポイント!】

1.従来の手法を問わず、チャネル横断的にユーザー情報を管理して分析をする。

 

2.ユーザーとのやり取りを状況に応じて動的に最適化する。

 

3.ビッグデータから価値を見出して、より良い意思決定をすばやく実行する。

 

おわりに

今回は、WEBマーケティングとデジタルマーケティングのふたつの違いについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

このふたつのマーケティングの違いや特性を正しく理解していただくことで、皆さんの戦略的なマーケティングへの興味が向上したことかと思います。

WEBマーケティングは、デジタルマーケティングのなかの一部に含まれており、自社のWEBサイトを中心に訴求をする手法で、デジタルマーケティングは、自社のWEBサイトを含んだそれ以外の幅広いユーザーに対してプロモーションをする手法と言えます。

今後は、WEBだけですべてが完結するWEBマーケティングだけでなく、ユーザーの購買意欲や購買行動などの変化により、あらゆる観点で構築を行うデジタルマーケティングの必要性が更に高まっていくことになるでしょう。

この記事を参考にしていただいて、WEBマーケティングとデジタルマーケティングを上手く活用して、今後のマーケティング活動に取り組まれて見てはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングの運用で上位表示をさせるための記事の書き方は?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングとネイティブ広告の違いについて!

  2. コンテンツマーケティングの運用で上位表示に必要なキーワードを教えてくれ…

  3. コンテンツマーケティングの運用でも使える、マーケティング戦略4P,4C…

  4. コンテンツマーケティングの運用で相性の良いWEBプロモーションとは?

  5. コンテンツマーケティングの運用にはKPIと同様にKGIの設定が重要!

  6. コンテンツマーケティングを運用する場合に活用したいPDCAとは?