ホームページに携わっている方は、集客やその後の効果まで意識をして運用をしなければなりません。

しかし、日々の努力を怠って、ホームページに間違った認識を持つ方達は、集客効果を発揮できないまま、売り上げや利益向上の妨げになっています。

今回は、多くの企業が課題にしている、ホームページの集客効果が悪い原因について解説をさせていただきます。

 

ホームページの制作を成功するためのポイントとは?

 

ホームページに求めるものと実情は?

ホームページに求めるものを要約すると、売り上げ、利益、ブランディング構築=集客効果の向上と言えるでしょう。

しかし、実際の状況はホームページの運用で上手くいっている企業は少なく、集客効果で達成感を感じている話を聞くことはほとんどありません。

計画当初の時点では、反響が取れる集客効果の高いホームページを目指していたはずなのに、なぜ?このようなことになるのでしょうか。

ホームページの集客が上手くいっていない企業は、携わっている方ご自身が気付いていない何らかの原因が存在しています。

 

ホームページの集客効果を発揮できない原因を解説します。

ホームページは、本来の目的や機能を果たさなければ公開している意味はありません。

ここでは、集客効果の悪い原因について5つの事例から説明をさせていただきます。ご自身が運用しているホームページに照らし合わせてご確認下さい。

 

原因1:ホームページの運用、維持、管理が出来ていない。

ホームページは制作をしたあとに運用、維持、管理を定期に行っていかなければ良好な状態を保つことはできません。

よく見かけるものは、お知らせやニュースが数年前の古いままになって放置しているケースです。このような状態では、ホームページを閲覧したユーザーは不安に感じますし、企業やサービスの信頼度も著しく低下してしまいます。

ホームページは、常に最新の情報を更新して、ユーザーが欲するコンテンツを定期に配信していくことで、Google検索エンジンからの評価も上がって集客効果を発揮します。

 

原因2:ホームページの存在自体をあきらめてしまった。

こちらは運用、維持、管理が出来ていないに近いものがありますが、手間が掛かるホームページの存在自体をあきらめてしまっているケースです。

携わっていた人が退職してしまった、途中までSEO対策をしていたが効果を感じなかった、次に更新する情報のネタが見つからなかった、とにかく通常の業務が忙しくホームページに構っていられない、などの理由であきらめる方が多いようです。

ホームページは、一人で運用するには負担が大きく維持、管理のリスクも伴いますので、それぞれに担当や役割を決めて、複数人で管理をして継続性を持たせることが必要です。

 

原因3:SEO対策やネット広告の予算を確保していない。

ホームページは、ただ端に公開しているだけでは、インターネットからの集客は望めません。

また、一昔前のホームページであれば、競合のWEBサイトも少なく公開しているだけで集客につながる時代もありましたが、現在のネット環境ではそのようなバラ色なことはあり得ません。

専門のSEO業者に依頼をして、ホームページに対して最新のSEO内部施策や外部施策を実施することが必要です。また、リスティング広告やその他のネット広告を組み合わせて、ホームページからの流入増に努めることで集客効果が向上します。

コストを沢山掛ければ良いという話ではありませんが、自社の状況にあった適正な予算を確保することは、ホームページの集客にとって重要な要素です。

 

原因4:ホームページのデザインに強いこだわりを持ち過ぎている。

見た目がカッコいい、デザインがきれいなホームページの存在を否定しません。しかし、サイト運営者が良いと思うデザインが、必ずしも多くのユーザーから支持をされるということでは無いのです。

ホームページのデザインは、個人の好みや主観性が強く出る傾向がありますので、自分の感性に頼りすぎるのは良くありません。

デザインにこだわりを持ち過ぎて、ユーザービリティやSEO対策、アクセス解析を疎かにすることが好ましくないことは、この記事をご覧いただいた機会に知っておくと良いでしょう。

 

原因5:ホームページのアクセス解析が出来ていない。

ホームページは、制作の時点からGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを活用することが必要です。

月間で新規のユーザーはどのくらいいるのか、月間のセッション数はどのくらいあるのか、ページビュー数はどのくらいあるのか、直帰や離脱につながるページはどこにあるのか、など様々な角度からホームページの状況を把握する必要があります。

その後、アクセス解析で見えてきた内容を次に手を打つ施策として、ホームページに反映していくことで集客効果の改善につながっていきます。

 

おわりに

今回は、多くの企業が課題にしているホームページの集客効果が悪い原因について解説をさせていただきましたが、いかがでしょうか。

ホームページは運用、維持、管理の体制構築と集客に掛けるSEO対策やネット広告の予算を確保しながら、アクセス解析まで確実に行うことが重要だとおわかりいただけたと思います。

 

ホームページは、運用に携わる方のこれまでの考え方や認識を変えて、少しの努力と積極的な投資で集客効果を向上することが実現できます。

この記事をご覧になった方は、今後の取り組みの参考にしていただいて、ホームページの運用でお役立てください。

 

ホームページのアクセス数を増やすために必要な内容とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページの表示速度の測定・改善方法を知ってる?

  2. ホームページを開設すればどんなメリットが生まれるのか?

  3. ホームページは自社、専門の業者のどちらで制作をすれば良いのか?

  4. ホームページとランディングページに違いってあるの?

  5. ホームページの制作で必要な写真の収集方法とは?

  6. ホームページのアクセス数を増やすために必要な内容とは?