ホームページ作成やリニューアルを検討している企業の方で、専門の業者に依頼をした方が良いのか、自社で制作をした方が良いのか、多くの方はどちらを選択するかで悩まれるようです。

ホームページは制作会社、自社で制作、どちらを選択しても開設することは可能ですが一長一短に特徴があります。

今回は、それぞれのメリットとデメリットを交えながら紹介をさせていただきます。

 

ホームページの制作でお客様に用意して欲しい素材とは?

 

ホームページ制作会社に依頼をする場合のメリット

労務の負担を軽減できる

WEBサイトやECサイトの制作は、企画立案から構築、本番アップまで、かなりの時間と労務が発生します。

専門の業者に依頼をすれば、提出されたものを承認と確認をするだけで、サイトに関わる労務を大幅に削減することができます。

 

デザインや機能のクオリティが高くなる

ホームページ制作会社は、プロのデザインナーやコーダー、プログラマーが構築作業を進めていきます。

これまでの制作実績やノウハウ、最新の情報も知っているため、デザイン性が高く機能面でも充実したWEBサイトを提供してくれます。

サイトのデザインや機能を重視する場合には、プロの会社に依頼することが最大のメリットと言えるでしょう。

 

安心、万全の保守体制ができる

ホームページ作成をした後は、インターネットに公開してからも何かとメンテナンスが必要になってきます。

また、WEBサイトの運用、維持、管理の他にもSEO対策を含めた様々なスキルが求められますので、すべての業務を信頼できる業者に一任することで、安心、万全の保守体制が確立できます。

 

ホームページ制作会社に依頼をする場合のデメリット

制作費用が高くなる

ホームページ制作会社に依頼する場合の一番のデメリットは、それなりの金額でコストが発生するということです。

サイトの制作費用は、会社によって見積金額も違いますし、WEBサイトの規模やページ数、機能、サービスによっても変わってきます。

また、運用、維持、管理の保守までを依頼する場合には、制作費用とは別のランニングコストも発生しますので注意が必要です。

 

更新が容易にできない

ホームページ制作会社に依頼をする場合には、都度の手間が伴うことと、スピード感を持った更新や修正が出来ないといった側面があります。

早急な更新を求める場合には、業者に依頼すること自体がデメリットになってしまいます。

 

自社でサイト制作をする場合のメリット

制作費用を削減できる

自社で制作をする一番のメリットは、コストがほとんど掛からないということです。

専用のソフトウェアやサービスを上手く活用すれば、初心者の方でも簡単にホームページ作成をすることができます。

 

更新が容易にできる

WEBサイトの更新は、良好な状態を維持するために欠かせない管理業務です。

また、お知らせやニュース、プレスリリースなどの更新作業は、業者に依頼をする場合には都度の手間が発生しますので、自社で簡単に行えることはスピードの面からも大きなメリットです。

 

デザインの自由度が高い

自社で制作を行う場合には、デザインの制限がないためレイアウトの変更やシステムの追加も比較的簡単に行えます。

また、目的やテンプレートの種類が決まっていれば、デザイン性が高くイメージ通りのサイトが実現できます。

 

自社でサイト制作をする場合のデメリット

特定の担当者が退社すると運用できない

WEBサイトの管理を特定の一人に依存している場合には、その人が退社した場合に更新作業が出来なくなってしまいます。

また、後任の人選として、WEBに精通している人材を新たに採用しなければなりませんので、求人や採用に掛かるコストが別に発生します。

 

WEBに対するスキルや技術が必要になる

ホームページ作成をするためには、WEBのスキルや技術が必要になります。

取り扱いが簡単なソフトウェアやツールもありますが、一定以上のWEBの知識が無いとこれらのサービスも使いこなせず、WEBサイトを制作することはできません。

 

急なトラブルの解決が困難になる

WEBサイトは、普通に公開しているだけでも、予想もしていないトラブルに巻き込まれることがあります。

アルゴリズム変動に伴うエラーやセキュリティ障害、CMSのバージョンアップなど、これまで体験したことのないトラブルが発生した場合でも早急な解決と対応が求められます。

 

おわりに

今回は、ホームページは制作会社、自社のどちらで制作をすれば良いのか、それぞれのメリットとデメリットを交えながら紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コストの面だけを見た場合は、自社で制作をした方が良いと言えますが、デザイン性や機能、本番公開後の運用、維持、管理までを考えた場合には、ホームページ制作会社にすべてを依頼した方が良いのではないでしょうか。

 

特に、SEO対策をメインにネット集客を行う場合には、自社で制作した簡易なものではSEOに適していないサイトに仕上がることも多く、大幅なリニューアルが必要になってしまいます。

また、専門の業者へ依頼をすれば、WEBサイト内の導線やユーザビリティも考慮したネット集客に強いサイトとして提供してくれます。

この記事をご覧になった企業の方は、今後の参考にしていただいてホームページの制作やリニューアルにお役立てください。

 

ホームページの制作でオススメのサービスやソフトウェアとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページはスマホ専用サイト、それともレスポンシブWEBデザイン?

  2. ホームページの制作費用に相場はあるの?

  3. ホームページを更新することは、なぜ重要なのか?

  4. ホームページの集客効果が悪い原因とは?

  5. ホームページで活用したいアクセス解析ツールとは?

  6. ホームページの開設後、Googleに対してやるべき施策とは?