ローカルSEOという言葉は、WEBマーケティングやSEO対策に携わっている方であれば、一度は耳にしたことがあると思いますが、通常のSEO対策やMEO対策となにが違うのか?詳しいことはわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、株式会社セレクト・ワンでも運用しているローカルSEOについて、メリットや導入の仕方、表示順位を決める要因まで様々な角度から紹介をさせていただきます。

 

SEOコンサルティングとは、どこまでの内容を対応してくれるのか?

 

ローカルSEOとMEO対策はなにが違うのか?

ローカルSEOとは、「地名+キーワード」で検索をした場合に、Google検索エンジンの検索結果で表示されるマップ枠部分に、対象の店舗情報や企業情報を上位に表示させるためのSEO対策のことを言います。

ローカルSEOは、Map Engine Optimization(地図エンジン最適化)とも呼ばれていて、よく聞くことがあるMEO対策とは全く同じ意味を指しています。

また、アメリカではMEO対策ではなく、ローカルSEOの方が一般的に広く使われている呼称です。

 

ローカルSEO

 

ローカルSEOが通常のSEO対策よりも優れているメリットはあるのか?

ローカルSEOのメリットは、通常の検索結果よりも目立つ部分にマップとして表示されることです。

検索結果で表示された枠内に、企業情報やサービスの情報が掲載されていれば、多くのユーザーからの反響や流入が見込めます。

また、ローカルSEOは、写真(外観、店内)や口コミ情報、住所、電話番号、URL、営業時間などユーザーにとって行動促進や視覚効果が高い表示になっているので、最終的にコンバージョンへつながりやすい傾向があります。

他にも通常のSEO対策とは違って、内部施策を開始してから上位に表示されるまでの期間(待ち時間)が短くて済むことも、ローカルSEOを導入する大きなメリットです。

正確な情報の登録を行うことで、検索結果の順位で上位に表示されるまでの期間(待ち時間)は、数日程度の間隔で済むこともあり、通常のSEO対策よりも簡単に導入することができるサービスです。

 

ローカルSEOを開始して検索結果で上位に表示させるためには?

ローカルSEOを導入することは、やる気さえあればどなたでも簡単に始めることができます。

Google検索エンジンの無料サービス「Googleマイビジネス」に登録をして、最新のビジネス情報(企業情報、サービス情報、写真など)を入力すれば、通常のGoogle検索、Googleマップなどに反映されて表示されます。

また、ローカルSEOは登録して終わりではなく、検索結果の順位で上位に表示させるための重要な項目を知っておくことが必要です。

この項目については、ヘルプ記事としてGoogle検索エンジンが一般公開している内容です。

 

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する Googleマイビジネスヘルプ引用

 

【ローカルSEOの検索結果で上位に表示させるための4項目】

1.詳細なデータを入力する。

実際の住所、電話番号、カテゴリ、業務内容などのビジネス情報を最新の情報に常に保っておくことが重要です。

 

2.ビジネスのオーナー確認をする。

ビジネスのオーナー確認を行うことで、各種Google サービスにビジネス情報が表示される可能性が高まります。

 

3.営業日(祝祭日)や営業時間の情報を正確に保つ。

営業日(祝祭日)や営業時間を最新の情報に保つことで、お客様が安心して営業時間中に店舗を訪問することができます。

 

4.クチコミの管理と返信をする。

ユーザーから有益でポジティブな内容のクチコミが投稿されると、その他ユーザーからの評判や信頼度が上がって、お客様が店舗やオフィスに訪問する可能性が高くなります。

 

ローカルSEOの表示順位にはどんな要因があるのか?

ローカルSEOの表示順位の決定には、Googleマイビジネスの登録情報から評価をされる3つの要因がありますので説明をさせていただきます。

これらの要因についても、ローカルSEOを導入する前には、あらかじめ把握しておくことが必要です。

 

Googleマイビジネス

 

【ローカルSEOの表示順位を決めるための3つの要因】

1.関連性

Googleマイビジネスに登録されている店舗情報や企業情報は、検索したキーワードに対してどのくらいの関連性があるかを見ています。

Googleマイビジネスに店舗や企業の登録がない場合や登録済みの場合でも情報が古かったり、更新がされていなかったりした場合には、Google検索エンジンから関連性が低いと見られます。

 

2.距離

ユーザーが検索している物理的な位置情報から、店舗や企業までの距離も表示順位を決める要因のひとつとなります。

スマートフォンからの検索はもちろんのこと、パソコンからの検索も位置情報は要因になります。

 

3.知名度

一般的にどれだけ知られているかのオンラインだけでなく、オフラインでの知名度も検索結果の表示順位を決める要因の一つです。

また、WEB上のリンク、記事、店舗一覧などのインターネット上の情報やGoogle検索エンジンでのクチコミ数やスコアも表示順位を決める要因になります。

 

また、ローカルSEOでは上記3つ以外の要因として、通常の検索結果の表示順位もプラスの評価のひとつと見られていますので、あらかじめ知っておいた方が良い情報です。

 

おわりに

今回は、株式会社セレクト・ワンでも運用しているローカルSEOについて、メリットや導入の仕方、表示順位を決める要因まで様々な角度から紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ローカルSEOで出来ることは数多くありますが、基本的にはGoogleマイビジネスのヘルプ記事に記載されている内容(Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する)を確認して、管理画面から忠実に反映することをオススメしています。

ローカルSEOで、Googleマイビジネスに登録することは、通常のSEO対策で行う内部施策や外部施策と違って、やる気があればどなたでも今すぐに始めることができる簡単な内容ばかりです。

初めてSEO対策を導入される方やITやインターネットに詳しくない方でも、必要な情報を登録し運用していくことは難しいことではありません。

また、ローカルSEOは、特に店舗など来客型のビジネスを経営されている方で、自社のWEBサイトからの集客を考えている方達には、外すことができないSEO対策と言えるでしょう。

ローカルSEOの登録や導入が未だ済んでいない方は、この記事を参考にしていただいて、自社のSEO対策の一環として始めてみてはいかがでしょうか。

 

ロングテールSEOはアルゴリズムの変化に強いSEO対策なのか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. お客様にとって良いSEO業者とは、どのような会社のことを言うのか?

  2. SEO外部施策のポイント!正しい被リンクと間違った被リンクとは?

  3. SEO対策でキーワードを選定する際やその後のアクセス解析をする場合に必…

  4. SEO対策(コンテンツSEO)とコンテンツマーケティングの関係性や違い…

  5. SEO業者の選定の際におさえておきたいポイントについて!

  6. SEO対策後に効果が遅いケースと早いケースについて!