スマートフォンのSEO対策やモバイルSEOの施策内容については、お客様から質問されることが多い内容です。

2018年3月27日にGoogle検索エンジンがリリースした、モバイルファーストインデックスの導入によって、スマートフォンサイトのSEO対策が強く求められるようになりました。

皆さんは、スマートフォンのSEO対策やモバイルSEOの対策には、どのような施策内容があるのかご存知でしょうか。

今回は、スマートフォンのSEO対策は、なにをどう対策すればいいのか?必要な要素について紹介をさせていただきます。

 

SEO対策後に効果が遅いケースと早いケースについて!

 

SEO対策では必見!スマートフォンやモバイル端末向けの主要なSEO対策を4点ご紹介します。

スマートフォンのSEO対策やモバイルSEOは、なによりもユーザーの利便性を向上させることが求められます。

ここでは、モバイルファーストインデックスの導入によって、これまでよりも重要度が増した施策内容について、主な4点を紹介させていただきます。

 

1.WEBページの表示速度を高速化(軽量化)にする。

スマートフォン対応がすでに済んでいる方は、WEBサイトのページスピードを測定して、表示速度を高速化(軽量化)へ改善しておくことが必要です。

Google検索エンジンが2018年7月9日にリリースした、WEBページの表示速度をモバイル検索の順位に使用する「スピードアップデート」の導入によって、WEBページの表示速度は重要なSEOの内部施策になりました。

 

A.画像の最適化をする。

B.ファイルの軽量化をする。

C.HTTPリクエストの回数を削減する。

D.ブラウザのキャッシュを有効にする。

E.従来のものより、サーバー自体のスペックを上げる。

 

これらの5項目を確認して、それぞれに対し最適化の施策を実施します。その結果として、スマートフォンで閲覧した場合の表示速度を高速化(軽量化)にすることが可能になります。

 

ページ速度チェックツール ぺージスピードインサイト

 

2.レスポンシブWEBデザイン対応にする。

これまで、パソコンサイトのみの表示画面でホームページを運用されている方は、早急にスマートフォン(特にレスポンシブWEBデザイン)対応にする必要があります。

スマートフォン対応にすることで、ユーザーの直帰率や離脱率、WEBサイト内部の滞在時間が改善されて、ユーザビリティの向上が見込めます。

また、これからWEBサイトの制作やリニューアルを検討されている方には、Google検索エンジンが公式で推奨している、レスポンシブWEBデザインを採用して、サイトの構築をすることをオススメしています。

レスポンシブWEBデザインは、同一のURLを使用することでSEOの効果が発揮しやすく、WEBサイト管理者の運用やメンテナンスの面からも最適なサイトの構築方法と言えます。

 

スマホサイトのチェックツール モバイルフレンドリーテスト

 

3.訴求したいコンテンツを強調させて表示させる。

WEBサイトの構築で、レスポンシブWEBデザインを採用していれば、パソコン画面と同様のコンテンツがスマートフォンサイトでも表示されますが、ユーザビリティを考慮した画面表示に変更したり工夫をする必要があります。

スマートフォンサイトは、訴求したいコンテンツを強調させて、テキストや画像の配置をわかりやすく見やすいものに変えて表示します。

また、WEBサイト内にある内部リンクを適切に配置することで、ユーザビリティが改善されます。

これらを施策して、WEBサイトの構造をユーザー向けに最適化することが、スマートフォン向けのSEO対策やモバイルSEOにつながっていきます。

 

4.Googleから評価を得やすいオリジナルコンテンツを提供する。

モバイルファーストインデックスの導入により、Google検索エンジンは、スマートフォンサイトのコンテンツを元にWEBサイトの評価をして、検索結果の表示順位を決定しています。

スマートフォンサイトで主になるコンテンツを省略して表示させることは、Google検索エンジンからの評価を下げて、検索結果の表示順位まで下降させてしまうリスクを伴います。

パソコン画面向けに表示している、良質なコンテンツをスマートフォンサイトにも反映をさせて、Google検索エンジンから評価を得られる、オリジナルコンテンツを提供していく必要があります。

 

おわりに

今回は、スマートフォンのSEO対策は、なにをどう対策すればいいのか?必要な要素について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

株式会社セレクト・ワンでも様々なキーワードの検索結果や過去の表示順位の履歴をモニターしてきましたが、約90パーセント以上の確率で、パソコンとスマートフォンの検索順位が同じということが判明しています。

スマートフォン向けのSEO対策は、モバイルファーストインデックスの導入により、スマホなどモバイル端末が検索結果の基準になりましたが、やるべき施策内容はパソコンの時と同じで、スマートフォン単体でのSEO対策は、ほとんど存在していません。

ユーザーの利便性や操作性を考慮して、基本的なSEO対策を忠実に実施していくことが、現時点で対応できるスマートフォン向けのSEO対策と言えるでしょう。

この記事をご覧になった方は、スマートフォン向けのSEO対策を今後の参考にしていただいて、ユーザーの利便性を向上できるようにお役立てください。

 

ホームページの制作時は、スマホ専用サイトとレスポンシブデザインのどちらを選択すればいいのか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ページ表示速度とSEOへの影響・対策

  2. SEO対策後に効果が遅いケースと早いケースについて!

  3. SEO対策に失敗する会社の原因や傾向とは?

  4. SEO対策の費用相場ってあるの?

  5. 検索意図の背景を読み解くKnow・Do・Buy・Go

  6. 最新のSEO内部施策について(4)