採用に関する課題を抱えている多くの企業は、採用サイトの制作を検討したことがあるのではないでしょうか?

採用サイトは、通年で求人サイトに広告を出している採用コストが高い企業や慢性的な人材不足の会社には必要不可欠なものと言われています。

今回は、採用サイトとはどのようなものか?必要なコンテンツ例を交えて紹介をさせていただきます。

 

コーポレートサイトに必要なコンテンツとは?

 

採用サイトとはどのようなものか?

採用サイトとは、企業が採用活動に注力を入れる場合に、コーポレートサイトやサービスサイト、ECサイト、とは別に作成するホームページのことを言います。

採用サイトのコンテンツは、その他のWEBサイトとは違って【採用を目的】としていますので、すべてのコンテンツが求職者向けに制作されています。

 

コーポレートサイトの中には、採用情報や求人情報というメニューがありますが、その他のサービス情報やコンテンツに埋没して、求職者に向けたメッセージが訴求しにくいといった反面があります。

採用サイトの場合には、自社の求人情報に興味をもっているユーザーにターゲットを絞って、詳細な人事情報まで掲載することができます。

また、求職者から見た場合には、採用サイトがある企業から受ける会社のイメージは良く、求職活動で欲しい情報が集めやすくなるため好感が持たれます。

 

ホームページ制作会社が推奨するコンテンツ 10選

求職者向けの採用サイトは、コーポレートサイトと一部で重複するものがありますが、ほとんどが違ったコンテンツで構成されています。

ここでは、弊社の制作実績の中から推奨する、採用サイトの制作に必要なコンテンツを紹介させていただきます。

 

1.企業理念

まず、はじめに求職者に訴求したいコンテンツとして、企業理念があります。

会社のビジョンや企業の中長期での方向性を明確にすることで、この企業がどういう会社でどの方向性を目指しているのかを示すことができます。

 

2.会社概要

会社概要は、ほとんどのコーポレートサイトにもある内容ですが、重複しても掲載したい必要なコンテンツのひとつです。

売上高の推移や創業時のヒストリー、採用実績校、採用実績人数などの項目は、コーポレートサイトではなく採用サイトの会社概要に掲載することで見栄えが良くなります。

 

3.社長メッセージ

社長メッセージも、企業理念と同様でほとんどのコーポレートサイトにある内容ですが、採用サイトの中で掲載する場合は、あくまでも社長から求職者の方に向けたメッセージになります。

求職者に語り掛けるような内容で、自社のアピールを社長自らが行うことで、企業の雰囲気や社長の人間性が伝わります。

 

4.求める人物像

求める人物像は、企業が大切にしている思いをカタチにしたもので、一緒に働いてくれる仲間に求める内容をコンテンツにします。

企業が本当に採用したい人物像を記載しておくことで、採用のミスマッチの軽減につながっていきます。

 

5.募集要項

募集要項は、求人情報のキモに該当する部分で、募集職種や勤務地、就業時間、給与、福利厚生、教育制度、人事制度など求職者にとって知りたい情報を掲載します。

競合他社には無い、その企業独自の制度があれば、募集要項の項目だけでも差別化が図れます。

 

6.先輩社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージは、求職者にとって入社後の働くイメージが付きやすいコンテンツと言えます。

一日の業務の流れを解説して、自分が携わっている業務内容で紹介することで、どんな仕事をどのようなカタチで進めていくのかがわかります。

また、社内の雰囲気などを率直に紹介することで、企業に対して親近感が湧くことにもつながります。

 

7.よくある質問(FAQ)

よくある質問は、求職者から多い質問とそれに対する回答をまとめたコンテンツです。

応募方法や、採用予定人数、配属先、内定後について、募集要項に記載のない具体的な内容を質問と回答形式で掲載しておくことで求職者の不安が取り除かれます。

また、よくある質問は継続性や更新性の観点からSEO対策で有効なコンテンツとも言われています。

 

8.教育制度

教育制度は、総合職、一般職、技術職などの職種によっても変わってきますが、入社後の教育研修がどのような流れで、どのくらいの期間で実施されるのかを掲載します。

企業は、求職者が入社後に仕事を覚えて、自立するまでのサポート体制を明確に示す必要があります。

 

9.人事制度

人事制度は、入社後の正当な評価基準を示すことで求職者のモチベーションを上げるために効果があります。

企業独自の評価制度や基準があれば、採用サイト上に公開しておくことで競合他社との差別化が図れます。

 

10.福利厚生

福利厚生も、人事制度と同様で企業独自のものがあれば競合他社との差別化が図れます。

社員が働きやすい環境をどれだけ真剣に考えている企業なのか訴求することができますので、求職者にとっては応募の参考にしたい情報のひとつです。

 

おわりに

今回は、採用サイトとはどのようなものか?必要なコンテンツ例を交えて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

採用サイトの制作は、通常のホームページ作成の時とは違って、求職者が本当に欲しがるコンテンツを提供していく必要があります。

 

また、求職者が採用サイトに求めているコンテンツは、一般の求人サイトやコーポレートサイトに掲載していない企業の内部までわかる詳細な人事情報です。

一方、企業にとって採用サイトは、24時間365日を通して優秀な人材を集めることが出来ますので、下記のようなメリットを得ることになります。

 

企業が採用サイトから得られる5つのメリット

1.多くの人事情報を制限なく、自由に掲載することができる。

2.採用のミスマッチを防いで、応募の質を上げることができる。

3.一般の求人サイトとは別に、通年に渡って募集を掛けれる。

4.コーポレートサイトには無い、詳細な求人情報を掲載できる。

5.求人サイトとの組み合わせで、採用コストを削減することができる。

 

この記事をご覧になった方は、企業にとって本当に欲しい人材の確保に向けて、採用サイトの制作を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ホームページの制作を成功するためには?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページを確認するキャッシュのクリア方法とは?

  2. ホームページを開設する際に必要なページ数とは?

  3. これだけはダメ!ホームページの制作でやってはいけない事とは?

  4. ホームページとランディングページの違いとは?

  5. ホームページの種類は目的で変わるのか?

  6. パソコン画面でスマホの表示を確認する方法とは?