ホームページの制作会社は、世の中に数多く存在しますが、業者の選定を間違ってしまうとイメージしたWEBサイトが完成できず、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

インターネット広告やテレマーケティングで、格安ホームページ制作や無料ホームページ制作など、低価格を全面に押し出して強気な営業してくるようなケースでは、お客様ご自身のサービスに対する見極めが必要です。

今回は、ホームページ制作会社の選定の際におさえておきたいポイントについて紹介をさせていただきます。

 

ホームページの制作時によく聞くトラブルとその解決策とは?

 

お客様から見た場合に良いホームページ制作会社とは?

ホームページは、企業にとってメインの顔になりますので、安心感や信頼度、ブランディングなどを考慮した見せ方が重要です。

ホームページ作成においては、すべての部分で高額な費用を掛けて制作する必要はありませんが、最低限のデザインやページ構成、システムや機能、拡張性などを考慮してユーザーに伝えたいこと」を反映していく必要があります。

 

特に、新規のユーザーがWEBサイトを閲覧した場合に、デザイン性が悪く信頼度が低いと感じたケースでは、ホームページ自体の役割や価値を無駄にして、企業のイメージや信用までを損なうことにもつながりかねません。

また、新規ユーザーの場合は、WEBサイトの運用に力を入れて取り組んでいるだけで、企業が持たれる最初のイメージはすごく良いものになりますので、ホームページの存在は販促に欠かせない重要なツールとも言えます。

 

また、企業の顔とも言うべきホームページは、業者の選定を間違ってしまうことで、思い描いたものが公開できず、ホームページの役割も半減して販促ツールとしても効果を発揮できません。

株式会社セレクト・ワンが考える、お客様から見た場合の良いホームページ制作会社とは、お客様の要望を正確に聞いたうえで、将来の拡張性、お問い合わせ、集客、保守管理も含めて、総合的な提案をしてくれる業者のことを指しています。

 

ホームページ制作会社を選定する場合の確認事項

次に、ホームページ制作会社を選定する場合にどのような内容を確認すれば良いのか、業者選定のポイントになる項目を紹介させていただきます。

こちらの項目に、自社のおかれている現状を照らし合わせて確認をしておくことで、依頼すべき業者が見えてくると思います。

 

・ホームページ制作会社から提示された見積の金額は予算の範囲内か?

・こちらが制作したいホームページのイメージやデザイン、システムや機能は共有できているか?

・過去の制作実績のなかで、自社のイメージに近いデザインは存在したか?

・過去の制作実績のなかで多い事例はどのパターンのWEBサイトか?(コーポレートサイト、ECサイト、採用サイト、サービスサイト、ニュースサイト、オウンドメディア)

・ホームページ制作会社の自社のWEBサイトのデザインは、魅力的で充実したものになっているか?

・企業の規模や設立年月日を確認して、サービスを提供している期間(時間)はどのくらいか?

・ホームページ作成以外のSEOなどネット集客に適したサービスを提供しているか?

・納品してくれるコーポレートサイトやECサイトは、CMSなどで構築されていて、自社での更新や編集は可能か?

・テキストや画像、写真の用意はどこまでのものを対応してくれるのか?

・ホームページの更新や編集に対するレクチャーか運用管理マニュアルなどの納品はあるのか?

・ホームページ作成後の保守やサポート体制はどのようなものか?

・ホームページ作成後の各種素材やデータに対する著作権はどちらにあるのか?

・ホームページのドメインやサーバーの所有はどちらのもので、どちらが管理をするのか?

 

こんな業者には気を付けなければなりません

ここでは、実際に株式会社セレクト・ワンのお客様からも聞くことがある、過去にトラブルになったケースや強引な営業をしている業者の例を挙げさせていただきます。

 

1.格安でホームページ作成をします。・・・・・と広告をしている。

2.無料でホームページ作成をします。・・・・・と広告をしている。

3.SEOは、ホームページの制作とは別に無料で対応します。・・・・・と広告をしている。

4.ホームページの保守は、無料で対応します。・・・・・と広告をしている。

5.1ページ5,000円から作成します。・・・・・と低価格を前面に押し出している。

6.5ページ 50,000円から作成します。・・・・・と低価格を前面に押し出している。

7.途中で解約ができない、すべての費用が込みのリース契約をすすめてくる。

 

特に5,6については、一見掛かるホームページの制作費用が安そうに見せかけて、必要のないオ

プションや別のサービスをすすめて、見積や追加費用を別に請求してくるので注意が必要です。

また、7については5ページ構成(SEOは別契約)のホームページ制作費のみで、月額30,000円(税別)×5年リース(60回払い)=1,800,000円(税別)のような、高額な支払いケースも事例として過去に確認できました。

 

おわりに

今回は、ホームページ制作会社の選定の際におさえておきたいポイントについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホームページを作成する場合には、最低でも数社からの提案を聞いたうえで、デザインの例として制作実績も見せてもらい、相見積りを取って業者の比較検討をしてください。

 

また、業者選定の大きな要素として、窓口になる営業やデザイナーとの「人的相性」も決め手のひとつになりますので、これらを含めて総合的に判断をすることも必要です。

この記事をご覧になった方は、今後の参考にしていただいて、納得のできるホームページ制作に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

ホームページを制作する上でやってはいけないNG項目とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページを更新することは、なぜ重要なのか?

  2. ホームページの制作でオススメのサービスやソフトウェアとは?

  3. ホームページを制作する際の進め方とは?

  4. ホームページの集客効果が悪い原因について!

  5. ホームページに設置したいファビコンについて!

  6. ホームページのページ数とSEO対策に関係はあるの?