コンテンツマーケティングとオウンドメディア、この二つの言葉は最近になってWEBマーケティングの際によく聞く言葉だと思いますが、その違いについては解りにくく、うまく説明できない方がほとんどでは無いでしょうか。ここでは私が考えるそれぞれの違いについて、WEBマーケティングの初心者の方向けにご紹介させていただきます。

改めて、コンテンツマーケティングって?

コンテンツマーケティングとは、多様性のあるネットメディアを活用して顧客やユーザーに役立つ有益なコンテンツを既存顧客や見込み顧客に提供し、将来の見込み顧客の獲得や購買意欲の促進で売上向上を目指すマーケティング手法のことを言います。

顧客やユーザーにとっては必要な情報を収集することで、欲しいものをいつでも購入できるメリットがあります。コンテンツマーケティングを利用すれば、売り手と買い手の双方にとって相乗効果が生まれてきます。

※コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法?

改めて、オウンドメディアって?

オウンドメディアとは、英語表記にするとOwn(所有)とMedia(メディア)になります。一般的に企業が運営し、所有しているメディアで自由に構築できるメディアのことを言います。WEBサイト(オフィシャルサイト、コーポレートサイト)、ブログ、Twitter、Facebook、メールマガジンなどネットメディアのことを指すことが多いですが、自社の広報誌やパンフレットなど紙メディアもオウンドメディアとも言えますので、すべてのメディアが含まれると言えるでしょう。

また、オウンドメディアの基本的な目的は【ペルソナにとって、興味がある有益なコンテンツのみを提供すること】で日記のような関連性のないコンテンツの提供を行うものではありません。

※ペルソナ

結局、コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いってなに?

コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いは、そもそも【戦略・手法】【メディア・媒体】の違いにあります。

基本的にコンテンツマーケティングはマーケティング戦略・手法を指し、オウンドメディアはメディア・媒体を指しますので競合をするようなものではありません。オウンドメディアはあくまでコンテンツマーケティングを実施する際の中に含まれるものと言えます。

※メディア

まとめ

いかがでしょうか。コンテンツマーケティングとオウンドメディアのそれぞれの違いについて紹介させていただきました。

コンテンツマーケティング【戦略・手法】オウンドメディア【メディア・媒体】の2つは一体であり、常に良質で有益な情報を提供することで、新規の顧客獲得や見込み顧客の獲得につながっていきます。そのため、コンテンツマーケティングを通じて【継続していくことこそが重要】であり、ユーザーと企業の双方にメリットが生まれてきます。それぞれの特徴を踏まえ理解した上でWEBマーケティングに取り組まれるのが良いのではないでしょうか。

関連記事

  1. WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いは?

  2. コンテンツマーケティングにおけるマーケターとは!

  3. ホームページに追加したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?

  4. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  5. コンテンツマーケティングに適している企業やサービスについて考えてみまし…

  6. コンテンツマーケティングでコンテンツを作る際に気をつけること!