コンテンツマーケティングは、数年の間に日本国内の企業でも浸透して、本格的なオウンドメディアとして運営しているケースも増えましたが、ネイティブ広告ついて皆さんはご存知でしょうか。

コンテンツマーケティングとネイティブ広告は、インターネット上で運用する同じマーケティング戦略であり、どちらもコンテンツを活用しているという点では、同じような見え方をするため、混同することがあるようです。

今回は、コンテンツマーケティングとネイティブ広告のふたつの違いについて、双方のメリットを交えながら紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用で相性の良いWEBプロモーションとは?

 

ネイティブ広告とはどのようなものか?

ネイティブ広告とは、広告掲載を行う際に広告の内容を自然に見せることで、ユーザーにコンテンツの一部として見てもらうことを目的とした広告のことを言います。

従来のバナー広告、テキスト広告などは、コンテンツエリアから外れた箇所に掲載、掲出されることが多く、ユーザーはこのような広告を無視したり、警戒をするようになりました。

それとは違って、ネイティブ広告は、メディアやサービスのコンテンツ内で、通常のコンテンツと同じように内容を掲載することで、ユーザーに見てもらうことを目的としています。

ネイティブ広告には、複数の種類がありますが、ここでは主な4種類をあげて紹介をさせていただきます。

 

主なネイティブ広告の4種類をご紹介します!

1.インフィード型

インフィード型広告は、最も一般的なネイティブ広告のひとつです。

内容は、記事広告やSNS広告がこれに該当して、メディアのコンテンツであるかのように掲載、掲出されるのが特徴です。

インフィード型広告は、一般のユーザーの方がぱっと見た場合には、広告とは気がつかないことが多いです。

 

2.ペイドサーチ型

ペイドサーチ型広告は、皆さんがよくご存知のリスティング広告(検索連動型広告)のことです。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、ユーザーが特定のキーワードで検索をした場合に、検索結果に連動して掲出される広告のことです。

 

3.レコメンドウィジェット型

レコメンドウィジェット型広告のレコメンドは、直訳するとオススメ(推薦)の意味です。

レコメンド欄にあるWEBサイトに、広告配信する記事を掲載、掲出するのがオススメの情報です。

ユーザーの目に留まる可能性は、リスティング広告などと比べて低くなりますが、逆に興味や関心のあるユーザーの目に留まると、購買につながる可能性が高くなります。

 

4.プロモートリスティング型

プロモートリスティング型広告は、Amazonや楽天、ぐるなび、食べログなどのECサイトや飲食店の情報サイトで検索した時に、上位に掲載される広告のことで、上部と下部にスポンサー枠として掲出されます。

 

コンテンツマーケティングとネイティブ広告の違いとは?

ここでは、コンテンツマーケティングとネイティブ広告の違いについても紹介をさせていただきます。

コンテンツマーケティングとネイティブ広告は、同じようにインターネット上で掲載するマーケティング手法ですが、このふたつはまったく異なったマーケティング戦略です。

コンテンツマーケティングは、コンテンツを主体としてユーザーに対して継続的に情報を発信していきます。

ユーザーが、自分のタイミングで見つけたコンテンツを閲覧することで、商品やサービスに対する購買意欲を自発的に促す、といったマーケティング手法になっています。

それに対してネイティブ広告は、インターネット上に掲載する広告手法のひとつで、主にコンテンツの一部分として、自然に広告を掲載、掲出するものになりますので、ふたつには大きな違いがあります。

 

コンテンツマーケティングの運用では必見!コンテンツマーケティングとネイティブ広告のメリットとは?

次に、コンテンツマーケティングとネイティブ広告のそれぞれが持つメリットについても紹介をさせていただきます。

 

【コンテンツマーケティングの5つのメリットについて!】

1.他のWEBマーケティングと比べて比較的導入がしやすい。

2.作成したコンテンツがWEBサイト内に資産として蓄積される。

3.ユーザーが自発的に情報を探すため、他のマーケティングと比べた場合に集客効率が高い。

4.Twitter、Facebook、LINEなどSNSの活用で、飛躍的にマーケティング効果が向上する。

5.特に中長期のマーケティング戦略で効果を発揮する。

 

【ネイティブ広告の5つのメリットについて!】

1.広告を見せられているのではなく、自然な形でコンテンツを見ることができる。

2.ターゲットを絞り込むことができるので、比較的高いコンバージョン率が期待できる。

3.ユーザーのストレスや警戒心を軽減して、興味のあるユーザーに向けてリーチができる。

4.Twitter、Facebook、LINEなどSNSの活用で、潜在ユーザーへアプローチができる。

5.特に短期のマーケティング戦略で効果を発揮する。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングとネイティブ広告のふたつの違いについて、双方のメリットを交えながら紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングは、コンテンツをユーザーの方から見つけもらう手法で、ネイティブ広告は、ごく自然な形で広告を掲載、掲出する手法です。

中長期のマーケティング戦略では、コンテンツマーケティングを運用する方が効果的であり、短期のマーケティング戦略では、ネイティブ広告を運用する方が効率的と言えるでしょう。

コンテンツマーケティングとネイティブ広告のメリットを上手に組み合わせ、双方を連携させることで、短期から中長期までの範囲でカバーができて、見込みユーザー、潜在ユーザー、購買ユーザーの集客において相乗効果を発揮することができます。

この記事をご覧になった方は、ふたつの違いを参考にしていただいて、コンテンツマーケティングとネイティブ広告のメリットを活かしながら、今後のマーケティング活動のなかでお役立てください。

 

コンテンツマーケティングの運用でオススメしたいプラットフォームとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用で上位表示に必要なキーワードを教えてくれ…

  2. コンテンツマーケティングの即効性について!

  3. コンテンツマーケティングの運用には、なぜKPIの設定が必要なのか?

  4. コンテンツマーケティングがなぜ日本で流行してきたのか?

  5. コンテンツマーケティングを運用していく上で重要なポイントとは?

  6. コンテンツマーケティングの運用に必要なコンテンツページとセリングページ…