ECサイトにコンテンツマーケティングを活用するためにはどうすればいいのか、どのようにしてユーザーやアクセス数を増やしてコンバージョンにつなげていけばいいのか、多くのECサイト運営者やWEBマーケティングに携わる方が悩まれている共通の課題ではないでしょうか。

今回は、ECサイトにコンテンツマーケティングを導入する必要性や様々なメリットについて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用に適している企業やサービスについて!

 

ECサイトの運用では知っておきたい!コンテンツマーケティングを導入する必要性について

【一般的にECサイトとはどのようなものか?】

ECサイトとは、Electronic Commerce(エレクトロニック コマース)サイトの略称のことで、電子商取引を意味しています。

もう少し詳しく説明をすると、パソコン、スマートフォン、タブレット端末を使用して商品やサービスの注文を行い、売買契約が成り立っている商取引のことを言います。

また、自社や他社の商品やサービスをインターネット上のWEBサイトを通じて販売することとも言えます。

ECサイトは、リアルな店舗の営業形態とは違って、営業時間や休業日などの設定や概念がありません。商品やサービスを欲するユーザーが、いつどこでも、誰とでも、商取引を行うことが出来る特徴を持っています。

また、ECサイトを運営するためには、自らECサイトを構築して運営する方法か、Yahoo!ショッピング,Amazon,楽天市場など多くの同業者や競合他社も出店している、大手のモール型メディアを活用する方法があります。

ここでは、自社でECサイトを構築して運営している方向けに説明を進めていきたいと思います

 

【自社でECサイトを構築して活用する必要性について】

ここ数年のECサイトは、ただ商品やサービスを普通に掲載しているだけでは、ユーザーに受け入れてもらえず、ものが売れにくい時代になってきました。

ECサイトの運営で、安定した売上と利益の向上を目指していくうえでは、競合他社との差別化を図り、自社の特徴や独自性を打ち出して積極的に情報の発信をしていく必要があります。

これまで通り、Yahoo!ショッピング,Amazon,楽天市場などのモール型メディアを活用することも大切ですが、並行して自社のECサイトを公開して、ユーザーを直接呼び込むことも必要です。

また、昨今の自社で構築したECサイトは、その存在自体をオウンドメディアとして運営しているサイトも多く、従来のECサイトだけの役割をもったものとは変わってきています。

次に、ECサイトにコンテンツマーケティングを導入するメリットについて紹介させていただきます。

 

【自社のECサイトにコンテンツマーケティングを導入するメリットについて】

1.ECサイトの機能の他にオウンドメディアとしての機能も加えられる。

従来のECサイトにオウンドメディアの要素や機能をプラスすることで、これまでリーチすることが出来なかったユーザーを増やすことができる。

 

2.積極的に商品やサービスの情報を発信することができる。

ユーザーが欲する商品やサービスの情報を発信することで、これまで見向きもしなかったユーザーをファンに変えることができる。

 

3.大手のモール型メディアと併せて運用することで、自社のECサイトにもユーザーを呼び込める。

従来のモール型メディアから流入していたユーザーの他に、これまで接触のなかった新しいユーザーを増やす相乗効果が期待できる。

 

4.商品やサービスを端的に掲載するだけでなく、自社の独自性を訴求できる。

自社サイト独自の特徴や強みなど、コンテンツマーケティングによる商品やサービスの訴求によって、ユーザーの囲い込みをすることができる。

 

5.自社ブランドの宣伝効果が図れる。

自社ブランドの宣伝効果による認知の向上によって、商品やサービスに興味を持ったユーザーを増やすことができる。

 

6.オウンドメディアでオリジナルコンテンツを提供できる。

同業者や競合他社とコンテンツの差別化を図ることで、ユーザーを増やすことができる。

 

7.コンテンツマーケティングの効果でSNSなどに波及する。

良質なコンテンツであれば、ユーザー自身がTwitter,Facebook,LINEなどのSNSを使って、情報の拡散をして自然に広めてくれる。

 

おわりに

今回は、ECサイトにコンテンツマーケティングを導入する必要性や様々なメリットについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

今までのECサイトは、Yahoo!ショッピング,Amazon,楽天市場など大手のモール型メディアへ出店することが主な方法でしたが、これからは自社運営のECサイトをオウンドメディア化にすることで、ユーザーを直接誘導することが可能になりました。

そのためには、コンテンツマーケティングの導入が必要であり、自社が運営するECサイトのファンにさせることで、見込みユーザーや顕在ユーザー、購入ユーザーを増やすことにつながります。

コンテンツマーケティングは、BtoB,BtoCのビジネスモデルを問わず、安定した集客が期待できるWEBマーケティングで、ECサイトと組み合わせても親和性が高い手法と言えます。

この記事をご覧になった方は、コンテンツマーケティングの様々なメリットを理解したうえで、自社運営のECサイトに導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングの運用でオススメしたいプラットフォームとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用で相性の良いWEBプロモーションとは?

  2. WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

  3. コンテンツマーケティングの運用で効果を上げるためのポイントとは?

  4. コンテンツマーケティングとコンテンツSEOって同じ意味のこと?

  5. コンテンツマーケティングの運用でも使える、マーケティング戦略4P,4C…

  6. コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いってあるの?